【お米クイズ】第78回:産地見学における確認事項

【お米クイズ】第78回:産地見学における確認事項

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第78回は産地見学における確認事項についてです。


【第78回】問題:産地見学における確認事項

さて今回のクイズは…「お米屋さんの産地チェックポイント」についてです。

お米屋さんの中には、毎年色々な産地に見学に行く方がいらっしゃいます。私も毎年必ずどこかの産地を訪問するようにしております。私の場合は、産地見学をすることにより消費者の皆さんに産地の様子を明確に伝えることが出来ると考えています。そして、そうすることにより、味の良し悪しだけではなく、生産者の顔や産地の風景までも思い浮かべてお米とお付き合い頂けたら…と願っているのです。

問題
さて私のことですが…産地見学に行った際に必ず生産者に尋ねることがあります。それは、お米の品質や味に関係するものと考えて聞いているのですが、その質問に当てはまらないものを、次のア~エから選びお答えください。

ア.夏の昼夜の気温差

イ.田植え時における苗と苗の間隔

ウ.収穫後の乾燥方法

エ.玄米を入れる袋の種類

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
エの「玄米を入れる袋の種類」でした!

アですが、お米も果物等と同じで、昼夜の気温差が大きい方が美味しくなります。
イですが、最近では風通しを良くし病気を防ぐ等の目的のため、昔よりも間隔をあけて田植えをしている生産者の方が多くいらっしゃいます。
ウは、熱による乾燥と風による乾燥がありますが、三代目の経験則から申し上げますと、より自然に近い風乾燥の方が美味しくなるようです。

その他生産者さんには、水のこと、土のこと、地形のこと、肥料のこと、除草方法のこと…様々なことをヒアリングします。そこにはご本人が「当たり前」と思っていることが実は「当たり前でない」ことが多く、その違いこそがその土地や生産者さんの技術の特徴であったりします。そしてその特徴が、お米の味の違いに結びついている…と思っています。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


【お米クイズ】第104回:お米の粒を揃えるには

【お米クイズ】第104回:お米の粒を揃えるには

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第104回はお米の粒を揃えるには、です。


【お米クイズ】第103回:穂発芽とは

【お米クイズ】第103回:穂発芽とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第103回は穂発芽についてです。


【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第102回は炊飯についてよく出る質問についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

下北沢カレーフェスティバルは、今年で9回目を迎える年に1度のカレー祭り。参加店は113店舗で、ミニカレーや限定メニューをご用意。下北沢が初めての方も常連の方も、お気に入りカレーを見つけられるフェスティバルです。 また、今年は感染症対策を徹底。「新しいカレーの生活様式」と題し、全店舗テイクアウト注文可・屋外飲食スペース設置を試みます。下北沢は、お祭りなき2020年の秋にもう一度、祭りの灯をともします。


新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新しいお米ブランド『然然(シカジカ)』の立ち上げを記念して、ポップアップイベントが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」にて開催されます。初日の18時からは、塩おむすびや南魚沼の地酒「八海山」が振る舞われるオープニングパーティーも開催!新潟出身のBeatmaker / ProducerのSam Is Ohmと、同じく新潟出身の町田涼による選曲もお楽しみいただけます。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

株式会社永谷園は、代表商品である「お茶づけ海苔」など「お茶づけ」シリーズを活用した、忙しい朝でもササっと用意でき、子どもの3つのスイッチONをサポートする朝の新習慣「めざまし茶づけ」を提案します! 多くの小中学生が新学期を迎えた時期に合わせ、〜小学生民謡歌手 江端菜沙さんが歌う「めざまし茶づけのうた」〜Webムービー『毎朝!!めざまし劇場』も8月24日(月)より公開しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング