資料:米づくり

資料:米づくり


1. 種まきまで

■3月下旬
比重選を行い、栄養のつまった種を選ぶ。
種子消毒をし、浸種を行う。
酸素を充分に与えるため、1日1回は水をとりかえ、 催芽(芽だし)させる。(積算温度で100℃が目安。)

2. 苗つくり

■4月上旬・中旬
床土の準備をしておく。
種まきをしたら、覆土し充分にかん水する。
温度や湿度を管理し、出芽させる。
日当たり、温度、水分を調節し、緑化期を管理する。

3. 水田の準備

■4月上旬・中旬
稲わらや堆肥・肥料をまき、トラクターで掘り起こす。(耕うん)
水をはり、田の表面を平らにする。(代かき)

4. 田植え

■5月上旬・中旬
苗の葉が2枚以上、草丈が12cm位になったら、 田植機で、田植えをする。
一定の間隔で1株4~5本の苗を植える。

5. 水管理

■5月中旬・下旬
田植えの後、寒さから稲を守るため、 水田に水を入れ、天気に合わせて水の量を加減する。 (水が稲を保温)

6. 肥料・農薬

■5月中旬・下旬
肥料をまいたり、病気にならないよう農薬をまき、 丈夫な稲が育つための作業を行う。

7. 溝堀り・中干し

■6月中旬・下旬
稲の根をよく伸ばし、肥料の吸収をよくするため、 溝を掘り、水田の水を抜いて中干しをする。

8. 稲刈り

■9月上旬
稲の緑色が薄くなり、葉も茎も黄色く色づき、穂が垂れ下がる。
刈り取る位置は、田面から5~6cm。
コンバインを使うと、稲刈りから脱穀まで一度に行える。

9. 乾燥・調整

■9月上旬
高温での急激な乾燥は胴割れ米が発生しやすいので、 ゆっくり乾燥する。
温かいまま籾摺りを行うと、肌ずれ米が多くなるので避ける。

監修:五ツ星お米マイスター 白井玲子

この記事のライター

関連するキーワード


稲刈り 水田 田植え

関連する投稿


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第3回は生産者さんが田植え後から稲刈りまでの間に行う作業についてです!


クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

gohanも応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。田植え後、順調にすくすく育っている稲の様子が届きました!


最新の投稿


【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第50回は炊飯器とお米の量についてです。


米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

福光屋より、醗酵滋養飲料「糀甘酒」の特長と独自の米醗酵技術を生かした 天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」 が4月25日(木)より新発売です。軽快な甘味と麹由来のクエン酸による爽やかな酸味、すっきりとした後味で日常の水分補給におすすめです。


【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第49回はごはんの専門用語についてです。


【お米クイズ】第48回:お米の相場

【お米クイズ】第48回:お米の相場

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第48回はお米の相場についてです。


【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科調理科学の「Yahho」(ヤッホー)の愛称で活動しているゼミナールの学生とミツハシの新規商品開発課の女性社員で「グルテンフリー」を意識して開発された米粉スイーツが2019年5月6日まで期間限定で販売されており、米粉好きとしては是非食べておきたい!ということでGOHANYA' GOHANへ行ってきました。