【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

いよいよ暑さの本番がやってきました!夏バテで食欲が落ちている方も多いのではないでしょうか。でも、そんな時こそしっかり体力のつく食事が大切です。今回は美味しいごはんのお供、おみそ汁で夏の旬野菜「ズッキーニ&かぼちゃ」をたっぷりいただくアイデアをご紹介します。


「ごちそう!おみそ汁レシピ」第10回は、栄養たっぷりのズッキーニとかぼちゃを使ったおみそ汁です。ズッキーニは洋風なイメージですが、実は和食にもアレンジ可能。かぼちゃとは親戚同士なので、とてもお味の相性がよいのです。炭水化物の好きな方、体力が落ち気味の方、ぜひ夏野菜パワーで体内バランスを整えて、活発な毎日をお過ごしください。

実は「ウリ科かぼちゃ属」の仲間です

お料理のお好きな方はご存知かもしれませんが、ズッキーニとかぼちゃは「ウリ科かぼちゃ属」の親戚同士。お味も形も異なりますが、花の形はよく似ています。今回はこの親戚コンビをおみそ汁に仕立ててみました。栄養バランスが良く、色合いもきれいなので食卓が華やぎます。いつもの定番おみそ汁から目先を変えたいときに、ぜひお試しいただきたい組み合わせです。

ズッキーニはアメリカ~メキシコ原産

ズッキーニの原産地は、北米からメキシコにかけての地域。16世紀にヨーロッパに渡り、栽培が盛んになりました。日本へは1980年ごろアメリカから輸入されて広まりました。国内での産地は宮崎県と長野県が代表的。国内全体の6割以上を、この2つの県で占めています。収穫の旬は6月から8月。夏の太陽をいっぱい浴びて、美味しく熟します。

ズッキーニにはたくさんの種類があり、日本でよく見かけるきゅうりによく似た形の物や、黄色いもの、コロンと丸い形のズッキーニもあります。かぼちゃの仲間ではありますが、β-カロテンの量が少ないため、単色野菜に分類されます。ただし、単色野菜の中ではβ-カロテンが多いため、積極的に摂りたい野菜です。

夏のお助け成分「カリウム」が豊富

ズッキーニは夏の健康維持に欠かせない「カリウム」が豊富なのも嬉しいところ。ナトリウム(塩)を排泄するはたらきで、高血圧やむくみでお悩みの方、足がつりやすい方にもパワーを発揮します。さらに、ビタミンKやビタミンC、カリウム、カルシウムなどが含まれており、女性の美容にも強い味方。また、でんぷんが少なくカロリーが低いため、ダイエット中の方にもおすすめです。

かぼちゃは実は夏野菜

日本では冬至にかぼちゃを食べる習慣があるため、冬の野菜だと思われていますが、実はかぼちゃの収穫期は夏。それを45日~2カ月ほど追熟させて甘みを増幅させたものが秋口から出回ります。このため、本来は夏野菜でありながら冬の食材として認識されているのです。

昨今では一年中スーパーなどで見かけるかぼちゃですが、春から夏にかけては季節が日本と反対のニュージーランド産のものが店頭に並ぶことが多くなりました。日本の品種を現地で育てているため味や品質に遜色がなく、いつでも美味しいかぼちゃを食べられます。国内産に関しては、大きなシェアを占める鹿児島県や宮崎県などで、春に収穫した早生かぼちゃの追熟が終わる夏から、全国へ向けて新物の出荷が始まります。

豊富なβ-カロテンを含む健康野菜

かぼちゃは世界中で食されており、様々な品種があります。スーパーで出回っている西洋種のかぼちゃの他、日本固有の品種である菊カボチャ、黒皮かぼちゃ、鹿ケ谷かぼちゃなどがあり、甘みやホクホク感に個性があります。

栄養価としてはβ-カロテンが特に豊富に含まれており、体内で必要な分だけビタミンAに変換されることで、皮膚や粘膜を健康に保ちます。また、抗酸化作用および免疫賦活作用なども注目の的。ビタミンと食物繊維が豊富で、美肌や便秘にもはたらく女性の味方です。

「ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁」レシピ

かぼちゃの煮崩れに注意して

それぞれ火の通る時間が違う野菜を組み合わせるときは、切り方と加熱時間に注意します。かぼちゃは皮が煮えにくく、実が煮くずれしやすいので、うっかり煮すぎると溶けてしまいます。薄切りにしてさっと火を通し、見た目をきれいに仕上げましょう。

手順

1.かぼちゃは薄くスライスします

丸ごとのかぼちゃは半分に切り分け、わたをスプーンでこそぎ取ります。さらに半分を4つに切り分け(8等分)、2~3ミリ程度の厚さにスライスします。

2.ズッキーニは半月に切ります

ズッキーニは縦半分に切り、さらに半月に切ります。縦に切りにくい場合は、最初に横半分に切ってから縦割りにするとうまくいきます。厚みはかぼちゃよりやや厚めで。

3.野菜を入れるタイミングに注意

鍋に出汁を入れ、火にかけます。ゆるく沸騰してきたら、まずかぼちゃを入れて1分ほど加熱します。その後、ズッキーニを入れてさらに1分ほど煮たら火を止め、味噌を溶きいれます。最後に再加熱し、沸騰の直前で火を止めて出来上がりです。

ズッキーニの加熱の目安としては、種の周囲が透き通ってきたら火からおろす合図です。あまり煮過ぎると食感が悪くなりますので、下の写真の状態になったらすぐ火をとめます。

4.素朴な麦の麹味噌であっさりと

合わせたお味噌は、麦の麹味噌。かぼちゃから甘みが出るので、あっさりとした風味の物が合います。もっと甘みを抑えたい場合は、仕上げに醤油をひとたらしすると、ぐっと締まった味わいに。

出来上がり。かぼちゃが非常に崩れやすいので、煮えた後はあまりお玉でかき回さないようにしましょう。すりごまをパラパラとかけても、香ばしくて美味しいですよ。

今回のまとめ

「ズッキーニはイタリアンでしか食べたことがない」という方も多いのでは?最近よく出回る西洋野菜も、工夫すればおみそ汁の具材としてマッチします。また、今回かぼちゃはスライスで使用しましたが、千切りにしても美味しくいただけます。ぜひ様々なアレンジで、おみそ汁ライフをお楽しみください。

ズッキーニの栄養と効能:旬の野菜百科 - フーズリンク
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zucchini3.htm

カボチャ(南瓜/かぼちゃ)の栄養価と効能:旬の野菜百科 - フーズリンク
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/pumpkin3.htm

【レポート】ニュージーランド産のかぼちゃについて~生産、輸入の動向
http://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_001106.html

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第11回】夏だけの味覚、空芯菜とみょうがのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第11回】夏だけの味覚、空芯菜とみょうがのおみそ汁

露地ものの野菜は、旬の短い季節だけ出回るものが多いです。「空芯菜」もそのひとつ。中華料理で使われることがほとんどですが、もちろんおみそ汁でも美味しくいただけます。今回は夏の香味野菜「みょうが」と合わせて、見た目もお味も爽やかなお椀に仕上げてみました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

夏野菜が店頭に並ぶ季節になりました。次第に気温が上昇するこの時期は、梅雨の湿度も加わり消化機能が低下しがち。ごはんが好きな方は積極的に野菜でビタミンを摂るように心がけましょう。今回は茄子と甘とう、二種の夏野菜を使ったフレッシュなおみそ汁です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

中華食材として使われることの多い「豆苗」。一年中お手頃な価格で手に入り、くせのない味わいで様々なお料理に利用できます。発芽する際に生成される希少な栄養素が豊富で、美容にも役立つアンチエイジングの強い味方。ぜひおみそ汁で美味しくお召し上がりください。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。