【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

中華食材として使われることの多い「豆苗」。一年中お手頃な価格で手に入り、くせのない味わいで様々なお料理に利用できます。発芽する際に生成される希少な栄養素が豊富で、美容にも役立つアンチエイジングの強い味方。ぜひおみそ汁で美味しくお召し上がりください。


シャキシャキ食感が楽しい!豆苗のおみそ汁

「ごちそう!おみそ汁レシピ」第七回は、シャキシャキ食感が楽しめる「豆苗」です。豆苗はえんどう豆(グリーンピース)から発芽した葉と茎で、成長したものをさやごと食べるのが「さやえんどう」や「スナップえんどう」。親戚の赤えんどう豆は、みつ豆など和菓子にも使用されます。日本には昭和中期に中国から伝わった、まだ歴史の新しいお野菜です。

買うときは葉の色をチェックして

豆苗を買うとき、気をつけたいのが鮮度。ほとんどのものは根がついたままパック詰めにされていますが、もし根が切られている場合は日持ちが短いので、すぐに使い切るようにしてください。
また、葉の色も鮮度を見極める大切なポイント。緑の色が鮮やかで、茎がしっかり張っているものを選びましょう。古くなると葉の色が黄ばんで茎もしんなりしてきます。野菜室に入れるときは立てた状態で、重圧がかからないよう保管してください。

なお、豆苗の根は切り離した後に再び収穫が可能です。その場合、茎に小さな若葉が出ている部分まで長めに残すとうまく成長します。水栽培でも数日で新芽が出ますが、しっかりした茎にするなら、やわらかく耕した土に植える方がよいでしょう。

女性に嬉しい栄養がたっぷり

豆苗は発芽の際に生成される希少な栄養を含有しており、わずか約50gで成人女性が一回の食事で必要なビタミンKと、ビタミンA、葉酸、ビタミンCの70%以上を摂ることができます。

特にビタミンKは、骨粗しょう症になりやすい更年期以降の女性には、積極的に摂ってほしい骨を丈夫にするビタミン。また、細胞の代謝を促進する葉酸は妊娠・授乳期の女性に不可欠と言われており、女性にとって豆苗は天然のサプリメントのはたらきをしてくれる、とても優秀な野菜なのです。

さらに、ごはんやパンなどの炭水化物に不足しがちなβカロテンがトマトの約3倍。ビタミンB2はにんじんの約7倍も含まれ、おみそ汁として摂ることで、栄養バランスの調整やアンチエイジングにも役立ってくれます。

「豆苗のおみそ汁」レシピ

では、作り方です。豆苗は豆独特の匂いがありますので、それを消すために少量の玉ねぎをプラスしました。白ねぎの細切りや、青ねぎの小口切りでも美味しく作れます。
切るときはキッチンはさみが便利ですよ!

手順

1.豆苗の茎と根を切り離します

豆苗は根がついたまま流水でざっと洗い、振って水分を落とします。根を切り離すのは包丁でもいいですが、豆が絡まって切りにくい部分があります。その場合は、キッチン用のはさみで切るとかんたんです。

2.玉ねぎはごく少量をスライス

豆苗1パックに対して、中くらいの玉ねぎ1/4個分を薄くスライスします。これで約4~5人分のおみそ汁になります。

3.先にたまねぎを煮ます

お鍋にお出汁を入れて火にかけます。小さく沸騰してきたら玉ねぎのスライスを入れ、2分ほど煮ます。

4.豆苗はさっと火を通せばOK

玉ねぎが煮えたら豆苗を入れ、1分ほど煮たら火を止めます。

5.お味噌を溶いて仕上げます

お味噌を溶きいれ、もう一度火にかけます。沸騰直前で火からおろしたら出来上がり。豆苗は細いので、すぐに火が通ります。煮すぎるとシャキシャキした歯ざわりがなくなりますので、短時間で仕上げてください。

米と麦の合わせ味噌を使用しました。豆苗は甘口のお味噌によく合います。

今回のまとめ

苗やもやし、スプラウトなどは、種(豆)から発芽する際のエネルギーを豊富に蓄えています。ぜひいろいろなお料理に取り入れて、健康増進や美容に役立ててください。カロリーも低く、食物繊維がお腹をすっきりさせてくれます。ごはんが大好きな方は緑色の健康野菜をプラスして、バランスの良い食生活をめざしましょう。

豆苗研究会(豆苗の栄養)
http://www.murakamifarm.com/myouken/know/nutrition/

日本食品標準成分表2015年版(七訂)(抜粋)
https://www.alic.go.jp/content/000138414.pdf#search=%27%E4%BA%94%E8%A8%82%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%A8%99%E6%BA%96%E6%88%90%E5%88%86%E8%A1%A8

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

寒さが本格的になってきました。この時期は冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時、積極的に摂りたいのが「ねぎ」です。ねぎは栄養価が高く、血行促進効果の高い香味野菜。今回はお鍋に使った白ねぎの残り、「葉先」の部分でおみそ汁を作りました。体が芯から温まるので、風邪のひき初めにもぴったりです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

冬の具だくさんおみそ汁というと、豚汁が思い浮かぶ方も多いでしょうが、鮭と野菜の「石狩汁」もおすすめです。鮭の切り身で作る鍋物「石狩汁」を一椀仕立てにしたもので、気軽に美味しく作れます。体が温まり野菜の栄養で体調も整えてくれる、バランスの良い一品ですので、ぜひ鮭の美味しい秋冬に召し上がってください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

あったか鍋物が美味しい季節になってきました。たくさん野菜が摂れるので、冬の健康メニューとしてもおすすめです。中途半端に残った野菜は、翌朝のおみそ汁に活用しましょう。今回はすき焼きなどによく使用する「焼き豆腐」と「春菊」を組み合わせてみました。独特の香りが朝の気分をすっきりさせてくれますよ。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

朝夕がひんやりしてきました。暖かい食べ物が美味しくなる季節です。熱々の汁物を食事に添えて、たっぷりの野菜で栄養補給しましょう。今回はこれから旬を迎える「れんこん」のおみそ汁。調理法によって食感が大きく変化する楽しい食材です。栄養価も高いので、子どもさんにもおすすめです。


最新の投稿


新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」は、令和元年12月2日(月)から令和2年3月31日(火)の期間、全国の飲食店情報を掲載するグルメサイト「食べログ」とコラボレーション企画を実施します。素材までこだわる「大切な日に利用したいお店」。そんな各店の粋を体感してください。


【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第66回は「ざる上げのデメリット」についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

寒さが本格的になってきました。この時期は冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時、積極的に摂りたいのが「ねぎ」です。ねぎは栄養価が高く、血行促進効果の高い香味野菜。今回はお鍋に使った白ねぎの残り、「葉先」の部分でおみそ汁を作りました。体が芯から温まるので、風邪のひき初めにもぴったりです。


木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。