「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


2019年 己亥(つちのとい) イヤーボトルの 純米大吟醸

左:干支ラベル 右:文字ラベル

毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から、来年の干支「亥」のイラストと、西暦「二〇一九」をラベルに配した、お正月にふさわしい季節限定酒がいよいよ発されました。
酒米の最高峰「山田錦」を契約栽培し、伝統の技で丹念に仕込んだ、初々しく香り高い純米大吟醸酒です。
干支ラベル(アートラベル)は、画家・牧野伊三夫氏によるもの。「子孫繁栄」や「勇気」、「前進」を象徴するイノシシ。愛らしい二匹のウリボウ(イノシシの子)が初日に向かう様を鮮やかな朱一色で描きました。フロストボトルと和紙風シール、金の箔押しを採用し、上質で華やかな和の趣を表現しています。
お歳暮やお年賀、新年の祝酒やパーティーでの乾杯酒など、新年を迎える贈り物としておすすめのおめでたい一品です。

牧野伊三夫氏によるアートラベル

牧野 伊三夫 (まきの いさお)

1964年福岡県生まれ。株式会社サン・アド退社後、画家として本格的に活動を開始。書籍・雑誌・広告の挿絵や装丁を数多く手がける。美術同人誌「画家のノート 四月と十月」編集発行人。故郷の北九州市が発行する情報誌「雲のうえ」の編集委員もつとめるなど、画業を中心に多彩な活動を行っている。
2017年7月には同氏の木版画で表現された、東京ガスの企業広告「東京ガスのひと」が「朝日広告賞グランプリ」と「ADC賞」をダブル受賞。「福正宗 酒歳時記」シリーズでは、「吟醸新酒 2013」から原画を手がけている。

「酒歳時記」とは

酒蔵からお届けする四季の便り、それが「福正宗 酒歳時記」です。それぞれの季節をイメージしたお酒を、毎年・季節ごとに変わるアートラベルが彩ります。2012年末に発売の吟醸新酒からは、現在の牧野 伊三夫氏に依頼しています。四季の味わいの楽しみはもちろん、毎年変わるラベルをコレクションするのも楽しみ方の一つです。

商品仕様

商品名/福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九
    干支ラベル・文字ラベル
原料米/全量契約栽培米・特別栽培米使用
    山田錦(兵庫県多可町中区産)100%
原材料名/米、米麹
精米歩合/50%
アルコール分/16度
製造法/純米大吟醸
日本酒度/+3
酸度/1.5
酵母/自社酵母
飲み方/冷やす◎ 常温○
容量/各500ml
価格/各1,700円( 参考小売価格・税抜)
発売日/2018年11月21日(水)

販売店/一部の酒販店、百貨店、スーパー
直営各店 (サケショップ福光屋 金沢店・玉川店・東京ミッドタウン店・丸の内店、福光屋 松屋銀座、福光屋 ひがし)
福光屋オンラインショップ www.fukumitsuya.com

金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

https://www.fukumitsuya.com/

金沢の酒蔵「福光屋」直営の通販サイトです。伝統の米醗酵技術を生かした日本酒、調味料、醗酵食品、化粧品、サプリメント、スイーツなどを品揃えしています。お得な定期購入サービスや各種ご贈答にも対応しています。

福光屋オフィシャルサイト

https://www.fukumitsuya.co.jp/

金沢の老舗酒蔵「福光屋」のオフィシャルサイト。日本酒の未来を見つめて様々な方法を発信します。

この記事のライター

関連する投稿


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。


毎年完売する人気の日本酒「真澄 あらばしり樽酒」期間限定で販売!試飲イベントも!

毎年完売する人気の日本酒「真澄 あらばしり樽酒」期間限定で販売!試飲イベントも!

首都圏を中心に17店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹/クイーンズ伊勢丹グランデ/クイーンズアイ)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、毎年早期に完売となる「真澄 あらばしり樽酒」の試飲・販売イベントを12月28日(金)より開催します!本格的な日本酒を求める方も、お正月の準備をされる方も、この期間にだけ楽しめる「真澄 あらばしり樽酒」をお楽しみください♪


1月2日(水)より、気持ちも明るく新しく「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」開催

1月2日(水)より、気持ちも明るく新しく「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」開催

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)では、福袋をはじめとする、たくさんの“えらべる市”やお年賀にふさわしいこだわりの逸品まで、新しい年をたのしく迎えて過ごすためのアイテムが揃った「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」が新年より開催です!ずらりと並ぶ食品や雑貨から、ひときわ光る一品との出会いをたのしむだけでなく、そうして出会ったモノを自宅へ招くのは、ワクワクするもの。 内容は店舗によって異なるので、確認してからお出かけくださいね♪


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

2018年6月17日(日)の父の日に向け、「お父さん 日本一」のメッセージを配した数量限定の純米大吟醸、特別純米菰冠、八年熟成本格米焼酎などが福光屋から発売されました。


最新の投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

「ごはんの魅力を眠らせない。」をコンセプトに、東京表参道で過去5回開催してきた、株式会社honshokuが企画する「ごはんフェス」がららぽーと新三郷で開催 されます!全国から厳選したご飯のお供やお米に関する商品のマルシェやお米マイスターとお弁当コンサルタントによるワークショップの開催、日本各地の食材をアレンジしてオーダーメイドのおむすび屋「山角や」によるキッチンカー販売が行われます。ららぽーと新三郷で、お米の魅力を存分にお楽しみください!ららぽーとでの開催は初です!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。