”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”「MIMA RICE」

”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”「MIMA RICE」

愛媛の酒屋「KOUJIYA」が手がける、四万十川上流の三間町で育った「MIMA RICE(みまライス)」。 綺麗な水、豊かな粘土質の土地愛媛県宇和島市三間町で作られた良品質のおいしいお米です。 「こんなにも美味しいお米なのだから沢山の人たちに届けたい」 その想いから地元の農家さんたちの協力を経てMIMA RICEは誕生しました。 ​ ”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”をコンセプトに見た目にも味にも品質にもこだわり抜いています。


愛媛県宇和島市三間町で作られた 良品質のおいしいお米「MIMA RICE」

愛媛県宇和島市三間町は、古くは「美沼(みぬま)」と言われていたほど愛媛県屈指の美田地帯で日本一美味しいお米の産地です。
この地域の農業水準の高さは日本最古の農学書『親民鑑月集』にも記されており、弥生時代にはすでに稲作が始まっていたとされています。

​380年以上前から作られているため池は108個あり、四万十川最上流である清流の水を堰き止めて水田用としています。ため池の水は、稲の発育に丁度いい水温で管理がしやすい利点があります。細やかに水管理された「みま米」の品質の確かさは、その昔、評判を聞きつけた大阪や京都の米屋が名指しで買い付けに来たというエピソードが残っています。

「MIMA RICE」は、愛媛県宇和島市三間町の地元の農家さんが作った、コシヒカリ100%節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された特別栽培米です。
収穫後の「農産物検査」と呼ばれる検査を受け、等級は1等。
「年産、産地、品種が証明済みの良質のお米」です。​

「こんなにも美味しいお米なのだから沢山の人たちに届けたい」

「KOUJIYA」のご主人は、東京でミュージシャンをしながら銀座の飲食店に15年勤務し、その後実家の稼業(酒屋)を継ぐため、大手アパレル会社のデザイナーだった奥様と2015年に帰郷。

築100年を超え、代々続いてきた店舗を守り発展させるため、古き良きものと新しいものをうまく合わせながら少しずつ自分たちの色を模索してきたそうです。

酒屋という稼業を超え、お米の販売を始めたのは、兼ねてから三間町の特産品であるおいしいお米を全国のたくさんの人たちに届け、美味しいと思ってもらいたい、三間町を知ってもらいたいという強い思いがあったからです。​​

「こんなにも美味しいお米なのだから沢山の人たちに届けたい」
その想いから地元の農家さんたちの協力を経てMIMA RICEは誕生しました。

”今までにないパッケージデザイン”と ”誰かにプレゼントしたくなるお米”

ちょっとしたお返しや、引き出物、何かと一緒にプレゼントするのにもいい5合から、ギフトボックス、しっかり食べたい10キロサイズまで。しかも10キロサイズは今までありそうでなかったかわいい布袋! 食べた後は、リメイクバッグやリメイククッションとしても活用してほしいとの事です。

その他オリジナルのバッグやMIMARICEと合わせて使える枡など、おしゃれなグッズも豊富。
リノベーションされたお店もおしゃれにお酒がディスプレイされていて、一度は訪れたい空間です。

ギフトにぴったりな「MIMA RICE」を大切なあの人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ミマライス | Mimarice

https://www.mima-rice.com/

愛媛県三間町で作られたコシヒカリ一等米をこだわりの米袋に詰めました。大切な誰かに是非お贈り下さい。

三間町こうじや、KOUJIYA,三間町KOUJIYA、WINE、コウジヤ | 愛媛県 | KOUJIYA、ORIGINAL ITEM

https://www.mima-koujiya.com/

KOUJIYA(コウジヤ)は愛媛県 宇和島市 三間町で代々続く酒屋。2018年4月30日、築120年の建物をリノベーション。お酒にまつわるライフスタイルやプレゼントのコーディネイトを致します。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第109回はお米袋の表示についてです。


【お米クイズ】第107回:お米の栄養素

【お米クイズ】第107回:お米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第107回はお米の栄養素についてです。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第102回は炊飯についてよく出る質問についてです。


【AKOMEYA弁当】こだわりの「おにぎり」をもっと気軽にテイクアウト!

【AKOMEYA弁当】こだわりの「おにぎり」をもっと気軽にテイクアウト!

AKOMEYA弁当 丸の内ビルディングは、AKOMEYA TOKYOが日本全国よりセレクトしたお米を、店内にある羽釜で炊き上げる「おにぎり」を中心としたラインナップに生まれ変わりました。おかずと組み合わせてカスタマイズ可能で、テイクアウトにもぴったり。


最新の投稿


【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

NSGグループの新潟デザイン専門学校の学生が、この度 出雲崎町が10月に販売を始める町内産コシヒカリの独自ブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作しました。


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

無添加調理※による加工食品の製造販売を展開する石井食品株式会社は、昨年に引き続き、バスケットボールB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツふなばし」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの2020-21シーズンオフィシャルパートナーとなりました。 新しい生活様式に寄り添って装いも新たに開発した『千葉ジェッツお正月料理』を千葉ジェッツのオフィシャルオンラインショップにて10月1日(木)より予約を開始します。(※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

今年もやってきた新米の季節!10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」が開催します。「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第109回はお米袋の表示についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング