おにぎりを食べて、アフリカ・アジアの子どもたちに給食を贈ろう!「おにぎりアクション2019」開催!

おにぎりを食べて、アフリカ・アジアの子どもたちに給食を贈ろう!「おにぎりアクション2019」開催!

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、「おにぎりアクション2019」を実施します。その特設サイトを開設しました。開催5年目となる今年は、日産セレナが昨年に引き続きトップスポンサーを務め、ベネッセコーポレーション、Mizkanが新規に協賛企業として参画するなど、アクション賛同の輪が広がっています。


「おにぎりアクション2019」今年も開催!

10月16日「世界食料デー」に先立ち、10月7日(月)~11月20日(水)の期間中「おにぎりアクション2019」が今年も実施されます。本アクションは、おにぎりにまつわる写真(注1)に#OnigiriActionを付けてSNS(注2)または特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TABLE FOR TWOを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食(100円)が届く取り組みです。

(注1)「おにぎりアクション2019」のおにぎり写真について
「おにぎりの写真」「おにぎりを握っている写真」「おにぎりを食べている写真」など、おにぎりに関連する写真であれば、制限を設けません。
(注2)対象となるSNSはFacebook, Instagram, Twitter, FiNCです。

おにぎりアクション2019 - TABLE FOR TWO 世界食料デー・ソーシャルアクション

https://onigiri-action.com/

おにぎりアクション2019 世界食料デー・ソーシャルアクション あなたがおにぎりを食べると、アフリカ・アジアの子どもたちにも温かい給食が届く。2019.10.7(月)スタート! つくろう。食べよう。

おにぎりの写真を撮って投稿するだけ!

「おにぎりアクション2019」は、写真を撮って投稿するだけというシンプルなアクションです。無料で投稿でき、期間中であれば何度でも投稿をすることが可能です。

今年のテーマは “いただきます!しよう” です。「いただきます」という、食を大事にする日本人が古くから持ち続けてきた言葉をテーマに掲げ、食の大切さや、世界で起こる食料問題について学ぶきっかけとします。

昨年♯OnigiriActionをつけてSNS上に投稿された写真

投稿写真が20万枚を達成した際のグローバルマップ 

このアクションは2015年より毎年1か月半開催し、2018年までにのべ148万人が参加しました。累計で約50万枚のおにぎり写真が集まり、300万食の給食がアフリカ・アジアの子どもたちに届けられました。

日本のソウルフードである「おにぎり」をシンボルとして世界を変える取り組みは、世界50ヵ国にも広がっており、今年も日本を中心に海外でも実施します。総合スーパーの店頭、TFT参画企業の社員食堂や、大学の食堂、高校、自宅、イベント会場などさまざまなところで、世界中の人たちがおにぎりアクションに参加します。

各SNSキャンペーンページ

アクション開始に先駆けて、各SNS上にキャンペーンページが開設。さまざまな人達のおにぎり写真や動画、そして本アクションに関連するイベント情報などを発信し、キャンペーンを盛り上げていきます。

Facebook(TFT公式): https://www.facebook.com/tft.jp/
Facebook(おにぎりアクション公式): https://www.facebook.com/onigiri1016
Instagram:https://www.instagram.com/tablefor2_official
Twitter:https://twitter.com/tftjp

本アクションに賛同してくださる協賛企業の輪も広がっています。昨年から引き続きトップスポンサーを務める日産セレナをはじめ、新しく協賛に加わった株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社Mizkanなど、協賛企業とより連携を深めて「おにぎりアクション2019」も盛り上げていきます。

協賛企業一覧

NPO 法人 TABLE FOR TWO Internationalについて

2007 年 10 月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗で TFT ヘルシーメニューを購入すると、代金の内20 円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1 食分をプレゼントできます。これまで企業や官公庁、大学、病院など約 710 団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、12年間で累計約7,000万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、アジアのミャンマー、フィリピンに届けました。

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を! | おこめディア gohan

http://gohan.life/articles/266

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を | おこめディア gohan

http://gohan.life/articles/292

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。

この記事のライター

関連する投稿


自分だけの「マイブランドおにぎり」を作ろう!ごはん屋便 ノベルティおにぎりサービス「マイブランドおにぎり」

自分だけの「マイブランドおにぎり」を作ろう!ごはん屋便 ノベルティおにぎりサービス「マイブランドおにぎり」

炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、「ごはん屋便」で提供するおにぎりラベルをカスタマイズするサービスの提供を開始します。おにぎりラベルを小ロット単位で提供できるサービスは業界初の試みです。マイブランドおにぎりは、企業の販促から、ご家族のお祝いの品、町内会やチームノベルティまで幅広く、活用いただけます!


【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

渋谷駅から少し離れた静かな場所にあるCHAKAS渋谷本店。都内ではここでしか味わえない、ぬくもりのある日替わりの手作りおにぎりとそれに合わせたこだわり抜かれた日本茶を堪能することができるカフェです。 ちょっと一息つきたい時、小腹が減った時、一人でも訪れやすいCHAKAS(チャカス)渋谷本店は、都会で頑張る忙しい人たちに知っておいて欲しいおすすめのお店。どんなお茶とおにぎりが楽しめるのか、ご紹介します。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


最新の投稿


木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

関東最古の不動霊場であり、日本三大不動にも数えられる瀧泉寺・通称目黒不動尊。お参り前と後では心持ちが全く変わる、とても「強い」場です。今回はいただいたパワーをさらに高めるべく、揚げたての揚げ餅を食べることができる御門屋へ。お米のパワーもしみじみ感じる縁起散歩ができました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

冬の具だくさんおみそ汁というと、豚汁が思い浮かぶ方も多いでしょうが、鮭と野菜の「石狩汁」もおすすめです。鮭の切り身で作る鍋物「石狩汁」を一椀仕立てにしたもので、気軽に美味しく作れます。体が温まり野菜の栄養で体調も整えてくれる、バランスの良い一品ですので、ぜひ鮭の美味しい秋冬に召し上がってください。


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。