【ご馳走!おみそ汁レシピ第2回】春の味覚「せり」でヘルシーおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第2回】春の味覚「せり」でヘルシーおみそ汁

春の七草にも数えられる「せり」。早春を告げる香味野菜のひとつです。すっきりした風味は、おみそ汁の具材としても昔から好まれてきました。熱に弱いため、調理にはちょっと一工夫が必要です。今回は「せりのおみそ汁」の、失敗しない作り方をご紹介します。


春の味覚・せりのおみそ汁で体調も整えましょう

「ごちそう!おみそ汁レシピ」第二回は、さわやかな香りが春を運ぶ香味野菜「せり」の登場です。おいしくごはんを食べるためには、栄養のバランスにも注意したいところですが、食物繊維たっぷり、胃腸の調子も整えてくれるせりは、炭水化物と好相性。ごはんのお供として、積極的に取り入れたい優秀野菜です。緑の色も鮮やかで、食卓を華やかにしてくれますよ。

せりの「旬」は年末から4月ごろ

せりの旬は12月から4月。俳句の季語でも春、とりわけ早春の光景を詠む歌にふさわしい、フレッシュな香りの春野菜です。近年では水耕栽培が発達し、一年中スーパーなどで売られるようになりましたが、やはり自然の中で育った旬のせりは格別です。

ちなみに、せりを使った代表的な料理である秋田の「きりたんぽ鍋」では、地元の方いわく「必ず根を入れないといけない」そうです。なぜなら、せりの根は茎や葉より香りが強く、お鍋の風味をよくしてくれるため。もし根のついたせりが手に入ったら、ぜひ捨ててしまわずにお料理に利用してみてください。

香味の正体はアロマオイル成分

芳香成分「オイゲノール」とは

せりの独特な香味は「オイゲノール」という成分によるもの。実はこのオイゲノール、クローブ(丁子)やシナモンにも含まれるアロマオイル(精油)成分のひとつなのです。
オイゲノールを含む植物には様々な薬効があると言われ、古くから民間治療に使用されてきました。昨今の研究では、抗菌作用、抗ウイルス作用、鎮痛作用、防虫作用などがあると言われています。

東洋医学では「薬草」として扱われます

東洋医学の世界においてもせりは薬草として扱われ、古代中国の本草書「神農本草経」には、「水芹(すいきん)は婦人の赤沃(血尿)を治し、血を止め、精を養い、血脈を保ち、気を益し、人体を肥健ならしめ、食を嗜(たしな)ましめる」と記述されているそうです。

「せりのおみそ汁」レシピ

熱で香りが飛びやすいので注意

では、おみそ汁のレシピです。せりは個性が強いので、慣れない方は単独で使った方が失敗しません。最も避けたいのは香りの強いもの同士。香りがけんかして台無しになるので、クセの強くないものから試してみてください。今回はせりオンリーのおみそ汁にしました。すっきりしてごはんによく合いますよ。

手順

1.根がついていたら丁寧にほぐします

まずはせりを洗います。葉がちぎれやすいので、そっとやさしく。もしも根がついていたら、ボウルの水の中でていねいにほぐして、細かいごみや泥を取り除きます。洗いあがったら、ざるなどに乗せて水を切ります。

2.根、茎、葉に分けて切ります

まな板にせりを置き、根、茎、葉ごとに切り分けます。それぞれお鍋に入れるタイミングが違いますので、混ざらないようにしておきましょう。
葉の部分だけ、さらに手で適当な大きさにちぎって分けておくと食べやすいです。

3.先にお出汁にお味噌を溶いておきます

お鍋に人数分のお出汁を入れ、火にかけます。沸騰直前で火を止め、お味噌を溶きいれ味を調えておきます。
通常ならお出汁で具材を煮て、仕上げにお味噌を溶きますが、せりは一瞬で煮えてしまうため、先に味付けを済ませて最後に入れた方が、味も仕上がりもよくなります。

使ったお味噌はこちら。きりっとした辛口の仙台味噌です。さらりとした口あたりで、せりの芳香を生かします。

4.せりを部位ごとに時間差で投入

せりの準備が整ったら、おみそ汁を再度火にかけ、沸騰直前になったら根の部分だけを入れます。10秒数えて、こんどは茎の部分を入れ10秒で火を止めます。その後、葉の部分を入れてさっと混ぜたら出来上がりです。

葉を入れたらすぐに器へ盛り付け

葉を入れた後は、間髪入れずに器に盛りつけ素早く食卓へ。熱でどんどん香味が飛ぶため、せりの料理は時間との勝負です。時間が経過すると色も悪くなりますので、作ったらその場で食べきるようにしましょう。

せりはビタミンや栄養が豊富

せりは抗酸化作用が高いビタミンCや、ミネラル、βカロテンが豊富。そのため、ごはんの炭水化物と合わせて食べることで、相乗作用が生まれてエネルギー消費が促進されます。ぜひ、緑の野菜パワーでより効率の良い栄養摂取をめざしてください。

今回のまとめ

昔は水のきれいな川べりに自生していたせりですが、今は護岸工事で見かけなくなりました。夏には白い小さな花を咲かせ、目を楽しませてくれます。田舎の川で見られるかもしれませんので、ぜひ機会があれば探してみてください。

薬効について:春の七草 セリ
https://www.uchidawakanyaku.co.jp/saijiki/201001.html

オイゲノール 薬効
https://aroma-guide.net/seibun/eugenol.html

薬効について・がん予防
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/seri3.htm

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

おいしいお出汁(だし)をマスターしたら、毎日のおみそ汁とごはんがご馳走に。今回はおみそ汁の基本となる、いりこ出汁の超かんたんレシピや、かつお、昆布、しいたけなど、それぞれのお出汁の特徴をご紹介します。お出汁は冷凍保存も可能なので、1回分ずつ分けて冷凍すれば忙しい朝も手間いらずですよ。


【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

西武新宿線の上石神井駅から徒歩3分程の場所にある「カフェコメコ」は、米粉を使用した豊富なメニューを楽しむことができます。ヘルシーでおいしくてボリュームも満点なランチメニュー、米粉スイーツ、キッズメニューや女子会向けのコース料理など、ランチ・カフェ・ディナーと色々な楽しみ方ができるのは魅力的。米粉料理を堪能しに、訪れてみませんか?


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

「いつまでも健やかで美しくいたい」誰もが願うことだと思います。これを日常生活の中で気軽に取り入れることが出来ないか?と考えると、やはり食で取り入れるのが簡単かもしれません。早速Daisyが食材を吟味し、抗酸化作用たっぷりのアンチエイジングごはんを作ってみましたのでレポートします!


最新の投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

「ごはんの魅力を眠らせない。」をコンセプトに、東京表参道で過去5回開催してきた、株式会社honshokuが企画する「ごはんフェス」がららぽーと新三郷で開催 されます!全国から厳選したご飯のお供やお米に関する商品のマルシェやお米マイスターとお弁当コンサルタントによるワークショップの開催、日本各地の食材をアレンジしてオーダーメイドのおむすび屋「山角や」によるキッチンカー販売が行われます。ららぽーと新三郷で、お米の魅力を存分にお楽しみください!ららぽーとでの開催は初です!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。