資料:米づくり

資料:米づくり


1. 種まきまで

■3月下旬
比重選を行い、栄養のつまった種を選ぶ。
種子消毒をし、浸種を行う。
酸素を充分に与えるため、1日1回は水をとりかえ、 催芽(芽だし)させる。(積算温度で100℃が目安。)

2. 苗つくり

■4月上旬・中旬
床土の準備をしておく。
種まきをしたら、覆土し充分にかん水する。
温度や湿度を管理し、出芽させる。
日当たり、温度、水分を調節し、緑化期を管理する。

3. 水田の準備

■4月上旬・中旬
稲わらや堆肥・肥料をまき、トラクターで掘り起こす。(耕うん)
水をはり、田の表面を平らにする。(代かき)

4. 田植え

■5月上旬・中旬
苗の葉が2枚以上、草丈が12cm位になったら、 田植機で、田植えをする。
一定の間隔で1株4~5本の苗を植える。

5. 水管理

■5月中旬・下旬
田植えの後、寒さから稲を守るため、 水田に水を入れ、天気に合わせて水の量を加減する。 (水が稲を保温)

6. 肥料・農薬

■5月中旬・下旬
肥料をまいたり、病気にならないよう農薬をまき、 丈夫な稲が育つための作業を行う。

7. 溝堀り・中干し

■6月中旬・下旬
稲の根をよく伸ばし、肥料の吸収をよくするため、 溝を掘り、水田の水を抜いて中干しをする。

8. 稲刈り

■9月上旬
稲の緑色が薄くなり、葉も茎も黄色く色づき、穂が垂れ下がる。
刈り取る位置は、田面から5~6cm。
コンバインを使うと、稲刈りから脱穀まで一度に行える。

9. 乾燥・調整

■9月上旬
高温での急激な乾燥は胴割れ米が発生しやすいので、 ゆっくり乾燥する。
温かいまま籾摺りを行うと、肌ずれ米が多くなるので避ける。

監修:五ツ星お米マイスター 白井玲子

この記事のライター

関連するキーワード


稲刈り 水田 田植え

関連する投稿


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第3回は生産者さんが田植え後から稲刈りまでの間に行う作業についてです!


クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

gohanも応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。田植え後、順調にすくすく育っている稲の様子が届きました!


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。