収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


撮影「Takashi Maki」

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「寒露」10月8日~10月22日

秋分から数えて15日め頃。「寒露」とは草木に冷たい露が宿る頃。秋の長雨が終わってすっきりとした秋晴れの日が続き、空気も澄んで朝晩は肌寒く感じるほどに。いよいよ本格的な秋の到来です。

みっちりと穂をつけた稲はきれいに刈り取られ、稲架(はさ)に架けられて天日を浴び、じっくりと美味しいお米に。稲架がある里山の風景は誰が見ても懐かしい日本の原風景。田畑の恵み、自然の営みに思わず感謝の念がわきおこります。
各地で収穫された新米も出回る季節。みずみずしく、ツヤツヤ炊き上がった新米は、この季節だけのお楽しみです。

撮影「Takashi Maki」

撮影「Takashi Maki」

初候は「鴻雁来 (こうがんきたる)10月8日~12日」。南へ帰るツバメと入れ違いに、雁などの冬鳥が来たからやってきます。
次候は「菊花開(きくのはなひらく)10月13日~17日)」。菊の花が咲き誇る頃となります。菊は古くから邪を払い不老長寿をもたらす縁起の良いものとされました。かつてはこの時期に当たる旧暦9月9日を「重陽の節句」とし、宮中では月を愛でる宴が催されたとか。この「重陽の節句」に欠かせないのが「被せ綿」です。これは、前の日の晩から菊の花に綿をかぶせて夜露とともに菊の香りを染み込ませ、朝起きたらその綿で体を拭い不老長寿を願うもの。菊の花を浸した菊酒を味わったり、乾燥させた菊の花びらを詰めた菊枕で眠ったりと雅な風習を真似てみるのも楽しいものです。

撮影「Takashi Maki」

続く末候は「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10月18~22日」。戸口で秋の虫が鳴き始める頃となります。「蟋蟀」はコオロギのこと。コロコロと鈴を転がすような音色に深まりゆく秋を感じます。里にもまもなく霜が降りる頃、山が色づき始めます。

十三夜

旧暦9月13日。今年は10月11日に当たるこの日は「十三夜」と呼ばれ、旧暦8月15日の十五夜と並んで、美しい月を愛でる日とされてきました。別名「後の月」とも呼ばれ、十五夜と十三夜のどちらかが欠けても「片月見」と嫌われたとか。
この頃になると大気の状態が安定し、空は高く澄んで、夜になれば月や星が冴え冴えと輝きます。この日は天気が崩れにくいことから「十三夜に曇りなし」とも言われてきました。十三夜の月は満月よりほんの少し欠けていて、その風情を味わうもの。団子と一緒に栗や豆を備えることから「栗名月」とも呼ばれます。秋草とともに秋の収穫をそなえて方策を喜び感謝する。日本ならではの美しい習わしです。

十三夜のごちそう、栗ごはん

味覚から秋の深まりを感じさせてくれるのが、つやつやと光る栗。甘露煮、渋皮煮もいいかれど、ここは今年の新米とともに栗ごはんで楽しみましょう。
よい栗は、ツヤツヤと濃い茶色で、ふっくら丸みがあって重みを感じるもの。皮に穴が空いていないかもチェックしましょう。買ってきたら水に1晩つけておいて、水に浮いているものと沈んでいるものを選り分け、沈んでいるものだけを使います。
面倒な皮むきもレンジを使えば簡単。大きめの封筒に栗を入れて500wで2分ほど加熱します。1個が弾けてポンと破裂音がしたらレンジから出して皮をむきます。熱いうちにむけば皮も渋皮も一緒に向けて手間いらずです。
ごはんは、炊くときに昆布だしを加えると奥行きのある味わいに。あとは栗をのせて、いつも通りにお米を炊けば、ほっくり甘い栗ごはんの出来上がりです。

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「霜始降」10月23日〜11月6日

立冬に向かって日暮れが一段と早くなり、朝晩の冷え込みが増して、北国や山では初霜が降り始める頃。冬を前に、山は鮮やかな紅葉に彩られます。
初候は「霜始降(しもはじめてふる)10月23日~27日」。霜は空気中の水分が冷やされて氷の結晶となり、地表面や草木についたもの。秋から冬へ移るこの時期は、どうしても体調を崩しがち。空気が乾燥し、口や喉の渇きも気になります。ちょうど収穫の最盛期を迎えるリンゴは、喉の渇きをを潤し乾燥を解消してイキイキした肌をもたらします。消化もよく、滞りがちな気の巡りを促す働きも。古くから「医者いらず」と言われるリンゴを食べて、元気に冬を迎えましょう。

撮影「Takashi Maki」

次候は「霎時施(こさめときどきふる)10月28日~11月1日」。霎とは秋から冬への変わり目にパラパラと降る通り雨で、別名「時雨」とも。初時雨は冬支度の合図。人間だけでなく、動物たちも來たる厳しい季節に備えます。
末候は「楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日~6日」。紅葉や蔦が色づき、「山粧う」という季語の通り、山は錦秋に彩られます。北国では早くも白鳥をはじめとする冬鳥が飛来し、田んぼで稲の切り株から出た二番稲や落ち穂をついばむ姿が見られるように。季節は晩秋からいよいよ冬へと移ります。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。それから長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整され、日本人の暮らしに欠かせない指標となりました。「二十四節気七十二侯」を知ることは、季節を感じ取り心豊かでな暮らしを育むこと。


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


最新の投稿


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構と株式会社イワイは共同で開発した、「NARO Style®おむすび弁当」を9月24日(火)から12月13日(金)までの12週間、おむすび権米衛 農林水産省店において1日10食限定で一般販売します!


御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

株式会社 福光屋より、御即位礼を寿ぎ、新しき御代の常磐の多幸と繁栄を願う祝意奉表の祝酒『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』を10月8日(火)から数量限定発売します。


「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロアにて、siroca「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯で好きな具をのせておにぎりをにぎるイベントが11月2日(土)に開催されます。京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」のお米をぜいたくにつかって、炊き立てのご飯のおいしさや、土鍋炊きのふっくらとしたごはんのうまみを感じてみてください!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。