日本のごはん神事まとめ

日本のごはん神事まとめ

日本人が古来から食べ続けてきたお米は、まさに生きるための糧として大切にされてきました。 豊作を祈り、お米が食べられることに感謝する様々な儀式や風習などが全国各地で神事として営まれています。その代表的なものをまとめました。


祈年祭(きねんさい)

祈年祭は五穀豊穣を祈るお祭りで、毎年2月17日に行われます。神社で最も重要なお祭りのひとつ。愛知県の熱田神宮では毎年3月に催されています。

熱田神宮では、本宮、別宮をはじめ、全ての摂社末社で一年の五穀豊穣を祈願する祈年祭が執り行われます。この春の祈年祭と秋の新嘗祭は、古くから特に稲作に関わるお祭りとして全国の神社で斎行されています。

祈年祭(きねんさい)
開催日:3月17日
場所:熱田神宮

写真提供:熱田神宮

播種祭(はしゅさい)

播種祭(はしゅさい)は、神饌田(しんせんでん)に籾種を播く神事です。京都の伏見稲荷大社では、毎年4月12日に水口播種祭が行われます。籾種がまかれる時は、神楽女による『水口播種祭歌』が奏されます。

水口播種祭歌
阿戸(あと)まつり 阿戸まつり
阿奈(あな)しづけさや 斎種(ゆだね)をおろす みずのおと
御代(みよ)平穏(おだい) 御代平穏 天(あめ)の下(した)平穏(おだい)

水口播種祭(みなくちはしゅさい)
祭典日:毎年4月12日
場所:伏見稲荷大社

御田植祭(おたうえまつり)

御田植祭(おたうえまつり)は、毎年4月初旬に寺社や皇室の領田で行われる行事です。千葉県香取神社では、一日目は耕田式、二日目は田植式が「田植え歌」を唄いながら行われています。

その年の五穀豊穣を祈る御田植祭は通称「かとりまち」ともいわれ、大阪住吉大社・三重伊勢神宮とならび日本三大御田植祭の一つに数えられる。

御田植祭(おたうえまつり)
開催日:例年4月第1土曜日と翌日の日曜日
※土曜日は耕田式、日曜日は田植式で、午年は日曜日のみ開催
会場:香取神宮

雨乞い祭(あまごいまつり)

雨乞い祭は、7月から8月に行われる雨の恵みを祈るお祭りです。埼玉県鶴ヶ島市脚折地区では、古くから伝わる「脚折雨乞(すねおりあまごい)」が行われています。巨大な龍神を300人の男たちが担いで練り歩きます。

脚折雨乞は国選択無形民俗文化財、市指定無形文化財に指定される江戸時代から継承されてきた行事です。脚折雨乞の特徴は、長さ36メートル、重さ3トンもある「龍蛇(りゅうだ)」を作って雨乞いを行うことです。

脚折雨乞(すねおりあまごい)
開催日:8月(4年に1度)
場所:埼玉県鶴ヶ島市脚折地区

抜穂祭(ぬいぼさい)

抜穂祭(ぬいぼさい)は、大切に育てた稲穂を刈り取る神々に感謝するお祭りです。毎年9月から10月の間に全国の神社で開催されている重要な神事のひとつ。福岡県の大宰府天満宮では「斎田抜穂祭」という名称で10月中旬に行われています。

斎田抜穂祭(さいでんぬいぼさい)
開催日:毎年10月中旬
場所:太宰府天満宮

5月1日の播種祭、6月中旬の御田植祭より斎田で大切に育てられてきた稲穂を刈り取り、神々に収穫を感謝する神事です。収穫されたお米は、11月23日に御本殿で斎行される「新嘗祭」にて最初にお供えされます。

新嘗祭(にいなめさい)

新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)は、毎年11月23日に全国の神社で行われる宮中祭祀のひとつ。収穫された新穀を神に奉り、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄をお祈りする重要なお祭りです。東京の神田明神でも毎年行われています。

新嘗祭とは年毎の11月、宮中及び全国の神社で行われる神事。豊作を祈願する祈年祭(春大祭)に対し、収穫を感謝し最初にとれた初穂を神前に奉納する古来よりの神事です。

新嘗祭
開催日:毎年11月23日前後
場所:神田明神

相撲

日本の国技である相撲も豊作を祈るための儀式でした。土俵入りなどの際の「四股(しこ)」を踏む動作は、大地を踏むことで厄や害虫などによる災いを追い払い、豊作をもたらす田の神の力が消えないようにするという意味があったそうです。

相撲は神事としての性格が不可分である。 祭の際には、天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁等を願い、相撲を行なう神社も多い。そこでは、占いとしての意味も持つ場合もあり、二者のどちらが勝つかにより、五穀豊穣や豊漁を占う。そのため、勝負の多くは1勝1敗で決着するようになっている。

この記事のライター

世田谷区在住のWEBクリエイターです。
出産を機にご飯のおいしさに目覚め、正月を除く364日朝はごはんと味噌汁です。

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング