カレー大學設立5周年記念★カレー大學学長の井上岳久がレトルトカレーを1社限定でプロデュース!!

カレー大學設立5周年記念★カレー大學学長の井上岳久がレトルトカレーを1社限定でプロデュース!!

日本で唯一のカレー情報発信機関である株式会社カレー総合研究所、傘下でカレープロフェッショナル育成機関「カレー大學」の設立5周年を記念し、2020年に1社限定でレトルトカレーの開発から販売までトータルプロデュースを特別価格で実施します。12月4日(水)から応募を開始し、審査を経て2020年からプロデュースをスタートします。


数々のカレーでヒット商品を世に送り出す! カレー界のカリスマが業界のさらなる飛躍を目指し立ち上がります!

カレープロフェッショナル育成機関「カレー大學」の設立5周年を記念し、2020年に1社限定でレトルトカレーの開発から販売までトータルプロデュースを特別価格で実施します。12月4日(水)から応募を開始し、審査を経て2020年からプロデュースをスタートします。

今回は、製品設計(市場環境分析、コンセプト、味決め、パッケージデザインなど)→OEM先の選定および決定→マーケティング戦略→市場導入計画→販売→プロモーションまで、レトルトカレー開発をプロデュースします。

背景及び実施理由

レトルトカレー市場は500億円を超え、急成長している注目の市場です。約3000種が存在しますが、多くの商品が売り上げに苦戦し、1年間に500品が売れず、終売に追い込まれていると言われています。
カレー大學ではこの現状を打破し、カレー業界の活性化に微力ながら寄与するため、今回特別価格でのプロデュースを実施します。

実施概要<レトルトカレーのプロデュース>

[内容] カレー界のヒット商品請負人の井上岳久(カレー大學学長)が、直にレトルトカレーのプロデュースを行う

[対象者]こんな企業におススメ
 1)レトルトカレーで新規事業に進出したい

 2)発売したが売れない。ヒット商品にしたい 

 3)まちおこしでご当地レトルトカレーを開発

[期日] 2019年12月4日(水)募集開始

[プロデュース数] 1社

[プロデュース料金] 内容により異なりますので、企画内容や依頼条件により提案させていただきます。

[応募先]  info@currydaigaku.jp

プロフィール

横濱カレーミュージアムをヒットさせた伝説のプロデューサー。カレー研究の第1人者で、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通している。インドや英国、東南アジアに何度も足を運び海外の世界カレーにも深い知識を有する。日本全国のカレー店8,000店舗以上を制覇し、レトルトカレーは約7000種類以上を収集し、カレーを知り尽くしている。レトルトカレーなどの商品開発は大手メーカーを中心に100品以上を企画販売し、いずれもヒット商品に。

開発実績<代表例>

「甘酒カレー」 (河内菌本舗)

九州の焼酎メーカーにも麹を下ろしている種麹メーカーが、米と麹だけを使った商品「麹屋の食べる甘酒」を活用し、自然な甘みに加え、とろみ、コクのカレールーが完成。さらに、カレーの具には、自社農場で麹を混ぜた飼料で育てた「黒麹豚」を使用した「甘酒カレー」。
地元を知りつくした地方新聞社が選ぶ『47CLUB』が「こんなのあるんだ!大賞2018」九州・沖縄ブロック賞受賞!

「野菜を主役にしたカレー」 (JA東京むさし)

JA東京むさし管内で採れた東京産の安全安心な美味しい野菜をたくさん食べて欲しいとの想いから作成したレトルトカレー。2017年12月から新発売したレトルトカレーはJA直売所中心の販売であったにもかかわらず数ヶ月で完売。野菜の収穫時期を待って2018年6月に再販売し、好調に販売。野菜中心のレトルトカレーが売れないという業界の常識を覆すヒット。

「焼肉の〆のキーマカレー」 (マルマン株式会社)

人口1万人当りの焼肉店舗数が日本一の長野県飯田市を盛り上げるため、焼肉文化を取り入れたレトルトカレーを開発。地元のドライブインや精肉店に限定した販路展開で大ヒット。なんと、地元の精肉店に8割以上を配荷するという街と一体化した真のまちおこしを実現している。
焼肉の街らしく「焼肉の〆に、ちょい食べ」、「食べやすいキーマ」というコンセプトで、地元象徴「マトン(羊肉)」で焼肉に合うスパイス、辛みそを隠し味にしたコクとキレのある味に仕上げた。

「IICAチキンコルマカレー」(カレー大學)

日本人向けにアレンジされていない本場のインドカレー。
再現が困難とされていたインドならではのスパイスの調理法、秘伝の技を業務提携しているインド最高峰のインド料理学校IICAの協力を得て再現し、商品化ました。本場の “スパイスの香り高さ”と“スパイスの切れ味”が味わえる。
先行販売した楽天では、『カレーデイリーランキングNo.1』を獲得!

その他

『デリープレミアムレシピ/ビーフマサラ』『デリープレミアムレシピ/チキンマサラ』(ハウス食品)、『横浜フレンチカレー』『湘南黒カレー』『南インドバターチキンカレー』(江崎グリコ)、『究極の萬カレー』(小学館)、『ザ・カレーパン』など7種類(ローソン)、『極みキーマカレーパン』など4種類(サークルKサンクス)、『混ぜカレーうどん』『カレーサラダうどん』(サークルKサンクス)、『革新キーマカレーうどん』(キンレイ)、『カレービーフ』など2種類(山芳製菓)、『カレー風呂』(ユネッサン)、『カレーブック』(井上スパイス工業)、カレーケチャップ『ゴールデンケチャップ』(鳥取カレー研究所)、『鳥取カレーの素』(鳥取カレー研究所)、『スープカレーの素』(ソラチ)、『野菜を食べたくなるカレーうどん』(セントラル製麺)、『下関プレミアムふぐカレー』(ニッシンコーポレーション)、『鳥海山の恵みをいただくカレールウ』(山形県遊佐町)、『ぶち旨!広島カレールウ』(丸徳海苔)、『カレー専用 広島オイスターソース』(丸徳海苔)、『カレー専用 かき氷シロップ』(井上スパイス工業株式会社)、『ガス吉カレー』(新日本ガス)、『ガスの助カレー』(小田原ガス)、『エルちゃんカレー』(エルハウジング)、『黒豚を美味しく食べるカレーの素』(七呂建設)  ・・・など累計100品を超え、カレー以外も多数

詳しくは、こちらをご覧ください!

実績紹介|カレーコンサルティングファームのカレー総合研究所

http://www.currysoken.jp/works/index.html

カレー総合研究所はカレーの第一人者である井上岳久を中心としたカレーコンサルティングファームです

カレー大學とは

カレーを体系的かつ実践的に学ぶことができ、カレーを理解する必要不可欠な知識全般を習得します。単なる知識としてだけでなく、ビジネスや家庭で実用的に実践できる「生きた学問」として学ぶことを目指しています。
カレー界の第一人者である井上岳久が監修したテキストをもとに分かりやすく学べます。日本最高峰のカレー講座です。

カレー大學(カレー大学)

https://currydaigaku.jp/

カレー専門家、カレー伝導師を育成するカレー大學(カレー大学)。カレーの概論、歴史、文化(社会学) 、 商品知識(商品学)、料理法(調理学)、食べ歩き、トリビア、雑学などを学びます。上級コースにカレー大学院、カレー博士コース。

「カレー総合研究所」は、カレーを通した日本全体の食文化、健康食としてカレーの普及による健康面からのアプローチなど、日本総国民が大好物で国民食とまで言われているカレーをさらに盛り上げ、発展させることを目的とします。

この記事のライター

関連する投稿


「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」今年注目のカレーが全国から大集結!!大盛況の授賞式など、詳細レポートをお届けします!

「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」今年注目のカレーが全国から大集結!!大盛況の授賞式など、詳細レポートをお届けします!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、(株)カレー総合研究所は1月22日カレーの日に、毎年恒例の「カレー・オブ・ザ・イヤー」をよみうりカルチャー恵比寿にて発表しました。大盛況の授賞式、受賞リスト&喜びのコメントなど、詳細レポートをお届けします!


nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

手間を惜しまずつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」から、春の新商品として『北海道産かみふらの地養豚のカレー』が2019年2月25日(月)に、また、春季限定品として『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を2019年2月1日(金)に発売されます!


お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、株式会社カレー総合研究所は農林水産省が展開するお米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」の『1月22日カレーの日特集』に情報掲載中です。1月22日のカレーの日はカレーとお米を食べて盛り上げましょう!


今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

下北沢カレーフェスティバルは毎年10月に10日間、カレーの街下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り。飲食店の多い下北沢のカレー専門店はもちろん、さまざまなお店がこの10日間しか食べられない特別カレーを用意して、カレー三昧で過ごそう!という街おこしイベントなのです。下北沢カレーフェスティバル初体験のDaisyが、開催前にすでに思いっきり楽しんだレポートをお届けします♪


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。