液体塩こうじを使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」にて、8月8日(木)より期間限定発売

液体塩こうじを使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」にて、8月8日(木)より期間限定発売

ハナマルキ株式会社と株式会社大船軒は、8月8日(木)「こうじの日」に向けて「液体塩こうじ」を使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」を共同開発、東京駅内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」含む2店舗にて、2019年8月8日(木)より1ヶ月間の期間限定で発売します。8月8日(木)「こうじの日」には液体塩こうじがもらえるキャンペーンもありますので、お見逃しなく!


液体塩こうじをふんだんに使用した「塩こうじ 旨み弁当」

2012年より発売を開始したハナマルキ「液体塩こうじ」は、日本の伝統調味料である塩こうじを、ハナマルキ独自の製法(製造特許取得)で液体化した調味料です。液体化により生まれる、計量しやすい・混ぜやすい・溶けやすい・焦げにくいなどのメリットで、おかげさまで主婦の方を中心に好評を博しています。
また、液体塩こうじは、素材を冷めても美味しく保ち、色味を鮮やかにすることやご飯をつやつやにする効果があるため、お弁当メニューでも多く利用いただいています。
今回はそのような背景を踏まえ、液体塩こうじのメリットをより皆様に実感いただける液体塩こうじを使ったおかず・ご飯で構成した「塩こうじ 旨み弁当」を発売することになったそうです。

メニューの考案、お弁当の製造については、明治31年創業、明治32年には日本で最初の駅弁サンドウィッチを販売するなど、駅弁製造では著名な株式会社大船軒様の協力により、駅弁にマッチする液体塩こうじ使用メニューを共同で考案、ご飯やおかずに至るまで、お弁当のほとんどのメニューに液体塩こうじを使用、液体塩こうじの使用範囲の広さを認識いただける内容となりました。

「塩こうじ 旨み弁当」は、夏のレジャー・帰省時に、酵素のチカラで美味しく、そして健康的なお弁当を楽しめます。

こうじの日・8月8日には液体塩こうじ20mlセットをプレゼント

こうじの日にあたる8月8日(木)にはプレゼントキャンペーンを実施、東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」と「駅弁屋(新幹線南乗換口店)」店頭で「塩こうじ 旨み弁当」をご購入の方に、液体塩こうじ20ml1袋とミニレシピブックのセットをプレゼントします。(数量限定、なくなり次第終了)

8月8日「こうじの日」について

食文化としての日本食人気や健康志向の高まりから、ここ数年、国内外で、味噌や醤油・塩こうじといった日本の伝統的な「発酵調味料」の注目が高まっています。そこで、これらの発酵調味料の元となる「こうじ」に焦点を当てることで、こうじ及び発酵調味料を盛り上げていこうとの想いから、8月8日を「こうじの日」として登録しております。

日付の“8月8日“は、漢字「麹」の中に含まれる「米」という字に由来します。「米」は、上下に2つの「八」の字が含まれており、古来より“八十八の手間”など「八」との縁が深い字となっています。その米を含んだ字を持ち、更にこうじ自体も米を原料としているため、こうじの原点として8月8日を記念日としました。

塩こうじ 旨み弁当 概要

●商品名称:
~素材の旨みを引き出す調味料「液体塩こうじ」使用~
塩こうじ 旨み弁当

●お弁当メニュー:
・新生姜と雑穀米の液体塩こうじ炊き込みご飯
・液体塩こうじ漬・信州サーモンのスモークの炙り
・液体塩こうじ漬・鶏ささ身のカツレツ
・長いもの液体塩こうじ漬・ごま味噌掛け
・液体塩こうじ漬・牛肉のすき煮風
・液体塩こうじ漬・豚肉で巻いたエリンギのオーブン焼き
・野沢菜のごま油炒め
・野菜と高野豆腐の煮物
・玉子焼き
・りんごのシロップ煮

●販 売 期 間:2019年8月8日(木)~9月6日(金)
●販 売 店 :東京駅 2店舗(「駅弁屋 祭 グランスタ店」「駅弁屋(新幹線南乗換口店)」)
●販 売 価 格:1300円(税込)
●お弁当製造:株式会社大船軒

ハナマルキ コメント

素材の旨みを引き出す、かつ、冷めてもおいしさを保つ特性のある液体塩こうじは、お弁当、ひいては駅弁当にはぴったりの調味料と考えています。この度、駅弁製造の経験とノウハウが豊富な大船軒様にご評価・ご協力いただき、素晴らしいお弁当が完成しました。しかも、日本最大級の駅弁専門店「駅弁屋 祭 グランスタ店」様をはじめ、東京駅内で販売できることになりました。夏のレジャー、帰省の時期に東京駅で販売することによって、大きなPR効果が期待できると考えています。

会社概要

ハナマルキ株式会社

設 立 : 1918年11月1日
事業内容: 味噌醸造販売及び加工食品製造販売
資 本 金 : 1億円
代 表 者 : 花岡 俊夫
所 在 地 : 本社 長野県伊那市西箕輪 2701
U R L : http://www.hanamaruki.co.jp/

味噌のおいしさをそのままに|おみそならハナマルキ

http://www.hanamaruki.co.jp/

素材とモノ作りを大切にしていく おみそならハナマルキ。味噌や塩こうじを使ったレシピや無添加みそ、液体塩こうじをはじめインスタント味噌汁、業務用商品などもご紹介しております。

株式会社大船軒

設 立 : 1898年5月6日
事業内容: 鯵の押寿し、各種折り詰め弁当製造・販売 他
資 本 金 : 2000万円
代 表 者 : 今野 高之
所 在 地 : 本社 神奈川県鎌倉市岡本2-3-3
U R L : https://www.ofunaken.co.jp/

湘南鎌倉 大船軒

https://www.ofunaken.co.jp/

大船軒は湘南鎌倉を拠点とし鯵の押寿し、弁当を中心に食品製造、販売を行なっています。 | 湘南鎌倉 大船軒 | 株式会社大船軒

ハナマルキ「液体塩こうじ」

米こうじと塩を丁寧に熟成させた塩こうじをぎゅっと搾った、生きた酵素の力と上品なこうじの旨味がそのまま残った液体タイプの塩こうじです。粒のない液体タイプだから計量しやすく、色々な料理に使えます。みりん、醤油などの代替調味料としても使えます。

原材料:米こうじ、食塩、酒精
容量:350ml/500ml
栄養成分:大さじ1杯(15ml)当り、エネルギー24kcal、脂質0g、ナトリウム870mg、たんぱく質0.2g、炭水化物5.7g、食塩相当量2.2gl

液体塩こうじブランドサイト | おみそならハナマルキ

http://www.hanamaruki.co.jp/shiokouji.html

万能調味料、液体塩こうじの効果や活用方法について掲載しています。素材とモノ作りを大切にしていく おみそならハナマルキ。味噌、生みそ、だし入りみそ、無添加みそ、マルダイみそ、塩こうじ、液体塩こうじ、即席みそ汁や業務用商品などをご紹介しております。

『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表! | おこめディア gohan

http://gohan.life/articles/334

ハナマルキ株式会社は、AuB株式会社、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同で、塩こうじの腸内環境への効果およびスポーツパフォーマンスへの効果を研究する『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』を発足。研究の結果、液体塩こうじの摂取によって、免疫力の向上に貢献すると多数報告されている、酪酸、乳酸、酢酸などの短鎖脂肪酸を作る腸内細菌が増加し、腸内に対して有効に作用したことが示唆された研究結果を得たことを発表しました!

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第66回は「ざる上げのデメリット」についてです。


目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

関東最古の不動霊場であり、日本三大不動にも数えられる瀧泉寺・通称目黒不動尊。お参り前と後では心持ちが全く変わる、とても「強い」場です。今回はいただいたパワーをさらに高めるべく、揚げたての揚げ餅を食べることができる御門屋へ。お米のパワーもしみじみ感じる縁起散歩ができました。


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


最新の投稿


新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」は、令和元年12月2日(月)から令和2年3月31日(火)の期間、全国の飲食店情報を掲載するグルメサイト「食べログ」とコラボレーション企画を実施します。素材までこだわる「大切な日に利用したいお店」。そんな各店の粋を体感してください。


【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第66回は「ざる上げのデメリット」についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

寒さが本格的になってきました。この時期は冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時、積極的に摂りたいのが「ねぎ」です。ねぎは栄養価が高く、血行促進効果の高い香味野菜。今回はお鍋に使った白ねぎの残り、「葉先」の部分でおみそ汁を作りました。体が芯から温まるので、風邪のひき初めにもぴったりです。


木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。