2019年いちばん「うまい米」はこれだ!お米番付2019最優秀賞が決定!

2019年いちばん「うまい米」はこれだ!お米番付2019最優秀賞が決定!

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛は、日本を代表する料理人や消費者の皆さまと一緒にお米の未来をつくることを目的とし、12月8日(日)東京築地にてお米番付2019最終審査会を開催しました。34道府県150品のエントリーから最優秀賞を含む12名の生産者が表彰されました!


お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛は、日本を代表する料理人や消費者の皆さまと一緒にお米の未来をつくることを目的とし、12月8日(日)東京築地にてお米番付2019最終審査会を開催しました。34道府県150品のエントリーから最優秀賞を含む12名の生産者が表彰されました!

受賞者一覧

<最優秀賞>

滋賀県蒲生郡 夢ごこち 作:若井農園 若井 康徳

<優秀賞>

北海道深川市 ゆめぴりか 作:株式会社有機農園たかしま農場 代表 上島 一也
静岡県御殿場市 コシヒカリ 作:JA御殿場エコ栽培米出荷組合 瀬戸 孝雄
宮崎県えびの市 ヒノヒカリ 作:伊集院 國光

<入賞>

新潟県刈羽郡 新之助 作:株式会社 孫作 代表 水品 栄人
長野県飯山市 コシヒカリ 作:小嶋 秀典
島根県隠岐郡 コシヒカリ 作:佐々木 秀夫
広島県山県郡 コシヒカリ 作:西日本高速道路エンジニアリング中国(株)代表 石橋 彰

<敢闘賞>

秋田県横手市 あきたこまち 作:小野農園 小野 清満
山形県長井市 ひとめぼれ 作:野川清流米生産組合 代表 佐藤 正広 
福井県越前市 にこまる 作:(農)高山農園 代表 高山 弘和
愛知県西尾市 あいちのかおり 作:羽佐田 辰雄

※各賞内の順番は北から都道府県順

お米番付とは

お米番付は「うまい米」とは何かを突き詰め、有名な産地や銘柄ではなく「うまい米」や「生産者の技術」を未来に継承してきたいという想いから7年前に誕生したお米コンテストです。
これまでは、食のプロである特別審査員5名のみで選考し、入賞者を選定。機械を一切使用せず、人が食べて美味しいと感じるお米を正しく評価するという点で、生産者からの信頼も厚く、権威あるコンテストとして運営を進めてきました。

本年は、この取り組みをより多くの方に知ってもらうため、クラウドファンディング(CAMPFIRE‎)にて一般審査員を募集し、消費者の皆様を私と一緒にお米の未来をつくる仲間として迎え入れ、最終審査会を実施しました。

お米番付の審査方法

日本には数々のお米のコンテストが存在していますが、実はほぼすべてのコンテストの一次審査では「食味計」という機械が使用されており、そこで大部分がふるいにかけられます。
人が食べて「うまい米」を評価したいとの想いからお米番付では食味計を用いた機械的な審査をすべて排除し「人が五感で感じる美味しさ」を追求した実食審査を行なっております。

また、全てのお米を平等に審査するために、厳格なルールに基づいて炊飯を行い、ツヤ、白さ、香り、食感、粘り、甘さ、喉越しからなるお米を総合的に評価する基準を設け、それぞれ数値化して審査を行います。特に食味において重要な「ツヤ」「甘さ」「喉越し」の3項目を20点満点、他の項目を10点満点とし、合計100点満点で評価します。

<7つの食味基準>

審査員紹介

フードコラムニスト 門上 武司

関西の食雑誌「あまから手帖」の編集顧問を務めるかたわら、食関係の執筆、編集業務を中心にプロデューサーとして活動。「関西の食ならこの男に聞け」と評判高く、メディアにて発言も多い。「京料理、おあがりやす」(廣済堂出版)等、著書多数。

「祇園さゝ木」店主 佐々木 浩

カウンターで繰り広げられる独特な料理スタイルは日本料理のイメージを覆す独創性で評判を呼ぶ。ミシュランガイド関西2020三つ星。「情熱大陸」等、テレビ出演も多数。

銀座「天ぷら 近藤」店主 近藤 文夫

「天ぷらの本当の味を知ってほしい」との想いから、革新的な料理を提供し、多くの文化人や海外からのゲストを魅了する和食界の巨匠。ミシュラン二つ星を獲得した今も素材の産地には自ら赴き、昼夜を問わず今でもカウンターに立ち続ける。

上記5名に加え、消費者の方々へ向けてさらなる認知拡大を図るため、クラウドファンディング(CAMPFIRE‎)にて一般審査員を募集し、総勢26名にて最終審査会を実施しました。

「鮨よしたけ」店主 吉武 正博

丁寧な仕事から生まれるお鮨は、各界の著名人をも魅了。ミシュランガイド東京で 9年連続三つ星を獲得し、香港に開店した「すし志魂」も香港版にて三つ星を獲得。あらゆるメディアで絶賛を受ける日本を代表する鮨職人。

八代目儀兵衛 橋本隆志

江戸寛政より続く橋本儀兵衛の八代目。先代より受け継がれた技で産地や銘柄ではなく、毎年自ら全国のお米を厳選吟味。「お米ギフト」の開発や祇園・銀座に「米料亭」を展開するなど、様々な観点からお米の価値観を変えていくお米プロデューサー。

期間限定「お米番付2019」の入賞米が京都祇園・東京銀座 米料亭「八代目儀兵衛」で提供

「お米番付2019」上位8種類に選ばれたお米は、株式会社八代目儀兵衛が、「銀シャリの炊き立てご飯」として体験できる場所として、祇園と銀座の米料亭八代目儀兵衛で期間限定にて提供されます。

八代目儀兵衛

http://www.okomeya-ryotei.net

京都祇園、東京銀座にあるテレビ・メディアで話題沸騰の米料亭です。京都の老舗米屋が提供するオリジナル土鍋釜で炊き上げた銀シャリご飯は、ランチは御膳スタイルで提供し、ディナーは日本で唯一のお米のフルコースをご堪能いただけます。


2月7日(金)~ 2月9日(日)滋賀県蒲生郡 夢ごこち 作:若井農園 若井 康徳
3月6日(金)~ 3月8日(日)島根県隠岐郡 コシヒカリ 作:佐々木 秀夫
4月3日(金)~ 4月5日(日)新潟県刈羽郡 新之助 作:株式会社 孫作 代表 水品 栄人
5月8日(金)~ 5月10日(日)北海道深川市 ゆめぴりか 作:株式会社有機農園たかしま農場 代表 上島 一也
6月5日(金)~ 6月7日(日)長野県飯山市 コシヒカリ 作:小嶋 秀典
7月3日(金)~ 7月5日(日)広島県山県郡 コシヒカリ 作:西日本高速道路エンジニアリング中国(株)代表 石橋 彰
7月31日(金)~ 8月2日(日)静岡県御殿場市 コシヒカリ 作:JA御殿場エコ栽培米出荷組合 瀬戸 孝雄
9月4日(金)~9月6日(日)宮崎県えびの市 ヒノヒカリ 作:伊集院 國光

株式会社八代目儀兵衛 会社概要

京都に代々続く老舗米屋“八代目儀兵衛(はちだいめぎへえ)”
お米の「つくる」「食べる」「買う」を見直し、今までのお米の価値観を変えるため、五ツ星お米マイスターによるお米ギフトのインターネット販売や京都祇園八坂前と東京銀座での飲食事業「米料亭 八代目儀兵衛」などを展開する企業。他業種企業ともコラボレーションも多数実施している。(http://hachidaime.com

京の米老舗 八代目儀兵衛│コーポレートサイト

http://hachidaime.com

株式会社八代目儀兵衛の企業情報サイトです。「世界を感動させる、お米のデザインカンパニー」各事業の紹介、会社案内、 お米へのこだわり、採用情報などを掲載しております。

この記事のライター

関連する投稿


普段のごはんもすしめしも料亭の技が自宅で楽しめる。日立IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」を発売

普段のごはんもすしめしも料亭の技が自宅で楽しめる。日立IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」を発売

日立グローバルライフソリューションズ株式会社は、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-W100DMを7月4日から発売します。 本製品は、京の米老舗 八代目儀兵衛の「外硬内軟」のおいしいごはんを実現した、日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」(*1)の継続採用に加え、すしめしでも八代目儀兵衛の技が楽しめる「極上すしめし」コースを新たに採用。 米老舗 八代目儀兵衛は、京都で代々続く老舗米屋で、先代より受け継がれた技によりおいしいごはんを提供する、数多くの食通が認める銘店です。


【お米クイズ】第94回:品種ごとの新米の時期

【お米クイズ】第94回:品種ごとの新米の時期

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第94回は品種ごとの新米の時期についてです。


「京の米老舗 八代目儀兵衛」お米で家族の絆を繋げるコミュニケーションギフト「しおくり米」を発売 京都芸術大学と産学連携

「京の米老舗 八代目儀兵衛」お米で家族の絆を繋げるコミュニケーションギフト「しおくり米」を発売 京都芸術大学と産学連携

コロナ禍の中、離れて暮らす家族同士も会えない日々が続いています。お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋、株式会社八代目儀兵衛は、お米を家族間のコミュニケーションツールにした新商品「しおくり米」をオンラインショップで販売開始しました。また、学校法人瓜生山学園 京都芸術大学と産学連携し、大学生の意見を取り入れて商品開発を行いました。


自宅で過ごす子ども達へ!「ワクワクおにぎりコンテスト」開催、優勝者には5千円相当の欲しいものをプレゼント!

自宅で過ごす子ども達へ!「ワクワクおにぎりコンテスト」開催、優勝者には5千円相当の欲しいものをプレゼント!

外出自粛の日々、毎日どのように過ごすか悩んでいる方は多いと思います。 家にいても子どもたちが楽しくなるイベント「吉椿わくわくおにぎりコンテスト」を開催中です!小さいお子様も保護者の方のフォローで参加可能!優勝者には5千円相当の欲しいものをプレゼントです!!


【お米クイズ】第83回:収穫後の作業

【お米クイズ】第83回:収穫後の作業

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第83回は収穫後の作業についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

下北沢カレーフェスティバルは、今年で9回目を迎える年に1度のカレー祭り。参加店は113店舗で、ミニカレーや限定メニューをご用意。下北沢が初めての方も常連の方も、お気に入りカレーを見つけられるフェスティバルです。 また、今年は感染症対策を徹底。「新しいカレーの生活様式」と題し、全店舗テイクアウト注文可・屋外飲食スペース設置を試みます。下北沢は、お祭りなき2020年の秋にもう一度、祭りの灯をともします。


新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新しいお米ブランド『然然(シカジカ)』の立ち上げを記念して、ポップアップイベントが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」にて開催されます。初日の18時からは、塩おむすびや南魚沼の地酒「八海山」が振る舞われるオープニングパーティーも開催!新潟出身のBeatmaker / ProducerのSam Is Ohmと、同じく新潟出身の町田涼による選曲もお楽しみいただけます。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

株式会社永谷園は、代表商品である「お茶づけ海苔」など「お茶づけ」シリーズを活用した、忙しい朝でもササっと用意でき、子どもの3つのスイッチONをサポートする朝の新習慣「めざまし茶づけ」を提案します! 多くの小中学生が新学期を迎えた時期に合わせ、〜小学生民謡歌手 江端菜沙さんが歌う「めざまし茶づけのうた」〜Webムービー『毎朝!!めざまし劇場』も8月24日(月)より公開しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング