【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

きのこのおみそ汁は定番ですが、西洋きのこの「マッシュルーム」で作っても美味しいのをご存知でしょうか。今回はホワイトとブラウン、2色のマッシュルームに、アスパラガスで緑のアクセントを加え、味わいは和風、見た目は洋風のおみそ汁に仕立てました。


コロンとかわいい!マッシュルームのおみそ汁

「ごちそう!おみそ汁レシピ」第六回は、西洋料理ではおなじみの「マッシュルーム」です。コロンとかわいいフォルムと、独特の歯ごたえ。生でも食べられる食材なので、さっと火を通すだけでOK。忙しい朝にもぴったりです。ビタミンや食物繊維が豊富なので、ごはんの炭水化物と一緒に摂ることで、より燃焼効率がアップ。むくみの解消も期待できます。

ホワイトとブラウンの違いは?

一昔前はマッシュルームといえばホワイトでしたが、最近はブラウンマッシュルームをよく見かけるようになりました。この二つは、色だけでなく食感や風味にも違いがあります。

ホワイトマッシュルーム

やわらかな食感でクセがないので、サラダなど生食にも向いています。ブラウンに比べるとやや日持ちが短いので、購入したら早めに食べきるようにしましょう。

ブラウンマッシュルーム

かさが茶色く軸が白いマッシュルーム。ホワイトよりも肉質が固く、香りも強め。加熱に強く、シチューなど煮込み料理にも活躍します。

この他、オフホワイト種やクリーム種、かさの直径が10㎝以上ある「ジャンボマッシュルーム」など、様々な種類があります。

ダイエットの強い味方です

マッシュルームは他のきのこと同じく低カロリー(100gあたり11カロリー)で、ダイエット中の方には強い味方。しかも高たんぱくで、ビタミンB群や食物繊維など、美容に役立つ栄養素をたっぷり含んでいます。

むくみにはたらく「カリウム」豊富!

マッシュルームの栄養素の中で、注目したいのが「カリウム」。体内の余分な水分を排出するはたらきがあり、女性に多い「むくみ」に効果があると言われています。また、カリウムは水分をため込むナトリウムを排出するはたらきもあり、塩分が過剰に体内に蓄積されるのを防ぐため、高血圧の予防も期待できます。

選ぶときはここをチェック!

マッシュルームを買うときは、かさが開きすぎていないものを選びましょう。表面がなめらかでハリがあり、裏側のひだが白いものが新鮮です。マッシュルームは収穫して日が経つごとに、ひだの裏が黒ずんで軸が伸びてきます。このようなものは、鮮度が落ちてきたしるしです。食べても問題ありませんが、なるべくその前に使い切ってください。

どうしても残ってしまう場合は、冷凍保存もできます。刻んでラップに包み、しっかり空気を抜いてビニール袋へ。このとき酢やレモン汁を振っておくと、解凍した時の変色が避けられます。

かさの裏が黒ずんでいないものを選びましょう。

日数が経過すると、軸が伸びてきます。

「マッシュルームのおみそ汁」レシピ

では、マッシュルームのおみそ汁を作りましょう。
今回はホワイトとブラウンを半々使用し、アクセントとしてグリーンアスパラを加えました。いんげんや枝豆などでも代用できます。きれいな彩りに仕上げると、食欲もアップしますよ。
コロンとかわいいフォルムを生かして、厚めのスライス、または半割りにしましょう。

手順

1.さっと汚れを取り除きます

マッシュルームの軸についている黒い粉は、栽培時に培養土として使用されるピートモスです。さっと水で流してペーパータオルで水分を取るか、濡れ布巾で取り除いてください。きのこ類は水分を吸いやすいため、水の中につけて洗うことは避けましょう。

2.軸を残すと美味しさアップ

かさの部分から出た軸をカットします。手で引っ張るともげますが、軸に旨味があるので残しておいた方が美味しくいただけます。
切り方は、細かく刻んでしまうとせっかくの形が生かせませんので、厚めのスライスか半割りがいいでしょう。

3.煮すぎると縮むので注意して

お鍋に人数分のお出汁を入れ、火にかけます。沸騰したらマッシュルームを入れ、弱い沸騰が続く火加減で3分ほど煮ます。ここで煮すぎると水分が出て縮んでしまいますし、食感も失われますので注意してください。

4.きのこと相性のいい辛口のお味噌で

マッシュルームに火が通ったら、お味噌を溶きいれます。今回はきりっとした風味の仙台味噌を使用しました。色の濃いお味噌なので、マッシュルームの白さがきれいに出ます。お味噌が溶けたら、もう一度沸騰直前まで火にかけ、あらかじめ茹でてカットしておいたグリーンアスパラを加えます。冷凍の物を使用すると、少量だけ使えて便利です。

やや辛口の仙台赤みそを使用しました。マイルドな合わせ味噌もよく合います。

今回のまとめ

本来のマッシュルームの旬は、秋から冬にかけてですが、近年は一年中安定して市場に出回るようになりました。
サラダやシチューなど洋風の料理に使うイメージのあるマッシュルーム。
ぜひ、ごはんとおみそ汁でもお試しください。
弾力のある独特の食感は、きっとお気に入りになりますよ!

ミツクラ農林「マッシュルームの豆知識」
http://www.mitukura-nourin.com/knowledge/

野菜情報サイト野菜ナビ「マッシュルーム」
https://www.yasainavi.com/zukan/mushroom.htm

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第10回】実は親戚、ズッキーニとかぼちゃのおみそ汁

いよいよ暑さの本番がやってきました!夏バテで食欲が落ちている方も多いのではないでしょうか。でも、そんな時こそしっかり体力のつく食事が大切です。今回は美味しいごはんのお供、おみそ汁で夏の旬野菜「ズッキーニ&かぼちゃ」をたっぷりいただくアイデアをご紹介します。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

【ご馳走!おみそ汁レシピ第8回】茄子と甘とうのおみそ汁で夏を満喫!

夏野菜が店頭に並ぶ季節になりました。次第に気温が上昇するこの時期は、梅雨の湿度も加わり消化機能が低下しがち。ごはんが好きな方は積極的に野菜でビタミンを摂るように心がけましょう。今回は茄子と甘とう、二種の夏野菜を使ったフレッシュなおみそ汁です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

【ご馳走!おみそ汁レシピ第7回】豆苗のおみそ汁で、発芽パワーをいただき

中華食材として使われることの多い「豆苗」。一年中お手頃な価格で手に入り、くせのない味わいで様々なお料理に利用できます。発芽する際に生成される希少な栄養素が豊富で、美容にも役立つアンチエイジングの強い味方。ぜひおみそ汁で美味しくお召し上がりください。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。