ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

薬膳の視点から、春の不調やイライラを鎮めるごはんのレシピについてお話しします。薬膳における春とは、立春(2月4日)~立夏(5月6日)までの3ヶ月。冬からの陰気が弱まり、陽気がだんだん強くなる時期とされています。


桜の開花も目前、お花見を心待ちにしていらっしゃる方も多いと思いますが、昔から「春はどうも苦手」と感じる方も意外と多いのではないでしょうか。私も、花粉症ではないのに、なんとなくふわふわそわそわした春が苦手な時期がありました。最近、薬膳料理を習い始め、自然と人体の関りを見つめなおすようになり、食事で心身の健康を取り戻す術を知りました。今回は、そんな薬膳の視点から、春の不調の理由、イライラを鎮めるごはんのレシピを紹介します。

春が運ぶメンタルの不調のお話

春はなぜ心が不安定になりイライラするのでしょうか。
薬膳では自然界の季節変化と同じように人体も変化すると考えます。
春は自然界のすべてがのびやかに成長する時期なので、人間の身体も心ものびやかに過ごすことが大切とされます。社会生活を営む人間にとって、春は様々な暮らしの変わり目でもあります。環境の変化が激しいこの時期。慣れない環境で頑張っている間に、精神バランスが不安定になり、抑うつ・無気力・疲労感・焦り・不眠といった症状に悩まされやすい。言いかえれば、春は自律神経のバランスが崩れやすい。つまりストレスを受けやすい季節でもあります。

中医学では、ストレス等を原因とした精神活動にかかる疾患は「肝」の症状と考えます

肝の働きの主なものは、血液の調整、新陳代謝、精神や感情をコントロールすることで、とても大切な役割を担っています。肝気は上昇しやすいので上手に発散させないと身体の上部(特に首から上)のトラブル(いらいら・些細なことで腹が立つ・やる気がでない・落ち込む等の精神活動が不安定)になりやすいのです。
肝の不調は胃腸の働きにも影響します。体に必要なエネルギーが不足しがちになり、十分な血液が全身にいきわりにくくなるため、神経がピリピリする・身体がだるい・眠れない等の症状が出てくるのです。

春の体調に影響する冬の過ごし方

春に体調がすぐれないという皆さんは、この冬はどんな風にお過ごしでしたか。
寒く厳しい冬の間、心身を労わらず不養生にしていると(疲れを溜める、運動不足、偏った食事など)、気候が暖かくなるにつれ活発になる肝の働きに見合う力が体の中に十分に蓄えられないため、春になり上昇する肝の気を抑えきれず、肝気が上昇し過ぎて不調をもたらすと言われています。
イライラや憂鬱感も、肝の動きに身体がついていかないから起こるということですね。

春のイライラを鎮める薬膳ちらしレシピ

菜の花と蕎麦米のちらし寿司

このレシピには、肝気を鎮める働きのある菜の花、気持ちをリラックスさせる働きのある蕎麦米(実)や陳皮、気持ちを穏やかにさせる働きのある卵や五味子、体をいたわる働きのある松の実、イカを用います。とても美味しいのでぜひ作ってみてください。
薬膳のお話とレシピは、国際薬膳士の渋谷久恵先生にご協力いただきました。

菜の花と蕎麦米のちらし寿司(5人分)

ポイント

五味子(ゴミシ)という生薬の実を漬け込んだ酢を使い、具材を炊きこんだ寿司。
炊きこむことで酢が柔らかくなり、春に適した酸味となります。

材料

  • 米・・・・・1.5カップ
  • 蕎麦米・・・0.5カップ
  • 酒・・・・・ 大2
  • 水・・・・・ 2カップ

【A】薬膳の酢

  • 五味子(ゴミシ)酢・・・80ml(200ccの酢に五味子大1の濃度)
  • 砂糖・・・・ 大2
  • 塩・・・・・ 小1

【B】合わせ酢の具材

  • 干椎茸・・・・2枚
  • 黒キクラゲ・・2枚
  • 人参・・・・・80g
  • 昆布出汁・・・350ml

【C】ちらし寿司の具材

  • イカ・・・・・75g(生食用)
  • 松の実・・・・10g
  • 菜の花・・・・150g
  • カニの身・・・50g
  • 【C-1】錦糸卵
    • 鶏卵・・・・・3個
    • 砂糖・・・・・ 小1
    • 酒・・・・・・ 小2
    • 片栗粉・・・・小1/2
  • 陳皮(乾燥したみかんの皮)・・ 10g

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い、ザルにあげておく。蕎麦米はさっと洗っておく。
  2. 【B】を使って合わせ酢を作る。干し椎茸、黒キクラゲは水に戻して千切りにする。人参は人数分の薄切りを花形で抜き、残りを細かく切る。これらを一緒に全部合せて【A】で茹でる。花形人参だけ形が崩れる前に取り出し、あとは煮汁がなくなるまで煮詰める。
  3. 炊飯器に[1][2](花形人参以外)を入れて炊く。
  4. 陳皮を水で戻す。
  5. カニの身をほぐす。イカはさっと霜降りし、そぎ切りにする。松の実は炒っておく。
  6. 菜の花は色よく茹で、葉先を残して茎の部分を5ミリ幅に切り、塩と酒少々で下味をつけておく。
  7. 【C-1】で錦糸卵を作る。やわらかくなった陳皮を千切りする。
  8. [3]を飯台にあけ、[6]の茎を混ぜ、器に盛り、[5]、錦糸卵、葉の花の葉先、花形人参、陳皮を彩りよく飾る。

薬膳は、自然と一体でとても興味深く、楽しいです。珍しい食材や生薬を知ることは新しいワクワクの連続です。 皆さんもぜひ、おためしください。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

土鍋やかまどで炊いた炊き立てごはんは、ふっくらつやつやで格別の美味しさ。今回は全国の土鍋/かまどごはんのランチが楽しめるお店をご紹介します。お昼休みや旅先で、女子1人でも楽しめるお店を集めました♪


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング