【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

おいしいお出汁(だし)をマスターしたら、毎日のおみそ汁とごはんがご馳走に。今回はおみそ汁の基本となる、いりこ出汁の超かんたんレシピや、かつお、昆布、しいたけなど、それぞれのお出汁の特徴をご紹介します。お出汁は冷凍保存も可能なので、1回分ずつ分けて冷凍すれば忙しい朝も手間いらずですよ。


【はじめに】おみそ汁に合うお出汁を知ろう

「ご馳走!おみそ汁レシピ」第一回は、おみそ汁のベースとなる「お出汁」のお話です。

ごはんのパートナーと言えば、やはり「おみそ汁」。栄養たっぷりの発酵食品「味噌」と野菜の組み合わせは、健康や美容の面からも優秀です。
このコーナーでは、季節の食材を使ったおみそ汁レシピや、より美味しくいただくアイデアをご紹介します。ぜひおみそ汁のバリエーションを増やして、毎日のお献立にお役立てください。

どんな種類のお出汁があるの?

おみそ汁を作るとき、どんなお出汁を使っていますか?
同じ具材でも、お出汁とお味噌が変われば味は大きく違います。ぜひその特徴を生かして、美味しい組み合わせを発見してください。

いりこ出汁

最も一般的におみそ汁に使用されているのが「いりこ」です。
まるごとの魚から出る濃い旨味が特徴で、味噌との相性が抜群。地方によっては「煮干し」とも呼ばれ、原料はカタクチイワシが主ですが、マイワシなども使用されることがあります。また、アジやトビウオ、鯛などもいりこに加工されることがあり、それぞれの風味の違いを楽しむことができます。

かつお出汁

上品で香り高いお出汁を好まれる方には、かつお出汁が人気です。
多くの場合、昆布と合わせて使われることが多く、手軽なだしパックもスーパーで手に入ります。もし、ご家庭で削り節からお出汁を取る際には、できるだけ新鮮なものを使うのが美味しく作るコツ。かつお節は削ってしまうとお味の劣化が早く、臭みが出やすくなってしまいます。

精進出汁

もともとはお寺の精進料理に使用される、植物原料のみで作られたお出汁です。
最近はベジタリアンの方が増え、急速に需要が高まっています。用いられるものは、昆布をはじめとした海藻類、干し椎茸、豆や乾物など様々で、あっさりとして淡白な風味が野菜の持ち味をいかし、自然な甘みを引き出すと言われます。

【基本】いりこ出汁(水出汁)のレシピ

おみそ汁によく合う、いりこ出汁の取り方をご紹介します。
粉末の出汁の素も手軽でいいですが、やはりひと手間かけたお出汁は、香りもお味も格別です。今回は冷蔵に入れておくだけで出来上がる、かんたん「水出汁」の作り方をご紹介します。

4人分の目安です。

手順

1.
蓋の閉まる容器にいりこを入れ、水を注いで冷蔵庫に5~6時間置きます。分量の目安は、いりこひとつまみに対し水100~120mL。少量の昆布を足すと、旨味がグーンとアップします。

2.
水に浸したいりこを冷蔵庫から取り出し、目の細かいザルでこしたら出来上がり。濃厚な旨味成分が凝縮された、とても贅沢なお出汁です。煮出さないため魚の臭みも気になりません。ただし、傷みやすいのですぐに使い切るようにしましょう。

3.
もっと丁寧に作るなら、水に浸す前にいりこの頭と内臓を取り除き、手で裂いておくと、すっきり雑味のないお出汁になります。

【応用】パンチのある、煮出しいりこ出汁のレシピ

水出汁は美味しいエキスの上澄みを取る方法ですが、いりこの味をまるごと味わいたい方には、煮出しがおすすめです。水出汁より時間がかからないので、すぐに使いたいときにも便利です。

手順

1.
いりこは、頭と内臓を取り除き手で裂きます。煮出すときには必ずこの下処理を行ってください。そのままですと、苦みと魚臭さが出てしまいます。

2.
いりこひとつまみに対し、水180~200mLの目安で鍋に入れ、30分~できれば1時間浸します。昆布を少量加えると、より美味しいお出汁になります。

3.
鍋をやや強めの中火にかけます。昆布を入れた場合は沸騰直前で引き上げ、沸騰したら中火に落として、アクをすくいながら10分ほど煮出します。

4.
ザルでこしたら出来上がり。いりこを入れたままおみそ汁に調理するご家庭もあるようです。

いりこの豆知識

いりこには大きさのランクがあり、小さいものから順にちりめん、かえりちりめん、小羽、中羽、大羽と呼び名が変わります。販売店によっては、さらに細分化された呼称がある場合も。

この中でお出汁に適しているのは、かえりちりめん以上。大きくなるほどお味が濃厚で力強くなるため、具材や味噌との調和を考えて選ぶようにしましょう。

ちなみに、お正月にいただく「田作り」もいりこの仲間。いりこは釜で茹でて干しますが、田作りは茹でずにそのまま日干しにしたものをいいます。これら小魚の丸干しは「イノシン酸」という旨味成分を豊富に含有するため、コクのあるしっかりとしたお出汁が取れるのです。

今回のまとめ

おみそ汁は美味しいだけでなく、冷蔵庫の余り野菜を食べきるのにも役立つメニュー。保温ジャーに入れてお弁当のおともにもぴったりです。近年の研究では、脂肪燃焼や美容効果も注目されているそうで、ごはん派には嬉しい限りですね。

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

朝夕がひんやりしてきました。暖かい食べ物が美味しくなる季節です。熱々の汁物を食事に添えて、たっぷりの野菜で栄養補給しましょう。今回はこれから旬を迎える「れんこん」のおみそ汁。調理法によって食感が大きく変化する楽しい食材です。栄養価も高いので、子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第17回】秋満開!「3種のきのこ」のおみそ汁

いよいよ秋の味覚が市場に出そろい始めました。毎日、おかずを用意するのが楽しくなりますね。秋の食材と言えば「きのこ」が代表的ですが、せっかく旬なので、いつもと違うラインナップはいかがでしょう。今回は「花びら茸」「ひら茸」「ヤマブシ茸」、3種のきのこを取り揃えてみました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第16回】素朴な山の幸「里芋ときくらげ」のおみそ汁

お盆を過ぎると、そろそろ秋の味覚が店頭に並び始めます。山の幸では、さつまいもや松茸が代表的ですが、そのほかにも美味しい秋のご馳走はたくさんあります。今回は、9月ごろから収穫期を迎える「里芋」と「きくらげ」のおみそ汁をご紹介します。二つの異なる食感を、ぜひお楽しみください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

暦の上では秋といっても、まだまだ暑さは本番。ぐったり元気の出ない方も多いのではないでしょうか。そんな時のお助けメニューが「ピリ辛」。今回は煮込み具合で様々な食感が楽しめる「冬瓜」と、ビタミンの宝庫「豚肉」で、ピリ辛のボリュームおみそ汁に仕上げました。ごはんにも相性ぴったりです。ぜひエネルギーをチャージして、残暑に負けないパワーを養ってください。


最新の投稿


【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

【お米クイズ】第64回:5キロ袋のお米粒の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第64回は「5キロ袋のお米粒の数」についてです。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」が、市川海老蔵さん 第五回自主公演協賛決定!ロビープロモーション実施!

新潟米「新之助」は、市川海老蔵さんの「第五回自主公演 ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』」に協賛することが決定しました。 公演は2019年11月5日(火)からBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)で開催されます。これに伴い、公演期間中、会場内ロビーにて、新潟米「新之助」のプロモーションを実施します!


今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

今年の新米をいち早く! 新潟市で一番早く収穫されるお米「五百川」登場!

NSGグループの株式会社アグリライフは、食を介して健康を創ろうと、新潟市で安心・安全な農産物づくりを行っている会社です。昨年から、新潟市の星山米店さんとタッグを組み、極早生米「五百川(ごひゃくがわ)」の生産に取り組んできました。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

あったか鍋物が美味しい季節になってきました。たくさん野菜が摂れるので、冬の健康メニューとしてもおすすめです。中途半端に残った野菜は、翌朝のおみそ汁に活用しましょう。今回はすき焼きなどによく使用する「焼き豆腐」と「春菊」を組み合わせてみました。独特の香りが朝の気分をすっきりさせてくれますよ。