【ご馳走!おみそ汁レシピ第5回】「ブロッコリーの茎とたけのこ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第5回】「ブロッコリーの茎とたけのこ」のおみそ汁

お弁当に、付け合わせに、大活躍のブロッコリー。「茎」は茹でてマヨネーズで食べるだけ…という方も多いと思われますが、刻んでおみそ汁の具にすると美味しくいただけます。今回は旬の「たけのこ」と合わせて、春の香りいっぱいのおみそ汁に仕上げました。


隠れたグルメ野菜「ブロッコリーの茎」は捨てずにもう一品!

「ごちそう!おみそ汁レシピ」第五回は、隠れたグルメ野菜「ブロッコリーの茎」にスポットを当ててみました。茎の部分は茹でるとアスパラガスに似た独特な歯ざわりになり、サラダにしても美味しいですが、おみそ汁にも非常によく合います。「今まで捨てていた」という方、それはもったいない!ぜひこのレシピで1品多く食卓に並べてください。

ブロッコリーは品種改良野菜

ブロッコリーはアブラナ科の緑黄色野菜。キャベツの原種がイタリアで品種改良され、今のような姿になったと言われています。ふだん私たちが食べている部分は花のつぼみで、和名は「メハナヤサイ」「ミドリハナヤサイ」といいます。

日本に初めて入ってきたのが明治初期、本格的に栽培されるようになったのは戦後ですから、わが国では比較的歴史の浅い野菜だといえます。なお、ブロッコリーはそのまま自然に育てると、黄色い花をびっしりと咲かせてボールのように丸くなります。食べるのもいいですが、かわいらしいお花も見てみたいものですね。

すごい栄養成分が含まれています

一時期話題になった「ブロッコリースプラウト」。これはブロッコリーの芽のことで、発がんを抑える「スルフォラファン」という成分が豊富に含まれているため、健康野菜として研究が進んでいます。芽には劣りますが、「スルフォラファン」はつぼみや茎にも含まれており、切って数分ほど空気にあてると、酵素が活性化して成分のはたらきが強まるとも言われています。

また、ブロッコリーはビタミンCやβカロテンの含有量がとても高く、野菜の中ではトップクラスの栄養価を誇ります。特に茎の部分には食物繊維も多いため、上手に調理して残さず食べるよう心がけましょう。ビタミン類はごはんの炭水化物をエネルギーに変えてくれるので、肥満が気になる方にもおすすめです。

「ブロッコリーの茎のおみそ汁」レシピ

上手なむき方と切り方

まず、最初に皮をむきます。ブロッコリーの茎は葉を切り落とした跡の突起があり、そのままではむきにくいので、包丁で手を切らないよう注意してください。かんたんな剥き方は、まず横ふたつに切ってまな板に立てます。それをしっかり手で支え、真上から縦にそぐように皮を落としていくとうまくいきます。

なお、ブロッコリーの茎は繊維の方向に沿って切るかどうかで食感が変わります。さくっとした食感を残したいときは、繊維の方向にさからわず切ってください。今回は繊維の方向に沿って、拍子切りとせん切りの中間くらいの太さに切りました。

具材の加熱時間を計算しましょう

では、お出汁を火にかけましょう。沸騰寸前で具材を投入するまでは、ふだんのおみそ汁と同じです。ブロッコリーの茎は火の通りが早いので、合わせるものによっては先に煮た方がよい場合があります。今回、たけのこは水煮を使用しましたので、ブロッコリーより後に入れました。

手順

1.ブロッコリーの茎は約1分でOK

ブロッコリーの茎を約1分ほど加熱したらたけのこを加え、温める程度で火を止めます。ちなみに、写真のたけのこは穂先だけを使っていますが、中央や根元を使う際はブロッコリーの茎と同じ大きさに切りそろえると口当たりがよくなります。

2.味噌をとく

火を止めた状態で味噌を溶きいれ、最後に再び沸騰寸前まで火を入れたら出来上がりです。今回のお味噌は、コクのある越後のこうじ味噌を使用しました。精白された丸米を使って作られるお味噌で、コクのあるまろやかな味わいは、さすが天下の米どころ。淡白なブロッコリーやたけのこの風味を引き立てます。

たけのこの水煮について

年中手に入る便利な水煮のパック。ご使用の際は必ずパック内の水を捨て、きれいな水で洗ってください。中には保存料の味が付着しているものがあり、苦みやえぐみを感じる場合があります。その場合はいったん茹でこぼしてください。

今回のまとめ

栄養豊富で美味しいブロッコリーの茎。調理法のレパートリーが増えると、茎とつぼみ、ふたつのメニューが作れてお得です。おみそ汁の具材を合わせるときは、色だけでなく食感のバランスも考えて選ぶとうまくいきますよ。ぜひセンスを発揮して、オリジナルのおみそ汁を楽しんでください。

Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC

スルフォラファン
https://fytte.jp/healthcare/24318/

食材図鑑
https://hachimenroppi.com/topics/wiki/details/107

語源
http://yain.jp/i/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連するキーワード


ブロッコリー たけのこ

最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。