秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


撮影「Takashi Maki」

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「白露」9月7日~9月22日

日中の暑さが和らぎ、朝夕にはめっきり過ごしやすくなる頃。
初候は「草露白(くさのつゆしろし)9月7日~11日)」。夜のうちに草木に降りた露が、朝日に白く輝く様はなんとも涼やかです。高く澄んだ空には絹のような雲がたなびき、次第に秋の気配が漂うように。田んぼの稲穂も色づき始め、実りの秋もすぐそこに来ています。

撮影「Takashi Maki」

続く次候は「鶺鴒鳴(せきれいなく)9月12日~16日」。
鶺鴒は伊奘諾伊奘冉の国生み神話にも登場する鳥で、別名「恋教え鳥」とも。住宅地でもよく目にする身近な鳥ですが、このうち白鶺鴒はかつて渡り鳥であったといい、夏に北に渡っていた白鶺鴒が戻ってくるのが今頃であったとされます。
この期間は多少のズレはあるものの旧暦の8月15日にあたり、古くから「中秋の名月」「十五夜」と呼ばれ、月を愛でる行事が行われてきました。今年の旧暦8月15日は9月13日。満月にはほんの少し足りませんが、大きな丸い月が夜空に浮かぶはず。ススキやお団子、里芋を備えて、虫の声を聞きながら心静かに月を眺めるのも一興です。

撮影「Takashi Maki」

さらに末候は「玄鳥去(つばめさる)9月17日~21日」に移ります。春に日本に来たツバメが子育てを終えて、南へ渡っていく季節。飛び立つツバメの姿に秋の深まりを感じます。

「白露」のごはん 秋刀魚

秋の味覚の代表格、秋刀魚。新鮮な秋刀魚は皮がピンと張って銀ピカ。背が青黒く光っています。脂が乗った秋刀魚はこんがり焼いて熱々をほおばるのが一番! ほぐした身を炊き上がったごはんに混ぜ合わせれば、美味しい秋刀魚ごはんにも。刻んだ秋ミョウガやいりごまを一緒に混ぜれば、なお一層おいしくいただけます。

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「秋分」9月22日~10月7日

太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになるのが秋分の日。この日を境に日が短くなり、秋の夜長を実感できるように。この秋分の日はお彼岸の中日でもあります。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、日中に残っていた暑さも薄れ、ようやく本格的な秋が訪れます。

このお彼岸に欠かせないのが、おはぎです。あんこの材料である小豆は古くから魔除けの力を持つと言われ、日本の行事食に欠かせない素材。秋のお彼岸の時期は小豆の収穫期にあたるため、皮まで柔らかい新豆を丸ごと使って粒あんを作り、おはぎにしてきたのだとか。

秋分の初候は「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)9月22日~27日」。夏の間ゴロゴロとなっていた雷が治る頃。金木犀が金色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせます。
続く次候は「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)9月28日~10月2日」。活発に動いていた虫たちが土にもぐり、冬ごもりの支度をはじめます。
さらに末候は「水始涸(みずはじめてかるる)10月3日~7日」田んぼから水を抜いて稲刈りの準備を始める頃です。黄金に色づいた穂が風に揺れる景色は実に美しいもの。瑞穂の国・日本ならではの景色を眺めるたびに出るのもオススメです。

撮影「Takashi Maki」

「秋分」のごはん 銀杏

この頃になると、そろそろ初物のギンナンが市場に出回り始めます。翡翠色に輝くギンナンは、ごはんにしても美味。
面倒な殻むきも、レンジを使えば簡単。ギンナンを紙封筒に入れて口をしっかり折ってレンジで1分。パンパンと弾ける音がしますが大丈夫。殻に亀裂が入っているので、そこから割れば簡単に身が取り出せます。
白だしで味つけして炊いたごはんに、ギンナンと白ごまを混ぜ合わせれば簡単ギンナンごはんのできあがり。秋の味覚を召し上がれ!

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。それから長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整され、日本人の暮らしに欠かせない指標となりました。「二十四節気七十二侯」を知ることは、季節を感じ取り心豊かでな暮らしを育むこと。


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


最新の投稿


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」は、市川海老蔵さんの「第五回自主公演 ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛することが決定しました。 公演は2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)で開催されます。これに伴い、公演期間中、会場内ロビーにて、新潟米「新之助」のプロモーションを実施します!


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

あったか鍋物が美味しい季節になってきました。たくさん野菜が摂れるので、冬の健康メニューとしてもおすすめです。中途半端に残った野菜は、翌朝のおみそ汁に活用しましょう。今回はすき焼きなどによく使用する「焼き豆腐」と「春菊」を組み合わせてみました。独特の香りが朝の気分をすっきりさせてくれますよ。