nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

手間を惜しまずつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」から、春の新商品として『北海道産かみふらの地養豚のカレー』が2019年2月25日(月)に、また、春季限定品として『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を2019年2月1日(金)に発売されます!


北海道産かみふらの地養豚のカレー【新商品】

「かみふらの地養豚」の旨みが溶け込んだコク深いカレーです。
ほどよく効かせたスパイスの香りもお楽しみください。

<美味しさのひみつ>
1)北海道産の「かみふらの地養豚」を使用
「かみふらの地養豚」は豚肉特有の臭みがなく、肉の旨みをしっかり感じられます。
肉質も非常に柔らかく、弾力性があるため食べ応えがあるのが特長です。
2)こだわりのベースソース
煮込む前に「かみふらの地養豚」の余分な脂肪分を取り除き、豚肉の旨みを引き出しています。
その後、ソテーしたたまねぎと一緒にじっくり煮込むことで味わい深いソースに仕上げています。
3)ほどよいスパイス感
「かみふらの地養豚」の旨みが溶け込んだ優しい味わいと、数種類の香辛料のほどよいスパイス感が調和した、味わい深いカレーです。

<おすすめの召しあがり方>
一食食べやすい味わいのため、白いごはんはもちろん玄米や雑穀米などと合せても美味しく召しあがれます。

国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ【春季限定品】

桜姫のもも肉をトマトクリームで煮込みました。生クリームとバターのコクに、トマトとサワークリームのさわやかな酸味が調和した、春らしい色合いのチキンストロガノフです。

<美味しさのひみつ>
1)春らしい色合い
ベースとなるトマトに、生クリームやサワークリームなどの乳製品を加え、さわやかなサーモンピンク色に仕上げました。
春らしい色合いが特長のストロガノフです。
2)鶏肉を楽しむ
ストロガノフは“お肉料理”です。だからこそ麻布十番シリーズではお肉そのものの美味しさを味わっていただくために、カットの大きさにこだわりました。お肉は煮込む前にソテーすることで旨みを閉じ込めています。
※肉質が柔らかくジューシーなブランド鶏「桜姫」を使用しています。
3)クリーミーなコクとさわやかな酸味
生クリームやバターを使い、しっかりとしたコクのある味わいに、香味野菜を加えてすっきりと仕上げました。
また、ストロガノフに欠かせない「サワークリーム」の酸味が程よくアクセントになっています。ごはんに合わせるストロガノフですので、最後まで美味しく召しあがっていただけるよう、コクと酸味のバランスにこだわっています。

<おすすめの召しあがり方>
ごはんはもちろん、パスタのソースとしてもおいしく召しあがりいただけます。
茹でたてのスパゲッティだけでなく、ペンネ等のショートパスタにも良く合います。
さらに、耐熱皿に入れてチーズをのせ、オーブンで焼き、グラタン風にするのもおすすめです。

1.ブランド・シリーズ名・商品名・内容量・価格・賞味期間 :

2.出荷開始日: 2019年 2月 1日(金): 国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ
         2019年 2月25日(月): 北海道産かみふらの地養豚のカレー

3.取扱店舗 : 百貨店及び高級食料品店

「麻布十番シリーズ」について

nakato「麻布十番シリーズ」は、手軽に上質なものを召しあがりたいというお客様にご満足いただけるよう、「一食を大切にするあなたへ古くて新しい街、麻布十番から大切な一皿をお届けします。」という想いを込めて商品を展開しています。
手間を惜しまずにつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズとして、カレー、シチュー、パスタソース、スープなど全25品を百貨店及び高級食料品店で取り扱っています。

「nakato」ブランドについて

nakatoは、安心を生む誠実さを大切にし、素材にこだわり、手間を惜しまずつくった上質な商品と食を楽しむ文化を提案するブランドです。
手間を惜しまずつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」と、手軽に食べられる、ワインによく合うおつまみのシリーズ「メゾンボワール」の2つのシリーズを展開しています。
商品は、中島董商店のグループ会社、株式会社nakatoを通じて全国の百貨店及び高級食料品店にお届けしています。

nakatoブランドサイト: http://www.nakato-finefoods.com
商品のお取引に関するお問い合わせ先: 株式会社nakato  TEL : 03-5413-2048

この記事のライター

関連する投稿


お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、株式会社カレー総合研究所は農林水産省が展開するお米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」の『1月22日カレーの日特集』に情報掲載中です。1月22日のカレーの日はカレーとお米を食べて盛り上げましょう!


今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

下北沢カレーフェスティバルは毎年10月に10日間、カレーの街下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り。飲食店の多い下北沢のカレー専門店はもちろん、さまざまなお店がこの10日間しか食べられない特別カレーを用意して、カレー三昧で過ごそう!という街おこしイベントなのです。下北沢カレーフェスティバル初体験のDaisyが、開催前にすでに思いっきり楽しんだレポートをお届けします♪


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


今年も世界のカレーを食べ尽くそう!【下北沢カレーフェスティバル2017】

今年も世界のカレーを食べ尽くそう!【下北沢カレーフェスティバル2017】

カレーの街・下北沢で年に一度開催される、カレーのお祭り「下北沢カレーフェスティバル」。自分のお気に入りのカレー屋さんを見つける絶好のチャンスです。なんと参加店舗は149!スタンプラリーでオリジナルグッズももらえます。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。