2019年いちばん「うまい米」はこれだ!お米番付2019最優秀賞が決定!

2019年いちばん「うまい米」はこれだ!お米番付2019最優秀賞が決定!

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛は、日本を代表する料理人や消費者の皆さまと一緒にお米の未来をつくることを目的とし、12月8日(日)東京築地にてお米番付2019最終審査会を開催しました。34道府県150品のエントリーから最優秀賞を含む12名の生産者が表彰されました!


お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛は、日本を代表する料理人や消費者の皆さまと一緒にお米の未来をつくることを目的とし、12月8日(日)東京築地にてお米番付2019最終審査会を開催しました。34道府県150品のエントリーから最優秀賞を含む12名の生産者が表彰されました!

受賞者一覧

<最優秀賞>

滋賀県蒲生郡 夢ごこち 作:若井農園 若井 康徳

<優秀賞>

北海道深川市 ゆめぴりか 作:株式会社有機農園たかしま農場 代表 上島 一也
静岡県御殿場市 コシヒカリ 作:JA御殿場エコ栽培米出荷組合 瀬戸 孝雄
宮崎県えびの市 ヒノヒカリ 作:伊集院 國光

<入賞>

新潟県刈羽郡 新之助 作:株式会社 孫作 代表 水品 栄人
長野県飯山市 コシヒカリ 作:小嶋 秀典
島根県隠岐郡 コシヒカリ 作:佐々木 秀夫
広島県山県郡 コシヒカリ 作:西日本高速道路エンジニアリング中国(株)代表 石橋 彰

<敢闘賞>

秋田県横手市 あきたこまち 作:小野農園 小野 清満
山形県長井市 ひとめぼれ 作:野川清流米生産組合 代表 佐藤 正広 
福井県越前市 にこまる 作:(農)高山農園 代表 高山 弘和
愛知県西尾市 あいちのかおり 作:羽佐田 辰雄

※各賞内の順番は北から都道府県順

お米番付とは

お米番付は「うまい米」とは何かを突き詰め、有名な産地や銘柄ではなく「うまい米」や「生産者の技術」を未来に継承してきたいという想いから7年前に誕生したお米コンテストです。
これまでは、食のプロである特別審査員5名のみで選考し、入賞者を選定。機械を一切使用せず、人が食べて美味しいと感じるお米を正しく評価するという点で、生産者からの信頼も厚く、権威あるコンテストとして運営を進めてきました。

本年は、この取り組みをより多くの方に知ってもらうため、クラウドファンディング(CAMPFIRE‎)にて一般審査員を募集し、消費者の皆様を私と一緒にお米の未来をつくる仲間として迎え入れ、最終審査会を実施しました。

お米番付の審査方法

日本には数々のお米のコンテストが存在していますが、実はほぼすべてのコンテストの一次審査では「食味計」という機械が使用されており、そこで大部分がふるいにかけられます。
人が食べて「うまい米」を評価したいとの想いからお米番付では食味計を用いた機械的な審査をすべて排除し「人が五感で感じる美味しさ」を追求した実食審査を行なっております。

また、全てのお米を平等に審査するために、厳格なルールに基づいて炊飯を行い、ツヤ、白さ、香り、食感、粘り、甘さ、喉越しからなるお米を総合的に評価する基準を設け、それぞれ数値化して審査を行います。特に食味において重要な「ツヤ」「甘さ」「喉越し」の3項目を20点満点、他の項目を10点満点とし、合計100点満点で評価します。

<7つの食味基準>

審査員紹介

フードコラムニスト 門上 武司

関西の食雑誌「あまから手帖」の編集顧問を務めるかたわら、食関係の執筆、編集業務を中心にプロデューサーとして活動。「関西の食ならこの男に聞け」と評判高く、メディアにて発言も多い。「京料理、おあがりやす」(廣済堂出版)等、著書多数。

「祇園さゝ木」店主 佐々木 浩

カウンターで繰り広げられる独特な料理スタイルは日本料理のイメージを覆す独創性で評判を呼ぶ。ミシュランガイド関西2020三つ星。「情熱大陸」等、テレビ出演も多数。

銀座「天ぷら 近藤」店主 近藤 文夫

「天ぷらの本当の味を知ってほしい」との想いから、革新的な料理を提供し、多くの文化人や海外からのゲストを魅了する和食界の巨匠。ミシュラン二つ星を獲得した今も素材の産地には自ら赴き、昼夜を問わず今でもカウンターに立ち続ける。

上記5名に加え、消費者の方々へ向けてさらなる認知拡大を図るため、クラウドファンディング(CAMPFIRE‎)にて一般審査員を募集し、総勢26名にて最終審査会を実施しました。

「鮨よしたけ」店主 吉武 正博

丁寧な仕事から生まれるお鮨は、各界の著名人をも魅了。ミシュランガイド東京で 9年連続三つ星を獲得し、香港に開店した「すし志魂」も香港版にて三つ星を獲得。あらゆるメディアで絶賛を受ける日本を代表する鮨職人。

八代目儀兵衛 橋本隆志

江戸寛政より続く橋本儀兵衛の八代目。先代より受け継がれた技で産地や銘柄ではなく、毎年自ら全国のお米を厳選吟味。「お米ギフト」の開発や祇園・銀座に「米料亭」を展開するなど、様々な観点からお米の価値観を変えていくお米プロデューサー。

期間限定「お米番付2019」の入賞米が京都祇園・東京銀座 米料亭「八代目儀兵衛」で提供

「お米番付2019」上位8種類に選ばれたお米は、株式会社八代目儀兵衛が、「銀シャリの炊き立てご飯」として体験できる場所として、祇園と銀座の米料亭八代目儀兵衛で期間限定にて提供されます。

八代目儀兵衛

http://www.okomeya-ryotei.net

京都祇園、東京銀座にあるテレビ・メディアで話題沸騰の米料亭です。京都の老舗米屋が提供するオリジナル土鍋釜で炊き上げた銀シャリご飯は、ランチは御膳スタイルで提供し、ディナーは日本で唯一のお米のフルコースをご堪能いただけます。


2月7日(金)~ 2月9日(日)滋賀県蒲生郡 夢ごこち 作:若井農園 若井 康徳
3月6日(金)~ 3月8日(日)島根県隠岐郡 コシヒカリ 作:佐々木 秀夫
4月3日(金)~ 4月5日(日)新潟県刈羽郡 新之助 作:株式会社 孫作 代表 水品 栄人
5月8日(金)~ 5月10日(日)北海道深川市 ゆめぴりか 作:株式会社有機農園たかしま農場 代表 上島 一也
6月5日(金)~ 6月7日(日)長野県飯山市 コシヒカリ 作:小嶋 秀典
7月3日(金)~ 7月5日(日)広島県山県郡 コシヒカリ 作:西日本高速道路エンジニアリング中国(株)代表 石橋 彰
7月31日(金)~ 8月2日(日)静岡県御殿場市 コシヒカリ 作:JA御殿場エコ栽培米出荷組合 瀬戸 孝雄
9月4日(金)~9月6日(日)宮崎県えびの市 ヒノヒカリ 作:伊集院 國光

株式会社八代目儀兵衛 会社概要

京都に代々続く老舗米屋“八代目儀兵衛(はちだいめぎへえ)”
お米の「つくる」「食べる」「買う」を見直し、今までのお米の価値観を変えるため、五ツ星お米マイスターによるお米ギフトのインターネット販売や京都祇園八坂前と東京銀座での飲食事業「米料亭 八代目儀兵衛」などを展開する企業。他業種企業ともコラボレーションも多数実施している。(http://hachidaime.com

京の米老舗 八代目儀兵衛│コーポレートサイト

http://hachidaime.com

株式会社八代目儀兵衛の企業情報サイトです。「世界を感動させる、お米のデザインカンパニー」各事業の紹介、会社案内、 お米へのこだわり、採用情報などを掲載しております。

この記事のライター

関連する投稿


国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

今年も新米が出揃って、ご飯が美味しい季節となりました。このタイミングで毎年行われているのが「米・食味分析鑑定コンクール」。お米の味わいを競い合う国内外最大級のお米のコンクールで、21回めを迎える今年は国内外の生産者や農業高校から全部で5137のお米が出品されました。そのトップが決まる決戦の日、熱気あふれる会場へ行ってきました。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。