新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」は、市川海老蔵さんの「第五回自主公演 ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛することが決定しました。 公演は2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)で開催されます。これに伴い、公演期間中、会場内ロビーにて、新潟米「新之助」のプロモーションを実施します!


新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!

新潟米「新之助」は、市川海老蔵さんの
「第五回自主公演 ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛することが決定しました。
公演は2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)で開催されます。

これに伴い、公演期間中、会場内ロビーにて
・新潟米「新之助」おにぎり限定販売
・新潟米「新之助」ポスター掲示
・来場者への新潟米「新之助」 情報紙ご案内
といった
新潟米「新之助」のプロモーションを実施します。

2020年5月、市川海老蔵さんの「十三代目市川團十郎白猿」、堀越勸玄さんの「八代目市川新之助」襲名が発表された時から、同じ名前のブランド米を持つ新潟県としても勝手ながらご縁を感じていたそう。
今年6月には、市川海老蔵さん、堀越勸玄さんを県内にお招きし、互いの成長と実り多き未来を願い、新潟米「新之助」の田植えが実現しました。

そのご縁から、今回、新潟米「新之助」は、「第五回自主公演ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛する運びとなりました。新潟米「新之助」は、当ロビープロモーションを通じて、ABKAIを観劇される多くの皆様から、新潟米「新之助」を知って味わっていただくことを期待するとともに、今後も市川海老蔵さん、堀越勸玄さんの活動を応援します!

詳細

【タイトル】市川海老蔵 第五回自主公演ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』
      新潟米「新之助」ロビープロモーション
【期  間】2019年11月5日(火)〜11月25日(月)
【会  場】Bunkamuraシアターコクーン内ロビー(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
【公演URL】http://www.zen-a.co.jp/abkai2019/

新潟米「新之助 しんのすけ」

http://shinnosuke.niigata.jp/

きらめく大粒、コクと甘みが満ちている。新潟米「新之助 しんのすけ」のホームページ。

この記事のライター

関連する投稿


ハレのお米・新之助ギフトボックス「大粒のしあわせ箱」が限定販売!

ハレのお米・新之助ギフトボックス「大粒のしあわせ箱」が限定販売!

プレミアム米「新之助」より、ギフトボックス「新之助・ 大粒のしあわせ箱」が限定販売されます! 大粒が特徴の「新之助」に加え、新之助カラーのオリジナル夫婦茶碗などが入った「ハレの日」の食卓を祝う、おめでたいデザインに仕上がっており、お歳暮や年始などの贈答シーズンにもぴったりなギフトボックスです。各店舗10セットと数量限定ですので、お見逃しなく!!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

米どころ・新潟県が2017年秋に世に送り出したプレミアム米『新之助』。2018年の『新之助』は、世界初の本物の土鍋で炊き上げる炊飯器『かまどさん電気』を開発したシロカ株式会社とのタイアップを記念し、幸せな食卓をプレゼントするキャンペーンを実施します。


切り口に注目!楽しいお米PRまとめ

切り口に注目!楽しいお米PRまとめ

今回は「日本のおこめディア・gohan」にちなんで、メディアでも取り上げられている、お米PRを効果的に展開している事例をまとめてみました。どれもお米愛あふれるものばかりなので、楽しく見るうちにお腹が空いてくること間違いなしです。


注目の新品種・新ブランド米まとめ

注目の新品種・新ブランド米まとめ

毎年全国からたくさんの新しいお米たちがデビューをしています。食文化の多様性から日本人の米離れと言われている中で、各県は高品質で安全な美味しいお米の開発に力を入れています。今回はこれから市場に流通するお米から、注目されている新品種や新ブランド米をピックアップしました。(2017年3月時点の記事です)


最新の投稿


木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

関東最古の不動霊場であり、日本三大不動にも数えられる瀧泉寺・通称目黒不動尊。お参り前と後では心持ちが全く変わる、とても「強い」場です。今回はいただいたパワーをさらに高めるべく、揚げたての揚げ餅を食べることができる御門屋へ。お米のパワーもしみじみ感じる縁起散歩ができました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

冬の具だくさんおみそ汁というと、豚汁が思い浮かぶ方も多いでしょうが、鮭と野菜の「石狩汁」もおすすめです。鮭の切り身で作る鍋物「石狩汁」を一椀仕立てにしたもので、気軽に美味しく作れます。体が温まり野菜の栄養で体調も整えてくれる、バランスの良い一品ですので、ぜひ鮭の美味しい秋冬に召し上がってください。


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。