【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。


「ごちそう!おみそ汁レシピ」第19回は、コクのある鶏肉と香りのよいごぼうのコンビネーション。日本料理では煮物の定番の組み合わせですが、おみそ汁にしても非常によく合います。繊維たっぷりのごぼうで、お腹もすっきり。ぜひ、新米ごはんとともに秋の旬野菜をお楽しみください。

ビタミン豊富、ヘルシーな鶏肉

鶏肉のたんぱく質はアミノ酸バランスにすぐれた優秀食材。皮以外の部分は脂肪が少なく、消化吸収が良いため子どもやお年寄りも安心して食べられます。また、皮の脂肪にも動脈硬化をふせぐリノール酸など、不飽和脂肪酸が多く含まれるため、ヘルシーな動物性脂質と言えます。

また、ビタミン類も豊富で、粘膜を保護するビタミンA(レチノール)、新陳代謝を促すビタミンB群、若々しい体を保つビタミンEのほか、脂肪肝の予防にはたらくメチオニンも含まれています。

ごぼうの食物繊維でお腹すっきり

外国から来た人が「木を食べている」と驚くこともある「ごぼう」。旬は11月から年明けにかけてですが、4月~5月ごろ繊維が柔らかい新ごぼうも短い間出回ります。新ごぼうと比較して、冬のごぼうは繊維がしっかり。煮物にするなら冬ごぼうが適しています。

ごぼうで注目したいのが「食物繊維」。水溶性、不水溶性ともに豊富に含まれますが、繊維中の「イヌリン」という糖質が腸内でオリゴ糖に変化し、善玉菌を増やしてくれます。このはたらきにより、お腹すっきり効果がばつぐん。また、同じく食物繊維に含まれる「リグニン」は、コレステロールを減らして腸内の酸化物質を吸着するため、生活習慣病などが気になる方には積極的に摂っていただきたい野菜です。

ポリフェノールの流出に気を付けて

ごぼうの切り口が黒くなるのは、ポリフェノール(抗酸化物質)が豊富に含まれているためです。体に良い成分なので、本来はそのまま食べたほうがいいのですが、見た目が悪くなるので薄い酢水にさらして使うことがほとんどです。その際、酢水に長時間入れておかないようにしましょう。水溶性のポリフェノールが流出し、せっかくの栄養が無駄になってしまいます。

なお、ごぼうには食材のにおいを消すはたらきもあります。魚や肉を煮るときに加えると、臭みを消して美味しく仕上がるため、煮魚の添え物にもよく使われます。また、ごぼうはにんにくのにおい消しにも効果がありますので、にんにく料理と一緒にサラダや汁物をプラスするのもよいでしょう。

「鶏ごぼうのおみそ汁」レシピ

手順

ごぼうを切る前に、酢水を用意しておきましょう。500CCのボウルの水に小さじ2杯程度の酢を入れ、よく混ぜておきます。切ってから時間が経つと栄養が損なわれるので、調理する直前に下処理をするようにしましょう。

1.鶏肉を食べやすい大きさに切ります

鶏肉はもも肉でも胸肉でも構いませんが、コクのある濃厚な風味ならもも肉、あっさり風味がお好きなら胸肉を使用します。皮はカロリーが高いですが、汁に旨味が出ますので、今回は皮付きのもも肉を使用しました。

2.ごぼうに十文字の切り目を入れます

ごぼうは縦方向に十文字の切り目を入れ、酢水を入れたボウルの上で、鉛筆を削る要領でささがきにします。慣れている方は切り目を入れなくても大丈夫ですが、こうすることで目の細かいささがきが簡単にできます。

酢水にさらしたごぼうは、ざるに引き上げ水けを切っておきます。

3.お鍋を火にかけ、材料を炒めます

おみそ汁を作るお鍋を火にかけ、ごま油を少量たらします。鍋底によく行きわたらせ、最初に鶏肉を炒めます。肉の色が変わったら次にごぼうを入れ、1分ほど炒めて出汁を人数分注ぎます。

あくが浮いてきますので、お玉で丁寧にとりのぞいてください。同時に、鶏肉の皮から出る黄色い脂も取り除きます。

4.味噌はコクのある仙台のこし味噌

2~3分煮て、火を止めたら味噌を溶き入れます。今回はごぼうの風味に負けない、しっかりコクのある仙台こし味噌を使用しました。味噌が溶けたら再度火にかけ、沸騰寸前で火からおろします。

出来上がり。最後に細ねぎの小口切を散らして彩りを加えました。寒い日はすりおろし生姜を小さじ1/3ほど入れると、血行を促し体温をアップしてくれます。

今回のまとめ

「根菜は下ごしらえが面倒そうで」という方は多いですが、慣れてしまえば扱いはかんたんです。日持ちもしますので、少しずつ切り出していろんなお料理に使ってみてください。うどんなど麺類を入れても、美味しくいただけます。

食物繊維やアルギニンが豊富!ごぼうの栄養と効能
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2017/03/post-53.html

ごぼう/牛蒡/ゴボウの栄養価と効用/旬の食材百科
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/gobou3.htm

ヘルシーなお話/日本食鳥協会
http://www.j-chicken.jp/museum/arekore/01.html

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

朝夕がひんやりしてきました。暖かい食べ物が美味しくなる季節です。熱々の汁物を食事に添えて、たっぷりの野菜で栄養補給しましょう。今回はこれから旬を迎える「れんこん」のおみそ汁。調理法によって食感が大きく変化する楽しい食材です。栄養価も高いので、子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

いよいよ秋の味覚が市場に出そろい始めました。毎日、おかずを用意するのが楽しくなりますね。秋の食材と言えば「きのこ」が代表的ですが、せっかく旬なので、いつもと違うラインナップはいかがでしょう。今回は「花びら茸」「ひら茸」「ヤマブシ茸」、3種のきのこを取り揃えてみました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

お盆を過ぎると、そろそろ秋の味覚が店頭に並び始めます。山の幸では、さつまいもや松茸が代表的ですが、そのほかにも美味しい秋のご馳走はたくさんあります。今回は、9月ごろから収穫期を迎える「里芋」と「きくらげ」のおみそ汁をご紹介します。二つの異なる食感を、ぜひお楽しみください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

暦の上では秋といっても、まだまだ暑さは本番。ぐったり元気の出ない方も多いのではないでしょうか。そんな時のお助けメニューが「ピリ辛」。今回は煮込み具合で様々な食感が楽しめる「冬瓜」と、ビタミンの宝庫「豚肉」で、ピリ辛のボリュームおみそ汁に仕上げました。ごはんにも相性ぴったりです。ぜひエネルギーをチャージして、残暑に負けないパワーを養ってください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第14回】湯葉と三つ葉のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第14回】湯葉と三つ葉のおみそ汁

今年は梅雨入り、梅雨明けが例年より遅い地方が多く、安定しない気候で体調を崩している方も多いようです。今回は、そんなお疲れの方にもたっぷりと栄養を摂っていただける「湯葉と三つ葉」のおみそ汁をご提案します。たんぱく質の宝庫、大豆の力でパワーアップ。爽やかな三つ葉の香りで食欲増進をめざしましょう。


最新の投稿


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構と株式会社イワイは共同で開発した、「NARO Style®おむすび弁当」を9月24日(火)から12月13日(金)までの12週間、おむすび権米衛 農林水産省店において1日10食限定で一般販売します!


御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

株式会社 福光屋より、御即位礼を寿ぎ、新しき御代の常磐の多幸と繁栄を願う祝意奉表の祝酒『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』を10月8日(火)から数量限定発売します。


「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロアにて、siroca「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯で好きな具をのせておにぎりをにぎるイベントが11月2日(土)に開催されます。京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」のお米をぜいたくにつかって、炊き立てのご飯のおいしさや、土鍋炊きのふっくらとしたごはんのうまみを感じてみてください!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。