【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


「ごちそう!おみそ汁レシピ」第12回は、「とうもろこし」のすり流し。「すり流し」とは、野菜や魚をすり鉢で細かくすり潰し、出汁でのばした汁物です。とうもろこしで作ると、甘くてポタージュみたいにトロトロに。熱々も美味しいですが、この季節は冷製でいただくのもおすすめです。動脈硬化や便秘予防にも効果が期待できますよ。

米、麦と並ぶ、世界三大穀物のひとつ

とうもろこしは別名「とうきび」とも呼ばれ、安土桃山時代の初期、1579年にポルトガル人から長崎(または四国という説も)に伝わりました。本格的に栽培が始まったのは、明治以降。昔は長期保存できる固い粒の物が主流でしたが、今は粒がやわらかくて甘いスイートコーンが市場の大半を占めています。

とうもろこしは、米や麦と並ぶ「世界三大穀物」のひとつで、南アメリカでは古代文明の頃から主食として食べられていました。今もメキシコなどではとうもころし粉で作ったトルティーヤが多く食べられています。ちなみに、他の穀物と違ってとうもろこしは原産地が明らかになっていません。これは祖先である野生とうもろこしが見つかっていないからで、メキシコ、グアテマラなどの中南米付近ではないかと言われています。

胚芽がでんぷんをエネルギーに

とうもろこしは穀物なので、でんぷん(糖質)が豊富に含まれています。そのでんぷんを、エネルギーに変えてくれるのが「胚芽」です。調理の際はぜひ他の穀物と同じく、胚芽まで一緒に食べるように工夫しましょう。胚芽は粒の中にある芯のような部分で、エネルギー代謝を活発にし、疲労回復に役立つビタミンB群を豊富に含んでいます。ごはんなど炭水化物の好きな方には必須のビタミンなので、ふだんから積極的に食事に取り入れるのがおすすめです。

また、とうもろこしは悪玉コレステロールを減らすリノール酸(多価不飽和脂肪酸)やオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)をたっぷり含んでいるため、動脈硬化を予防したい人にもぴったり。さらに、粒の外側の皮はセルロースという不溶性の食物繊維からできており、便秘の解消にもはたらきます。

「とうもろこしのすり流し」レシピ

おみそ汁の下ごしらえとして、まずはとうもろこしを加熱します。いくつか方法をご紹介しますので、キッチンにある調理器具や仕上がりの好みなどでお選びください。選ぶときは、粒がパーンと張って黄色が鮮やかなものが鮮度良好の目印。皮がついたままのものは、皮の緑色がくすんでおらず、持ってみてずっしりと実の詰まったものを選びましょう。

とうもろこしの加熱方法

電子レンジを使用する

皮つきのものは、茎に近い方を切り落とし(写真参照)、そのままラップをかけずに500Wのレンジで4~5分加熱します。粗熱が取れたら切り落としていない方を持ち、上下に振るか押し出してください。熱があるうちにこうすると、面白いようにスルリと実だけ出てきます。あとは細かいヒゲを取り除いたら完成です。

皮のついていないものは、濡らして絞ったペーパータオルを巻き、ラップをかけずに500Wのレンジで4~5分加熱します。冷めるまでペーパータオルは巻いたままで。

鍋で茹でる(熱湯から)

ほんのり塩気が感じられる程度の塩を入れた水を火にかけ、沸騰したらとうもろこし(皮つきもものはそのまま)を入れて、3分ほど茹でます。この方法で茹でると、皮がパリッとしてシャキシャキ感のある食感になります。

鍋で茹でる(水から)

ほんのり塩気が感じられる程度の塩を入れた水の中にとうもろこしを入れ、中火でじわじわと過熱します。沸騰してきたら火力を弱め、煮立たせないよう10分ほどキープします。この方法で茹でると、水分をたっぷり含んでやわらかく甘いとうもろこしになります。

手順

1.包丁で粒を切り落とします

一本を3つくらいに切り分け、立てた状態で包丁を使って粒を切り落とします。上から見て8角形の形になるよう包丁を入れると、きれいに無駄なく処理できます。

2.お出汁は合わせ、または昆布出汁で

とうもろこしには、いりこ出汁よりも合わせだし(かつお+昆布)が好相性。さっぱりとした風味に仕上げたい場合は、昆布出汁オンリーでもOKです。ふだんの出汁より、心もち濃い目に作っておくと、とろみに負けず味が引き立ちます。

3.ゆっくりと熱を加えて甘みをアップ

常温のお出汁に切り落としたとうもろこしの粒を入れ、弱火~中火でゆっくりと過熱します。温度の上昇がゆるやかであるほど甘みが強く出るため、お好みで調節してみてください。写真は合わせ出汁500mLにとうもろこし1本分を入れたもの。さらりと薄めがいい方は、もう少し出汁の比率を多くしてもよいでしょう。

4.バーミックスまたはミキサーで攪拌

しっかりと火が通ったら、一旦コンロからおろして粗熱を取ります。湯気が落ち着いて来たら、バーミックスまたはミキサーで攪拌します。繊維が細やかな方がのどごしが良いので、時間をかけてなるべくなめらかに仕上げてください。攪拌する道具がない場合は、すり鉢でしっかり細かくすり潰し、出汁でのばしたものを粗目の網で漉しておきます。

5.さらに過熱し、白みそで味付け

再度お鍋を火にかけます。弱い火で混ぜながら加熱していくと、とろみが増してくるのがわかります。好みの濃度になったら、火を止めて白みそを溶きいれ、さらに2分ほど過熱。沸騰させないよう注意してください。白みそはちょっと甘みが強いので、最後に塩をひとつまみ加えて味を締めたら完成です。

出来上がり。鮮やかな黄色が食卓を華やかにしてくれる、元気な夏の汁物です。アクセントに刻んだ枝豆を散らしてみました。マイルドでなめらかなので、子供さんやお年寄りにもぜひ作って差し上げてください。

今回のまとめ

とうもろこしが好きな方にはたまらない、和風のポタージュ「すり流し」。冷凍保存ができますので、小分けにしておくと朝食にも便利です。また、薄めに作っておいてごはんを加えると、白みそ風味のコーンリゾットに変身します。ごはんが好きな方は、ぜひお試しください。

とうもろこしの基本情報 | 素材と料理の基本 | とっておきレシピ | キユーピー
https://www.kewpie.co.jp/recipes/knowledge/article/11/

スイートコーン(とうもろこし)やヤングコーン:栄養価と効能/フーズリンク
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/sweetcorn3.htm

とうもろこしの歴史 | トウモロコシノセカイ|とうもろこしの総合情報サイト
http://www.toumorokoshi.net/history.html

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第11回】夏だけの味覚、空芯菜とみょうがのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第11回】夏だけの味覚、空芯菜とみょうがのおみそ汁

露地ものの野菜は、旬の短い季節だけ出回るものが多いです。「空芯菜」もそのひとつ。中華料理で使われることがほとんどですが、もちろんおみそ汁でも美味しくいただけます。今回は夏の香味野菜「みょうが」と合わせて、見た目もお味も爽やかなお椀に仕上げてみました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

いよいよ暑さの本番がやってきました!夏バテで食欲が落ちている方も多いのではないでしょうか。でも、そんな時こそしっかり体力のつく食事が大切です。今回は美味しいごはんのお供、おみそ汁で夏の旬野菜「ズッキーニ&かぼちゃ」をたっぷりいただくアイデアをご紹介します。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

夏野菜が店頭に並ぶ季節になりました。次第に気温が上昇するこの時期は、梅雨の湿度も加わり消化機能が低下しがち。ごはんが好きな方は積極的に野菜でビタミンを摂るように心がけましょう。今回は茄子と甘とう、二種の夏野菜を使ったフレッシュなおみそ汁です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

中華食材として使われることの多い「豆苗」。一年中お手頃な価格で手に入り、くせのない味わいで様々なお料理に利用できます。発芽する際に生成される希少な栄養素が豊富で、美容にも役立つアンチエイジングの強い味方。ぜひおみそ汁で美味しくお召し上がりください。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。