【お米クイズ】第72回:複数品種栽培の意味

【お米クイズ】第72回:複数品種栽培の意味

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第72回は複数品種栽培の意味についてです。


【第72回】問題:複数品種栽培の意味

さて今回のクイズは…お米の『早生(わせ)』『晩生(おくて)』についてです。

以前、新潟県から次のような発表がありました。「この度『晩生』の新品種を開発し、平成29年の本格デビューに向けて着々と準備を進めている」…というものです。

『早生』『晩生』の明確な定義はありませんし、地域によって異なりますが、私は、普通のお米が新米として9月~10月に収穫・出荷されるのに対して『早生』は8月、『晩生』は11月ごろに収穫・出荷されるお米を指す…と理解しております。

新潟県で言えば、『早生』には「こしいぶき」という品種がありますが、この新品種のデビューにより新潟県は、「こしいぶき」「コシヒカリ」と併せて3つの栽培・収穫時期が異なる品種をマーケットに売りだしていく…ということです。

問題
さて、このように同じ地域で栽培・収穫時期の異なる複数の品種を展開する意味について、正しく述べたものを、次のア~エから選び、お答えください。

ア.同じ田んぼで違う品種を栽培することで、連作障害を防ぐことが出来るから。

イ.温暖化の影響で収穫時期を従来よりもずらした方が、たくさんの量がとれるから。

ウ.同じ農機具、作業施設を1つの時期だけで集中して使用するよりも、作業の繁忙期が分散されるから。

エ.将来的なお米の輸出を睨み、異なる環境でも栽培出来る技術を確立するため。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「同じ農機具、作業施設を1つの時期だけで集中して使用するよりも、作業の繁忙期が分散されるから。」でした!

同じ品種を同じ地域で大量に栽培すると、田植え時期や収穫時期が重なり、繁忙期が一時期だけに集中します。そうなると、例えば農機具の使用が回らずにやるべき作業が遅れたり、収穫後の籾の乾燥調製等で使用する施設やお米の検査等が混雑したりします。結果として、稲刈りが遅れたり出荷時期が遅れたりして、品質の低下、適正価格での販売機会の喪失など、デメリットが増えてきます。同じ地域で同時期に田植えや収穫が重なる品種を栽培するよりも、時期をずらして栽培・収穫出来る品種の方が作業効率が上がるため、メリットが大きいのです。

ちなみに…「早稲」というよりも、意識して早めに栽培・収穫する地域もあります。茨城や千葉といった関東地方では、台風が来る前に収穫・出荷することを狙って早めに栽培・収穫する地域もありますし、高知や宮崎といった温暖な地域では、新米のトップバッターということで価格調整が始まる前に売り切ることを狙い、早期に栽培・出荷する地域もあります。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。


【お米クイズ】第75回:ごはんに含まれている成分と食味

【お米クイズ】第75回:ごはんに含まれている成分と食味

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第75回はごはんに含まれている成分と食味についてです。


ごはんカフェで今年のトレンドを占う【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】

ごはんカフェで今年のトレンドを占う【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】

今年のごはんトレンドをごはんカフェから見つけたい。ということで、常連のGOHANYA' GOHANへ行ってきました。ここでいうごはんカフェの定義とは、お米へのこだわりとそのおいしさを引き出すメニュー開発力、さらにカフェとしての居心地の良さ。GOHANYA' GOHANは、この3つの要素を備え、ごはんカフェとしては、バランスに優れているお店です。


【お米クイズ】第74回:出穂時期に作柄を予想するには

【お米クイズ】第74回:出穂時期に作柄を予想するには

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第74回は出穂時期に作柄を予想するには、についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。