【お米クイズ】第58回:もち米とうるち米

【お米クイズ】第58回:もち米とうるち米

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第58回はもち米とうるち米についてです。


【第58回】問題:もち米とうるち米

お餅は当然お米から出来ていますが、そのお米は通常は「もち米」と言います。
改めまして…もち米とは、品種の名前ではありません。

お米は実は大きく分けて「もち米」と「そうでない」グループに分けられます。
「もち米」には例えば「こがねもち」「わたぼうし」「こゆきもち」「みやこがね」など様々な品種があります。
いっぽうで「そうでない」グループにはみなさんお馴染みの「コシヒカリ」「ササニシキ」「あきたこまち」「つや姫」といった品種があります。

問題
上記にある「そうでない」に当てはまる言葉はどれでしょうか。
次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.うるち米

イ.げん米

ウ.むせん米

エ.はいが米

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
アの「うるち米」でした!

お米に限らず、麦や粟などでも「もち」「うるち」の違いがみられます。
「もち米」と「そうでない」グループの違いは、そのでんぷんの性質が異なるところからきています。

お米のでんぷんには「アミロース」と「アミロペクチン」という種類がありますが、「もち米」にはアミロースが全く含まれておらずアミロペクチンしか見られません。

お米に関して言うと、うるち米には一般的に約20%のアミロースが含まれています。
これが0%になるともち米なのですが、最近ではこのアミロースの値を少なくするように改良されたうるち米も出てきています。

代表的なものに「ミルキークィーン」や「ゆめぴりか」があります。
これらをお米業界では「低アミロース米」として区別しています。
もち米に近いもっちりとした感触が好きな人には、非常に人気の高いお米です。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第66回は「ざる上げのデメリット」についてです。


目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

目黒不動尊と御門屋の揚げたれ餅でパワー充電!【お米縁起散歩(3)】

関東最古の不動霊場であり、日本三大不動にも数えられる瀧泉寺・通称目黒不動尊。お参り前と後では心持ちが全く変わる、とても「強い」場です。今回はいただいたパワーをさらに高めるべく、揚げたての揚げ餅を食べることができる御門屋へ。お米のパワーもしみじみ感じる縁起散歩ができました。


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


最新の投稿


新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」が、グルメサイト「食べログ」とコラボ!「新之助」が味わえるお店を食べログ特集サイトで紹介!

新潟米「新之助」は、令和元年12月2日(月)から令和2年3月31日(火)の期間、全国の飲食店情報を掲載するグルメサイト「食べログ」とコラボレーション企画を実施します。素材までこだわる「大切な日に利用したいお店」。そんな各店の粋を体感してください。


【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

【お米クイズ】第66回:ざる上げのデメリット

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第66回は「ざる上げのデメリット」についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

寒さが本格的になってきました。この時期は冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時、積極的に摂りたいのが「ねぎ」です。ねぎは栄養価が高く、血行促進効果の高い香味野菜。今回はお鍋に使った白ねぎの残り、「葉先」の部分でおみそ汁を作りました。体が芯から温まるので、風邪のひき初めにもぴったりです。


木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

木村秋則氏栽培の「奇跡のリンゴ」と木村式自然栽培で作られたお米の贈答セット 500セット限定販売!

以前おこメディアでもご紹介しました、農薬も、肥料も一切使わない、木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』が、11月22日より500セット限定で奇跡のリンゴとのコラボレーション販売がスタートしました。農薬を使わないから皮ごと安心して丸かじりできる「奇跡のリンゴ」と、毎日口にするものだからこそ、安全なものを選びたい「お米」の贈答セットです。「いつまでも健康でいてほしい」の気持ちを伝えるのにふさわしい、いつもとはちょっと違う特別な贈り物として500個限定販売中です!


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。