資料:品種改良技術の進歩

資料:品種改良技術の進歩

水稲の育種は、多収・良質・強稈・耐病・耐冷などを目標に品種改良されてきた。 近年では、良質良食味へと志向が変わり、育成されてきているが、これからは加工適性や 低コスト生産に優れた品種への改良が求められ、課題は極めて多い。


1. 純系分離法

圃場に1本植をして、各株別に採種をし、これを翌年別々な系統として育て、それら多くの 系統の中から、その地方で最も望ましい系統のみを選抜し、それを増殖、固定を図る方法。
■例:朝日

2. 交雑育種法

人工交配により、品種の優良特性を組み合わせる方法。
通常、一つの品種を育成するのに10年以上の長い年月を必要とするが、温室内で年に 3世代の促進を行い、育種年限を短縮する技術(世代促進法)が取入れられるようになった。
■例:コシヒカリ・ひとめぼれ

1. 系統育種
A・B両品種を交配し雑種第二代で優良な個体を選抜し、その個体を採種して 各々の特徴を持った系統の中から、希望にかなう系統を選抜する方法。
2. 集団育種法
系統育種法では、収量などの改良を考えると不利であることから、雑種第一代~第三代の 初期世代は個体選別をせず、雑種集団で経過する方式。

3. 突然変異育種法

原子力の平和利用の一環として、放射線による突然変異を育種に利用。 コバルト60によるガンマー線照射によって、早生や稈長の短い突然変異が得られやすい。
■例:レイメイ・関東79号

4. バイオテクノロジーの利用による育種

バイオテクノロジーとは、遺伝子を人工的に操作する技術。
植物の体を構成している細胞や組織の一部を取り出して、培地上で生育させつつ、 育種操作をすることで、育種の可能性を大幅に拡大するもので、研究が進んでいる。
■例:夢ごこち・ミルキークイーン

1. 葯培養技術
雑種第一代の葯を試験管内で培養すると半数体(染色体が半数)植物が得られ、それをコルヒチンという薬品で処理して、二倍体とする手法。
この二倍体は遺伝的に固定しているので、きわめて巧妙な育種年限短縮技術である。
→細胞塊から植物体への再生効率が低く、手間がかかりすぎる。
2. 組織培養による大量増殖技術
胚の原基をもつ細胞(胚様体)を大量にシャーレの上で増殖する技術。
これをゼラチン状物質で包み込むことにより、人工種子を作成する技術。
→F1稲(ハイブリッドライス)の採種手段として大きな威力を発揮。
3. 試験管育種法
試験管内で細胞を大量に培養する際、カルスから植物体への再分化時に多数の 突然変異体が生じるので、その中から特定の特性について選抜できる。
4. 細胞融合
プロトプラスト(細胞膜を除いた細胞)同士を融合させて、雑種を作る。
これにより生まれた体細胞雑種は、悪い遺伝子も取り込んでいるため改良が必要。
5. DNA組換え技術
有用形質の遺伝子を同定単離し、その遺伝子に組み込んだ稲を作出する。

参考文献:(財)日本穀物検定協会 図説 米の品種
監修:五ツ星お米マイスター 白井玲子

この記事のライター

関連するキーワード


育種 品種銘柄 品種改良

関連する投稿


地方の注目のお米まとめ

地方の注目のお米まとめ

全国の注目のお米をピックアップしてみました。美味しいお米を食べたい!でもたくさん種類がありすぎて分からない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。 今回は日本穀物検定協会の平成28年度、27年度の「米の食味ランキング」にて特Aランクに選ばれたお米をご紹介します。


資料:2016年産 水稲うるち玄米の産地品種銘柄

資料:2016年産 水稲うるち玄米の産地品種銘柄

2016年(平成28年)産のお米の品種銘柄をご紹介します。各地域が腕によりをかけて育てたお米を楽しむ資料としてもご利用ください。


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。