木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


500セット限定 木村式自然栽培 奇跡のリンゴ・ナチュラル朝日贈答セット

木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』とは、世界で初めて、肥料も農薬も使わずにリンゴ栽培を成
功させた、「奇跡のリンゴ」の産みの親として知られる木村秋則氏が直接指導、「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」が認める岡山県契約農家が作った、農薬も化学肥料も、そして有機肥料すら使わない「究極の安心・安全」のお米のこと。
この「奇跡のリンゴ」と「ナチュラル朝日」が贈答セットとなり、500セット限定で販売中です。

年末年始のギフトとしてもふさわしいこちらのセット。数量限定ですのでお早めに!

【内容】精米2㎏、リンゴ、文庫本 5,000円(税込)
*送料100円
*デザインは、若干変更する可能性がございますことご了承ください。

「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏

奇跡のリンゴとは、自然栽培農家である木村秋則氏によって農薬・肥料を使わずに栽培された無農薬・無肥料のリンゴです。木村秋則氏は、当初絶対に不可能と言われた農薬・肥料を全く使わない、自然栽培農法を10年以上の年月をかけて開発しました。その自然栽培農法は、業界問わず話題を集め、『奇跡のリンゴ』というタイトルのもと書籍化、映画化もされ人々の心を動かしました。木村氏はいまだに自分自身の手で大切にリンゴを栽培しているため、収穫量は限られています。農薬、肥料を使わずに手間暇をかけて育てられた木村氏のリンゴを「一度食べてみたい」と思っても、インターネットでも販売されておらず、入手困難な希少なリンゴです。

そんな木村秋則氏が新たに手掛けているのが、自然栽培で育てられたお米。『ナチュラル朝日』は、木村氏の「自然栽培で日本の食を変えたい」という思いに共感した農家が木村氏から栽培指導を受け、農薬も、肥料も、そして有機肥料すら使わない「究極の安心・安全」なお米として作られました。

木村氏が自然栽培に適したお米として選んだのが、岡山県で古くから作られている品種『朝日』でした。明治41年、京都の農夫山本新次郎氏が、当時栽培していた品 種『日の出』の中に発見した新種をもとにした品種で、昭和に入ってからは西の『朝 日』、東の『亀の尾』と言われ美味しい米の代名詞となってきました。コシヒカリ、ササニシキの祖先にもあたる同米は、品種改良されていない希少な在来品種です。

朝日米は、法律により岡山県でその地位が保護されています。

他県で生産された朝日米は米穀検査を受けることはできず未検査米となり、朝日米の表示をすることは違法となります。 岡山県内で栽培された朝日米のみ、正式な朝日米と称して流通されています。当社の朝日米は、岡山県内JAの米穀検査を経て、JAS法による表示証明と、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会の認証を同時取得しています。

木村さんのコメント

健康によく、農薬も化学肥料も、そして有機肥料すら使わないため、地球環境にも優しい「木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』」をこの機会にぜひ、ご賞味ください。

有機肥料さえも使わないのが自然栽培

自然栽培はオーガニックと同義と誤解されることが多いのですが、農薬や化学肥料はもちろん、 有機肥料さえも使わないのが自然栽培の特徴です。

地球にも人にも優しい「ナチュラル朝日」

おいしいお米にしようと肥料を与えることは良い事と思われがちですが、多すぎる肥料は稲を栄養過剰状態にし、弱い稲が育ってしまい、かえって農薬が必要となる、といった悪循環を生んでいます。さらに、肥料の70%はガス化して地球温暖化の原因の一つとなっているとも言われています。木村式自然栽培米「ナチュラル朝日」は、地球にも人にも優しいお米です。

商品概要

ナチュラル朝日は、もち米と交配させていないことから、もちもちとした食感とは違い、ふっくらと粘りがあるのが特徴です。 粒が大きく、しっかりとした歯ごたえとお米本来の旨みが感じられます。また、冷めてもおいしいことから、お寿司やお弁当にもぴったり。寿司職人や高級料亭の料理人が指名する一品としても知られています。

500セット限定 奇跡のリンゴ・ナチュラル朝日贈答セット

【内容】ナチュラル朝日 精米2㎏、リンゴ、文庫本
5,000円(税込)*送料100円

ナチュラル朝日 精米2kg贈答用

【内容】ナチュラル朝日 精米2kg
2,980円(税込)*送料100円

ナチュラル朝日 精米5kg贈答用

【内容】ナチュラル朝日 精米5kg
6,700円(税込)*送料100円

*この度、ご用意した「木村秋則氏のリンゴ」は、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会を通じて、500個限定で取り扱いをさせていただくこととなりました。
*デザインは、若干変更する可能性がございますことご了承ください。

販売に関する問い合わせ先 通信販売サイト『WELLBEST(ウェルベスト)』 https://www.wellbest.jp/
フリーコール:0120-430-114(受付時間/9:00~23:00)
木村式自然栽培奇跡のリンゴ・ナチュラル朝日贈答セット https://www.wellbest.jp/goods/gift/kimura/

肥料も農薬も使わない!"奇跡のお米“ 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』 | おこめディア gohan

http://gohan.life/articles/456

農薬も、肥料も一切使わない。だからこそ、安心。それなのにおいしい。 世界で初めて、肥料も農薬も使わずに、リンゴの栽培に成功した木村秋則氏。 「奇跡のリンゴ」の産みの親として知られる木村氏の指導のもとに育てた 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』を是非お召し上がりください。

この記事のライター

関連する投稿


肥料も農薬も使わない!"奇跡のお米“ 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』

肥料も農薬も使わない!"奇跡のお米“ 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』

農薬も、肥料も一切使わない。だからこそ、安心。それなのにおいしい。 世界で初めて、肥料も農薬も使わずに、リンゴの栽培に成功した木村秋則氏。 「奇跡のリンゴ」の産みの親として知られる木村氏の指導のもとに育てた 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』を是非お召し上がりください。


ハレのお米・新之助ギフトボックス「大粒のしあわせ箱」が限定販売!

ハレのお米・新之助ギフトボックス「大粒のしあわせ箱」が限定販売!

プレミアム米「新之助」より、ギフトボックス「新之助・ 大粒のしあわせ箱」が限定販売されます! 大粒が特徴の「新之助」に加え、新之助カラーのオリジナル夫婦茶碗などが入った「ハレの日」の食卓を祝う、おめでたいデザインに仕上がっており、お歳暮や年始などの贈答シーズンにもぴったりなギフトボックスです。各店舗10セットと数量限定ですので、お見逃しなく!!


【七むすび 自由が丘店】奇跡の農園の有機米で作るおむすび

【七むすび 自由が丘店】奇跡の農園の有機米で作るおむすび

銘柄や、産地にこだわったおむすびをいただけるお店は増えていますが、七むすびは、さらにその枠を絞り生産農園を限定したおむすび屋さんです。 群馬県浦部農園産の有機米を使用し、お米のおいしさを味わって欲しいという思いから、塩むすびを提供しているそうです。


ギフトにおすすめ♪米麹を使ったおしゃれスイーツまとめ

ギフトにおすすめ♪米麹を使ったおしゃれスイーツまとめ

米麹を使用したスイーツが最近どんどんおしゃれになっています。アレルギーに配慮しているものも多く、ギフトにも安心なのが理由の一つと言えるでしょう。今回はギフトにちょうどいい米麹スイーツをまとめてみました。


「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

千葉エリア初出店!サザビーリーグが運営する「AKOMEYA TOKYO」が2018年6月28日(木)ペリエ千葉にグランドオープンします。オープンを記念してプレゼントキャンペーンやノベルティプレゼント企画も実施。この機会に応募してみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。