【お米クイズ】第72回:複数品種栽培の意味

【お米クイズ】第72回:複数品種栽培の意味

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第72回は複数品種栽培の意味についてです。


【第72回】問題:複数品種栽培の意味

さて今回のクイズは…お米の『早生(わせ)』『晩生(おくて)』についてです。

以前、新潟県から次のような発表がありました。「この度『晩生』の新品種を開発し、平成29年の本格デビューに向けて着々と準備を進めている」…というものです。

『早生』『晩生』の明確な定義はありませんし、地域によって異なりますが、私は、普通のお米が新米として9月~10月に収穫・出荷されるのに対して『早生』は8月、『晩生』は11月ごろに収穫・出荷されるお米を指す…と理解しております。

新潟県で言えば、『早生』には「こしいぶき」という品種がありますが、この新品種のデビューにより新潟県は、「こしいぶき」「コシヒカリ」と併せて3つの栽培・収穫時期が異なる品種をマーケットに売りだしていく…ということです。

問題
さて、このように同じ地域で栽培・収穫時期の異なる複数の品種を展開する意味について、正しく述べたものを、次のア~エから選び、お答えください。

ア.同じ田んぼで違う品種を栽培することで、連作障害を防ぐことが出来るから。

イ.温暖化の影響で収穫時期を従来よりもずらした方が、たくさんの量がとれるから。

ウ.同じ農機具、作業施設を1つの時期だけで集中して使用するよりも、作業の繁忙期が分散されるから。

エ.将来的なお米の輸出を睨み、異なる環境でも栽培出来る技術を確立するため。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「同じ農機具、作業施設を1つの時期だけで集中して使用するよりも、作業の繁忙期が分散されるから。」でした!

同じ品種を同じ地域で大量に栽培すると、田植え時期や収穫時期が重なり、繁忙期が一時期だけに集中します。そうなると、例えば農機具の使用が回らずにやるべき作業が遅れたり、収穫後の籾の乾燥調製等で使用する施設やお米の検査等が混雑したりします。結果として、稲刈りが遅れたり出荷時期が遅れたりして、品質の低下、適正価格での販売機会の喪失など、デメリットが増えてきます。同じ地域で同時期に田植えや収穫が重なる品種を栽培するよりも、時期をずらして栽培・収穫出来る品種の方が作業効率が上がるため、メリットが大きいのです。

ちなみに…「早稲」というよりも、意識して早めに栽培・収穫する地域もあります。茨城や千葉といった関東地方では、台風が来る前に収穫・出荷することを狙って早めに栽培・収穫する地域もありますし、高知や宮崎といった温暖な地域では、新米のトップバッターということで価格調整が始まる前に売り切ることを狙い、早期に栽培・出荷する地域もあります。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


【お米クイズ】第104回:お米の粒を揃えるには

【お米クイズ】第104回:お米の粒を揃えるには

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第104回はお米の粒を揃えるには、です。


【お米クイズ】第103回:穂発芽とは

【お米クイズ】第103回:穂発芽とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第103回は穂発芽についてです。


【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

【お米クイズ】第102回:炊飯についてよく出る質問

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第102回は炊飯についてよく出る質問についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

下北沢カレーフェスティバルは、今年で9回目を迎える年に1度のカレー祭り。参加店は113店舗で、ミニカレーや限定メニューをご用意。下北沢が初めての方も常連の方も、お気に入りカレーを見つけられるフェスティバルです。 また、今年は感染症対策を徹底。「新しいカレーの生活様式」と題し、全店舗テイクアウト注文可・屋外飲食スペース設置を試みます。下北沢は、お祭りなき2020年の秋にもう一度、祭りの灯をともします。


新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新しいお米ブランド『然然(シカジカ)』の立ち上げを記念して、ポップアップイベントが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」にて開催されます。初日の18時からは、塩おむすびや南魚沼の地酒「八海山」が振る舞われるオープニングパーティーも開催!新潟出身のBeatmaker / ProducerのSam Is Ohmと、同じく新潟出身の町田涼による選曲もお楽しみいただけます。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

株式会社永谷園は、代表商品である「お茶づけ海苔」など「お茶づけ」シリーズを活用した、忙しい朝でもササっと用意でき、子どもの3つのスイッチONをサポートする朝の新習慣「めざまし茶づけ」を提案します! 多くの小中学生が新学期を迎えた時期に合わせ、〜小学生民謡歌手 江端菜沙さんが歌う「めざまし茶づけのうた」〜Webムービー『毎朝!!めざまし劇場』も8月24日(月)より公開しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング