「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロアにて、siroca「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯で好きな具をのせておにぎりをにぎるイベントが11月2日(土)に開催されます。京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」のお米をぜいたくにつかって、炊き立てのご飯のおいしさや、土鍋炊きのふっくらとしたごはんのうまみを感じてみてください!


siroca「とくべつなかまどさん電気」蔦屋家電で先行予約

伝統工芸と融合したかまどさん電気を通して、日本の手工芸品の素晴らしさを、少しでも世の中に広めるお手伝いをしたい。そんな思いから日本各地の職人たちと作りあげた”とくべつなかまどさん電気”は、本体に「けやき工芸 谷口」が無垢の木材から削り出した「くるみ」の木の装飾を施し、土鍋のために米離れのよい栗の木を採用した「大久保ハウス木工舎」のしゃもじや、無垢材を削り出して作られた「我戸幹男商店」の米カップなど、⽇本で古くから愛されている伝統⼯芸品・⼿⼯芸品の素晴らしさを感じられる逸品で、100台限定商品となっています。

この「とくべつなかまどさん電気」は10⽉21⽇(⽉)より二子玉川 蔦屋家電 1階 ⾷フロアで先行展示・予約開始しました。
また蔦屋家電で購入すると、成約特典として京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」の五ツ星お米マイスターがかまどさん電気のためにブレンドした⾼級⽶「団欒」2kgが先着でプレゼントされます。

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

大きな手、ちいさな手、10人がにぎれば10通りのかわいらしい“おにぎり”ができあがります。
片手で持ててお箸いらず、好きな具を忍ばせればそれだけで大満足の、ジャパニーズ・ファストフード。

今回は京都の老舗米屋「八代目儀兵衛」のお米をぜいたくに使い、siroca「とくべつなかまどさん電気」ならではの、土鍋炊きのふっくらご飯でにぎるおにぎりを体験してみてください!

長谷園×siroca とくべつなかまどさん電気

成約特典

⼆⼦⽟川 蔦屋家電 店頭およびオンラインショッピングで「とくべつなかまどさん電気」をご購入いただくと、京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」の五ツ星お米マイスターがかまどさん電気のためにブレンドした高級米「団欒」2kgをプレゼント
※特典はなくなり次第終了となりますので、予めご了承下さいませ。

オンラインのご購入はこちら

イベント概要

日程:2019年11月2日(土)
時間:①12:00~12:45 ②13:30~14:15 ③15:00~15:45
場所:二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロア
参加費:無料
参加条件:どなたでもご参加いただけます。
定員:各回5名
参加方法:店頭またはお電話でお申し込みを承ります。

主催:二子玉川 蔦屋家電 食フロア
協力:シロカ株式会社、 八代目儀兵衛
お問合せ先:03-5491-8550(二子玉川 蔦屋家電 食)

注意事項:イベント当日の様子をスタッフが撮影いたします。
     これらの撮影物(写真・動画等)は、
     二子玉川 蔦屋家電およびシロカ株式会社のホームページやSNS、
     各種印刷物等に使用・掲出することがございます。
     予め、 ご了承ください。

二子玉川 蔦屋家電 | 蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設

https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

二子玉川 蔦屋家電 | 蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設です。

「とくべつなかまどさん電気」商品概要

長谷園×siroca とくべつなかまどさん電気 SR-EX131(100台限定生産)
販売価格 110,000円(税込)

電圧 AC100V
周波数 50/60Hz
消費電力 1300W
炊飯容量 白米/雑穀米:0.18L~0.54L(1.0合~3合)/玄米: 0.18L~0.36L(1.0合~2合)/おかゆ: 0.09L~0.18L(0.5合~1合)
質量(約) 7.6㎏(土鍋含む)
電源コードの長さ(約) 1.8m
外形寸法(約) 幅30cm×奥行30cm×高さ26.1cm(土鍋含む)
セット内容
 本体(けやき工芸 谷口の木)
 土鍋(長谷製陶)
 電源コード
 計量カップ〈米カップ(我戸幹男商店)、水カップ(木村硝子店)〉
 しゃもじ(大久保ハウス木工舎)
 しゃもじ入れ(長谷製陶)
 手ぬぐい二種(戸田屋商店)
 鍋しき(本間数勇商店)
 レシピブック、ブランドブック、取扱説明書(保証書つき)

この記事のライター

最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。