【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。


【第56回】問題:作況指数とは

今回のお米クイズは、「業界編」です。
「業界」と言いましても今回のクイズの内容は一般的によく新聞に出る話ですが…。
毎年、お米が収穫された後に、農水省から「作況指数」なるものが発表されます。
これは10アール当たりの収穫量が、平年の数値と比べてどの程度になっているのか、数字で表したものです。

計算式は【10a当たり収量/10a当たり平均収量×100】というものです。

評価の目安は次の通りです。
良:作況指数106以上
やや良:同102~105
平年並み:同99~101
やや不良:同95~98
不良:同94~91
著しい不良:同90以下

以前より冷害に強い品種の開発や、生産者さんの研究が進んでいるおかげで、年で100を超えている年も多くあります。
それでも自然相手の産業ですから、不作の年はあります。
近年で記憶に新しいのは「平成の大凶作」と言われた、1993年があります。

問題
この年の作況指数はどの程度だったでしょうか。
次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.90

イ.74

ウ.53

エ.25

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
イの「74」でした!

東北地方を中心におこった冷害によりお米の収量が極端に低くなったためお米が足りなくなり、急きょ外国からお米(タイ米等)を輸入したほどでした。当時、タイ米の評判はあまり良くなかったため、日本のお米の値段が急騰し、また日本のお米を買うためにお米屋さんに行列が出来たほどでした。この年を境に、冷害に弱かったササニシキを栽培する人が減り、代わりにひとめぼれの収穫量が上がってきたのです。

作況指数自体は、実際にお米を仕入れている立場からすると、言うほど現場では収穫できていないという話を聞きます。一つには「網目」の大きさの違いです。お米は農産物ですから、すべての米粒が食卓にのぼるわけではなく、出来の悪い粒は食卓に上らないような仕組みになっています。生産者さんレベルで収穫したお米を網でふるいにかけ、粒の大きさを揃えます。最近では1.85ミリや1.9ミリの網目でふるった米粒しか出していないという生産者もいますが、いっぽうでこの「作況指数」の調査の場合は、1.7ミリの網目を使用しています。仮にいくら作況指数が良くても1.9ミリの網でふるったらあまり網に残らなかった、となると、実は生産者さんが出荷するお米の量は減ってきてしまうわけです。

このように発表数字のみを鵜呑みにするわけにはいきませんが、しかし大体の傾向はつかめると判断してもいいでしょう。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【お米クイズ】第55回:お米の消費量

【お米クイズ】第55回:お米の消費量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第55回はお米の消費量についてです。


【お米クイズ】第54回:炊き増えについて

【お米クイズ】第54回:炊き増えについて

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第54回は「炊き増え」についてです。


若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

渋谷駅から徒歩10分のキャットストリート渋谷側にある、ライスバーガー専門店です。お米の新しい形を提案することをコンセプトに作られたライスバーガーや、店内で製造されたポン菓子も楽しめるお店です。 デザイン会社さんが母体となっており、渋谷らしく新しいコンセプトとアプローチが特徴です。


【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第53回はお米の収穫量「反収」についてです。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。