「ウーマンリサーチ」~炊飯器についてのアンケート~女性が選ぶ「高額炊飯器」ランキング 利用率第1位は「象印マホービン」

「ウーマンリサーチ」~炊飯器についてのアンケート~女性が選ぶ「高額炊飯器」ランキング 利用率第1位は「象印マホービン」

女性のための生活情報紙を展開する株式会社サンケイリビング新聞社の、読者が選ぶお勧めの商品やサービスを様々な切り口で調査し、結果をランキングにして発表するWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」。今回のテーマ、炊飯器に関するランキングでは利用率第1位は「象印マホービン」となりました。


今回のテーマは炊飯器に関するランキング

2019年12月に実施した「炊飯器についてのアンケート」において、 「象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き」が利用率第1位、「三菱電機 備長炭 炭炊釜」が利用満足度第1位、 「タイガー魔法瓶 土鍋圧力IH炊飯ジャー 〈炊きたて〉」が次に購入したい炊飯器第1位となりました。

利用率第1位
「象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き」

利用満足度第1位
「三菱電機 備長炭 炭炊釜」

NJ-VXA10トップ|ジャー炊飯器|炭炊釜:三菱電機

https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/suihanki/product/sumitaki/nj-vxa10/index.html

三菱ジャー炊飯器NJ-VXA10シリーズのページです。ダブル備長炭コートとかまど構造で、ふっくら炊き上げるスタイリッシュなモデル。

次回購入意向第1位
「タイガー魔法瓶 土鍋圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉」

食卓に欠かせない「ご飯」、炊飯器の種類も豊富

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所では、全国のWeb会員約428,000人を対象に「炊飯器」についての調査を実施。回答者1302人中、3万円以上の高価な炊飯器を「持っている」人は19%と少数でしたが、「持っていない」人の中で「興味がある」と答えた人は71.8%にのぼり、注目度が高い結果となりました。食べる頻度は「1日2食」が50%、「1日1食」が26.3%、「1日3食」が15.7%と食卓に欠かせない「ご飯」。種類が豊富な炊飯器について、購入時に重視したポイントなど、詳しく聞きました。

女性が選ぶ高額炊飯器ランキング、利用率トップ3は「象印マホービン」「タイガー魔法瓶」「パナソニック」

女性が選ぶ炊飯器、利用率第1位は「象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き」、第2位は「タイガー魔法瓶圧力IH炊飯ジャー 〈炊きたて〉」、第3位は「パナソニック Wおどり炊き」という結果に(表1)。

また、利用満足度第1位は「三菱電機 備長炭 炭炊釜」、第2位は「パナソニック Wおどり炊き」、第3位は「日立 ふっくら御膳」 (表2) 。

次に購入したい炊飯器第1位は「タイガー魔法瓶 土鍋圧力IH炊飯ジャー 〈炊きたて〉」という結果になりました(表3)。

購入理由は「おいしいご飯が食べたい」、購入時に重視したポイントは「炊き方」

購入した理由について聞いたところ、「おいしいご飯が食べたかったから」が73.1%と最も多く、次いで「機能が良かったから」と続きました。
購入時に最も重視したポイントは、圧力や真空など「炊き方」が30.8%と最も多く、次いで「ご飯の味」、「本体価格」という結果に(グラフ1)。「ご飯が美味しく炊き上がるので、以前よりお米を食べる回数が増えました。機能が複雑ではなく使いやすいので、不器用な旦那も使いこなせる。ふっくらもっちりで米本来の旨みや甘みを感じられます」(20代女性)、「本当に美味しく炊けます。高い炊飯器で躊躇したけれど、これにして良かった」(30代女性)、「以前使っていた炊飯器と比べ、ごはんが格段においしく炊ける。炊飯器がいいと、こんなに味が変わるんだ!と驚きました 」(40代女性)など、買い替えによって味や機能の進化に驚く人も多いようです。

購入の決め手は店員のススメ

購入した場所は「家電量販店」が75%という中で、購入の決め手となっているのは「店員のおすすめ」という意見が多く見られました。「店員に、ご飯をよく食べる家庭はおいしいご飯を炊くことにお金をかける価値があると言われ、なるほど!と思った」(30代女性)、「家電量販店員が『自分も同じ炊飯器を使っていて、各社の炊飯器で食べ比べたが、これが一番美味しかった』と言われたのが決め手に」(40代女性)など、‟身近な専門家“のアドバイスが購入の後押しをしてくれるようです。

調査概要

期間:2019.12.18~12.22/サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」各Web会員へのアンケート
調査対象:女性 1302人
調査対象商品:約3万円以上の炊飯器(象印マホービン 炎舞炊き・圧力IH炊飯ジャー極め炊き・STAN./シロカ×長谷園 かまどさん電気/タイガー魔法瓶 土鍋圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉・圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉/東芝 真空圧力IH/バーミキュラ ライスポット/パナソニック Wおどり炊き・おどり炊き/バルミューダ The Gohan/日立 ふっくら御膳/三菱電機 本炭釜KAMADO、本炭釜・備長炭 炭炊釜/リンナイ 直火匠)

回答者プロフィール

エリア:全国
年代:20代7.8%、30代30.6%、40代33.1%、50代以上28.6%/独身26.2%、既婚73.8%
子どもあり61.3%、なし38.7% 
データは小数点2位以下四捨五入

【ウーマンリサーチ♯22】女性が選ぶ「炊飯器」上位機種の人気ランキングは

https://mrs.living.jp/woman_research/article/3723955

食卓に欠かせない「ご飯」、炊飯器の種類や機能、価格も多様化 読者が選ぶお勧めの商品やサービスを様々な...

この記事のライター

関連する投稿


炊飯器に入れて、炊くだけ!いつものお米がより美味しく!DELISTAシリーズ「ふっくら美味しいこめつぶちゃん」発売中!

炊飯器に入れて、炊くだけ!いつものお米がより美味しく!DELISTAシリーズ「ふっくら美味しいこめつぶちゃん」発売中!

株式会社コジットより、炊飯器に入れて炊くだけで、お米の粘りと甘みがUPし、一粒一粒が美味しくなる「ふっくら美味しいこめつぶちゃん」が2019年12月2日(月)より全国発売されました!


国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

今年も新米が出揃って、ご飯が美味しい季節となりました。このタイミングで毎年行われているのが「米・食味分析鑑定コンクール」。お米の味わいを競い合う国内外最大級のお米のコンクールで、21回めを迎える今年は国内外の生産者や農業高校から全部で5137のお米が出品されました。そのトップが決まる決戦の日、熱気あふれる会場へ行ってきました。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第50回は炊飯器とお米の量についてです。


毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

ヒロ・コーポレーションから、あなたの健康を保つ、糖質OFFのご飯がいつものお米で簡単に炊ける。自宅で簡単にできる糖質33%OFF炊飯器のブラックが新たに発売されます!


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。