【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

きのこのおみそ汁は定番ですが、西洋きのこの「マッシュルーム」で作っても美味しいのをご存知でしょうか。今回はホワイトとブラウン、2色のマッシュルームに、アスパラガスで緑のアクセントを加え、味わいは和風、見た目は洋風のおみそ汁に仕立てました。


コロンとかわいい!マッシュルームのおみそ汁

「ごちそう!おみそ汁レシピ」第六回は、西洋料理ではおなじみの「マッシュルーム」です。コロンとかわいいフォルムと、独特の歯ごたえ。生でも食べられる食材なので、さっと火を通すだけでOK。忙しい朝にもぴったりです。ビタミンや食物繊維が豊富なので、ごはんの炭水化物と一緒に摂ることで、より燃焼効率がアップ。むくみの解消も期待できます。

ホワイトとブラウンの違いは?

一昔前はマッシュルームといえばホワイトでしたが、最近はブラウンマッシュルームをよく見かけるようになりました。この二つは、色だけでなく食感や風味にも違いがあります。

ホワイトマッシュルーム

やわらかな食感でクセがないので、サラダなど生食にも向いています。ブラウンに比べるとやや日持ちが短いので、購入したら早めに食べきるようにしましょう。

ブラウンマッシュルーム

かさが茶色く軸が白いマッシュルーム。ホワイトよりも肉質が固く、香りも強め。加熱に強く、シチューなど煮込み料理にも活躍します。

この他、オフホワイト種やクリーム種、かさの直径が10㎝以上ある「ジャンボマッシュルーム」など、様々な種類があります。

ダイエットの強い味方です

マッシュルームは他のきのこと同じく低カロリー(100gあたり11カロリー)で、ダイエット中の方には強い味方。しかも高たんぱくで、ビタミンB群や食物繊維など、美容に役立つ栄養素をたっぷり含んでいます。

むくみにはたらく「カリウム」豊富!

マッシュルームの栄養素の中で、注目したいのが「カリウム」。体内の余分な水分を排出するはたらきがあり、女性に多い「むくみ」に効果があると言われています。また、カリウムは水分をため込むナトリウムを排出するはたらきもあり、塩分が過剰に体内に蓄積されるのを防ぐため、高血圧の予防も期待できます。

選ぶときはここをチェック!

マッシュルームを買うときは、かさが開きすぎていないものを選びましょう。表面がなめらかでハリがあり、裏側のひだが白いものが新鮮です。マッシュルームは収穫して日が経つごとに、ひだの裏が黒ずんで軸が伸びてきます。このようなものは、鮮度が落ちてきたしるしです。食べても問題ありませんが、なるべくその前に使い切ってください。

どうしても残ってしまう場合は、冷凍保存もできます。刻んでラップに包み、しっかり空気を抜いてビニール袋へ。このとき酢やレモン汁を振っておくと、解凍した時の変色が避けられます。

かさの裏が黒ずんでいないものを選びましょう。

日数が経過すると、軸が伸びてきます。

「マッシュルームのおみそ汁」レシピ

では、マッシュルームのおみそ汁を作りましょう。
今回はホワイトとブラウンを半々使用し、アクセントとしてグリーンアスパラを加えました。いんげんや枝豆などでも代用できます。きれいな彩りに仕上げると、食欲もアップしますよ。
コロンとかわいいフォルムを生かして、厚めのスライス、または半割りにしましょう。

手順

1.さっと汚れを取り除きます

マッシュルームの軸についている黒い粉は、栽培時に培養土として使用されるピートモスです。さっと水で流してペーパータオルで水分を取るか、濡れ布巾で取り除いてください。きのこ類は水分を吸いやすいため、水の中につけて洗うことは避けましょう。

2.軸を残すと美味しさアップ

かさの部分から出た軸をカットします。手で引っ張るともげますが、軸に旨味があるので残しておいた方が美味しくいただけます。
切り方は、細かく刻んでしまうとせっかくの形が生かせませんので、厚めのスライスか半割りがいいでしょう。

3.煮すぎると縮むので注意して

お鍋に人数分のお出汁を入れ、火にかけます。沸騰したらマッシュルームを入れ、弱い沸騰が続く火加減で3分ほど煮ます。ここで煮すぎると水分が出て縮んでしまいますし、食感も失われますので注意してください。

4.きのこと相性のいい辛口のお味噌で

マッシュルームに火が通ったら、お味噌を溶きいれます。今回はきりっとした風味の仙台味噌を使用しました。色の濃いお味噌なので、マッシュルームの白さがきれいに出ます。お味噌が溶けたら、もう一度沸騰直前まで火にかけ、あらかじめ茹でてカットしておいたグリーンアスパラを加えます。冷凍の物を使用すると、少量だけ使えて便利です。

やや辛口の仙台赤みそを使用しました。マイルドな合わせ味噌もよく合います。

今回のまとめ

本来のマッシュルームの旬は、秋から冬にかけてですが、近年は一年中安定して市場に出回るようになりました。
サラダやシチューなど洋風の料理に使うイメージのあるマッシュルーム。
ぜひ、ごはんとおみそ汁でもお試しください。
弾力のある独特の食感は、きっとお気に入りになりますよ!

ミツクラ農林「マッシュルームの豆知識」
http://www.mitukura-nourin.com/knowledge/

野菜情報サイト野菜ナビ「マッシュルーム」
https://www.yasainavi.com/zukan/mushroom.htm

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

朝夕がひんやりしてきました。暖かい食べ物が美味しくなる季節です。熱々の汁物を食事に添えて、たっぷりの野菜で栄養補給しましょう。今回はこれから旬を迎える「れんこん」のおみそ汁。調理法によって食感が大きく変化する楽しい食材です。栄養価も高いので、子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

いよいよ秋の味覚が市場に出そろい始めました。毎日、おかずを用意するのが楽しくなりますね。秋の食材と言えば「きのこ」が代表的ですが、せっかく旬なので、いつもと違うラインナップはいかがでしょう。今回は「花びら茸」「ひら茸」「ヤマブシ茸」、3種のきのこを取り揃えてみました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

お盆を過ぎると、そろそろ秋の味覚が店頭に並び始めます。山の幸では、さつまいもや松茸が代表的ですが、そのほかにも美味しい秋のご馳走はたくさんあります。今回は、9月ごろから収穫期を迎える「里芋」と「きくらげ」のおみそ汁をご紹介します。二つの異なる食感を、ぜひお楽しみください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

暦の上では秋といっても、まだまだ暑さは本番。ぐったり元気の出ない方も多いのではないでしょうか。そんな時のお助けメニューが「ピリ辛」。今回は煮込み具合で様々な食感が楽しめる「冬瓜」と、ビタミンの宝庫「豚肉」で、ピリ辛のボリュームおみそ汁に仕上げました。ごはんにも相性ぴったりです。ぜひエネルギーをチャージして、残暑に負けないパワーを養ってください。


最新の投稿


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」は、市川海老蔵さんの「第五回自主公演 ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛することが決定しました。 公演は2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)で開催されます。これに伴い、公演期間中、会場内ロビーにて、新潟米「新之助」のプロモーションを実施します!


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

あったか鍋物が美味しい季節になってきました。たくさん野菜が摂れるので、冬の健康メニューとしてもおすすめです。中途半端に残った野菜は、翌朝のおみそ汁に活用しましょう。今回はすき焼きなどによく使用する「焼き豆腐」と「春菊」を組み合わせてみました。独特の香りが朝の気分をすっきりさせてくれますよ。