ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

薬膳の視点から、春の不調やイライラを鎮めるごはんのレシピについてお話しします。薬膳における春とは、立春(2月4日)~立夏(5月6日)までの3ヶ月。冬からの陰気が弱まり、陽気がだんだん強くなる時期とされています。


桜の開花も目前、お花見を心待ちにしていらっしゃる方も多いと思いますが、昔から「春はどうも苦手」と感じる方も意外と多いのではないでしょうか。私も、花粉症ではないのに、なんとなくふわふわそわそわした春が苦手な時期がありました。最近、薬膳料理を習い始め、自然と人体の関りを見つめなおすようになり、食事で心身の健康を取り戻す術を知りました。今回は、そんな薬膳の視点から、春の不調の理由、イライラを鎮めるごはんのレシピを紹介します。

春が運ぶメンタルの不調のお話

春はなぜ心が不安定になりイライラするのでしょうか。
薬膳では自然界の季節変化と同じように人体も変化すると考えます。
春は自然界のすべてがのびやかに成長する時期なので、人間の身体も心ものびやかに過ごすことが大切とされます。社会生活を営む人間にとって、春は様々な暮らしの変わり目でもあります。環境の変化が激しいこの時期。慣れない環境で頑張っている間に、精神バランスが不安定になり、抑うつ・無気力・疲労感・焦り・不眠といった症状に悩まされやすい。言いかえれば、春は自律神経のバランスが崩れやすい。つまりストレスを受けやすい季節でもあります。

中医学では、ストレス等を原因とした精神活動にかかる疾患は「肝」の症状と考えます

肝の働きの主なものは、血液の調整、新陳代謝、精神や感情をコントロールすることで、とても大切な役割を担っています。肝気は上昇しやすいので上手に発散させないと身体の上部(特に首から上)のトラブル(いらいら・些細なことで腹が立つ・やる気がでない・落ち込む等の精神活動が不安定)になりやすいのです。
肝の不調は胃腸の働きにも影響します。体に必要なエネルギーが不足しがちになり、十分な血液が全身にいきわりにくくなるため、神経がピリピリする・身体がだるい・眠れない等の症状が出てくるのです。

春の体調に影響する冬の過ごし方

春に体調がすぐれないという皆さんは、この冬はどんな風にお過ごしでしたか。
寒く厳しい冬の間、心身を労わらず不養生にしていると(疲れを溜める、運動不足、偏った食事など)、気候が暖かくなるにつれ活発になる肝の働きに見合う力が体の中に十分に蓄えられないため、春になり上昇する肝の気を抑えきれず、肝気が上昇し過ぎて不調をもたらすと言われています。
イライラや憂鬱感も、肝の動きに身体がついていかないから起こるということですね。

春のイライラを鎮める薬膳ちらしレシピ

菜の花と蕎麦米のちらし寿司

このレシピには、肝気を鎮める働きのある菜の花、気持ちをリラックスさせる働きのある蕎麦米(実)や陳皮、気持ちを穏やかにさせる働きのある卵や五味子、体をいたわる働きのある松の実、イカを用います。とても美味しいのでぜひ作ってみてください。
薬膳のお話とレシピは、国際薬膳士の渋谷久恵先生にご協力いただきました。

菜の花と蕎麦米のちらし寿司(5人分)

ポイント

五味子(ゴミシ)という生薬の実を漬け込んだ酢を使い、具材を炊きこんだ寿司。
炊きこむことで酢が柔らかくなり、春に適した酸味となります。

材料

  • 米・・・・・1.5カップ
  • 蕎麦米・・・0.5カップ
  • 酒・・・・・ 大2
  • 水・・・・・ 2カップ

【A】薬膳の酢

  • 五味子(ゴミシ)酢・・・80ml(200ccの酢に五味子大1の濃度)
  • 砂糖・・・・ 大2
  • 塩・・・・・ 小1

【B】合わせ酢の具材

  • 干椎茸・・・・2枚
  • 黒キクラゲ・・2枚
  • 人参・・・・・80g
  • 昆布出汁・・・350ml

【C】ちらし寿司の具材

  • イカ・・・・・75g(生食用)
  • 松の実・・・・10g
  • 菜の花・・・・150g
  • カニの身・・・50g
  • 【C-1】錦糸卵
    • 鶏卵・・・・・3個
    • 砂糖・・・・・ 小1
    • 酒・・・・・・ 小2
    • 片栗粉・・・・小1/2
  • 陳皮(乾燥したみかんの皮)・・ 10g

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い、ザルにあげておく。蕎麦米はさっと洗っておく。
  2. 【B】を使って合わせ酢を作る。干し椎茸、黒キクラゲは水に戻して千切りにする。人参は人数分の薄切りを花形で抜き、残りを細かく切る。これらを一緒に全部合せて【A】で茹でる。花形人参だけ形が崩れる前に取り出し、あとは煮汁がなくなるまで煮詰める。
  3. 炊飯器に[1][2](花形人参以外)を入れて炊く。
  4. 陳皮を水で戻す。
  5. カニの身をほぐす。イカはさっと霜降りし、そぎ切りにする。松の実は炒っておく。
  6. 菜の花は色よく茹で、葉先を残して茎の部分を5ミリ幅に切り、塩と酒少々で下味をつけておく。
  7. 【C-1】で錦糸卵を作る。やわらかくなった陳皮を千切りする。
  8. [3]を飯台にあけ、[6]の茎を混ぜ、器に盛り、[5]、錦糸卵、葉の花の葉先、花形人参、陳皮を彩りよく飾る。

薬膳は、自然と一体でとても興味深く、楽しいです。珍しい食材や生薬を知ることは新しいワクワクの連続です。 皆さんもぜひ、おためしください。

この記事のライター

関連する投稿


【国産素材を使ったちらし寿司の素】無添加調理で子どもも安心!お手頃価格で期間限定発売

【国産素材を使ったちらし寿司の素】無添加調理で子どもも安心!お手頃価格で期間限定発売

酸味が苦手な方や子どもたちに朗報です。りんご酢を使ったちらし寿司の素が、3月上旬まで期間限定発売中です!すべて国産の具材を使用し、製造過程で添加物を使わない「無添加調理」で安心安全。ひな祭りやホームパーティーを楽しく盛り上げる美味しいちらし寿司の素に注目です。


釜めしの素シリーズに新アイテム登場!『豚めしの素』1月31日新発売

釜めしの素シリーズに新アイテム登場!『豚めしの素』1月31日新発売

丸美屋食品より、釜めし・炊込み市場NO.1の釜めしの素シリーズから新アイテムとして、「豚めしの素」が2019年1月31日(木)より新発売です!。また、「鶏めしの素」のパッケージも刷新し、2019年2月からリニューアル発売します!


毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

ヒロ・コーポレーションから、あなたの健康を保つ、糖質OFFのご飯がいつものお米で簡単に炊ける。自宅で簡単にできる糖質33%OFF炊飯器のブラックが新たに発売されます!


お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、株式会社カレー総合研究所は農林水産省が展開するお米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」の『1月22日カレーの日特集』に情報掲載中です。1月22日のカレーの日はカレーとお米を食べて盛り上げましょう!


【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第37回は炊飯で使用する水についてです。


最新の投稿


米粉専家シリーズ「タイ風焼きそばパッタイ」新発売。お手軽におしゃれメニューが完成!

米粉専家シリーズ「タイ風焼きそばパッタイ」新発売。お手軽におしゃれメニューが完成!

「ケンミンの焼ビーフン」でおなじみのケンミン食品より、フライパンひとつでおうちの食卓がアジアのお洒落なお店に!米粉専家シリーズ「タイ風焼きそばパッタイ」が2019年3月1日より新発売です!


『養命酒製造 甘酒』が肌が乾燥しがちな方におすすめの機能性表示食品に!

『養命酒製造 甘酒』が肌が乾燥しがちな方におすすめの機能性表示食品に!

甘酒に機能性表示食品が登場!『養命酒製造 甘酒』が「肌が乾燥しがちな方に」おすすめの機能性表示食品になりました。 「養命酒製造 甘酒」が機能性表示食品として受理され、2019年3月4日(月)から全国にてリニューアルし、発売されます。


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

おいしいお出汁(だし)をマスターしたら、毎日のおみそ汁とごはんがご馳走に。今回はおみそ汁の基本となる、いりこ出汁の超かんたんレシピや、かつお、昆布、しいたけなど、それぞれのお出汁の特徴をご紹介します。お出汁は冷凍保存も可能なので、1回分ずつ分けて冷凍すれば忙しい朝も手間いらずですよ。


Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

”What I Eat Everyday In Japan." I love natto and kimchi. Yes, they are both smelly, fermented foods, which is supposed to be good for you in many ways, for your beauty, for cleansing your blood vessels.....