資料:米づくり

資料:米づくり


1. 種まきまで

■3月下旬
比重選を行い、栄養のつまった種を選ぶ。
種子消毒をし、浸種を行う。
酸素を充分に与えるため、1日1回は水をとりかえ、 催芽(芽だし)させる。(積算温度で100℃が目安。)

2. 苗つくり

■4月上旬・中旬
床土の準備をしておく。
種まきをしたら、覆土し充分にかん水する。
温度や湿度を管理し、出芽させる。
日当たり、温度、水分を調節し、緑化期を管理する。

3. 水田の準備

■4月上旬・中旬
稲わらや堆肥・肥料をまき、トラクターで掘り起こす。(耕うん)
水をはり、田の表面を平らにする。(代かき)

4. 田植え

■5月上旬・中旬
苗の葉が2枚以上、草丈が12cm位になったら、 田植機で、田植えをする。
一定の間隔で1株4~5本の苗を植える。

5. 水管理

■5月中旬・下旬
田植えの後、寒さから稲を守るため、 水田に水を入れ、天気に合わせて水の量を加減する。 (水が稲を保温)

6. 肥料・農薬

■5月中旬・下旬
肥料をまいたり、病気にならないよう農薬をまき、 丈夫な稲が育つための作業を行う。

7. 溝堀り・中干し

■6月中旬・下旬
稲の根をよく伸ばし、肥料の吸収をよくするため、 溝を掘り、水田の水を抜いて中干しをする。

8. 稲刈り

■9月上旬
稲の緑色が薄くなり、葉も茎も黄色く色づき、穂が垂れ下がる。
刈り取る位置は、田面から5~6cm。
コンバインを使うと、稲刈りから脱穀まで一度に行える。

9. 乾燥・調整

■9月上旬
高温での急激な乾燥は胴割れ米が発生しやすいので、 ゆっくり乾燥する。
温かいまま籾摺りを行うと、肌ずれ米が多くなるので避ける。

監修:五ツ星お米マイスター 白井玲子

この記事のライター

関連するキーワード


稲刈り 水田 田植え

関連する投稿


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第3回は生産者さんが田植え後から稲刈りまでの間に行う作業についてです!


クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

gohanも応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。田植え後、順調にすくすく育っている稲の様子が届きました!


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング