「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


2019年 己亥(つちのとい) イヤーボトルの 純米大吟醸

左:干支ラベル 右:文字ラベル

毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から、来年の干支「亥」のイラストと、西暦「二〇一九」をラベルに配した、お正月にふさわしい季節限定酒がいよいよ発されました。
酒米の最高峰「山田錦」を契約栽培し、伝統の技で丹念に仕込んだ、初々しく香り高い純米大吟醸酒です。
干支ラベル(アートラベル)は、画家・牧野伊三夫氏によるもの。「子孫繁栄」や「勇気」、「前進」を象徴するイノシシ。愛らしい二匹のウリボウ(イノシシの子)が初日に向かう様を鮮やかな朱一色で描きました。フロストボトルと和紙風シール、金の箔押しを採用し、上質で華やかな和の趣を表現しています。
お歳暮やお年賀、新年の祝酒やパーティーでの乾杯酒など、新年を迎える贈り物としておすすめのおめでたい一品です。

牧野伊三夫氏によるアートラベル

牧野 伊三夫 (まきの いさお)

1964年福岡県生まれ。株式会社サン・アド退社後、画家として本格的に活動を開始。書籍・雑誌・広告の挿絵や装丁を数多く手がける。美術同人誌「画家のノート 四月と十月」編集発行人。故郷の北九州市が発行する情報誌「雲のうえ」の編集委員もつとめるなど、画業を中心に多彩な活動を行っている。
2017年7月には同氏の木版画で表現された、東京ガスの企業広告「東京ガスのひと」が「朝日広告賞グランプリ」と「ADC賞」をダブル受賞。「福正宗 酒歳時記」シリーズでは、「吟醸新酒 2013」から原画を手がけている。

「酒歳時記」とは

酒蔵からお届けする四季の便り、それが「福正宗 酒歳時記」です。それぞれの季節をイメージしたお酒を、毎年・季節ごとに変わるアートラベルが彩ります。2012年末に発売の吟醸新酒からは、現在の牧野 伊三夫氏に依頼しています。四季の味わいの楽しみはもちろん、毎年変わるラベルをコレクションするのも楽しみ方の一つです。

商品仕様

商品名/福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九
    干支ラベル・文字ラベル
原料米/全量契約栽培米・特別栽培米使用
    山田錦(兵庫県多可町中区産)100%
原材料名/米、米麹
精米歩合/50%
アルコール分/16度
製造法/純米大吟醸
日本酒度/+3
酸度/1.5
酵母/自社酵母
飲み方/冷やす◎ 常温○
容量/各500ml
価格/各1,700円( 参考小売価格・税抜)
発売日/2018年11月21日(水)

販売店/一部の酒販店、百貨店、スーパー
直営各店 (サケショップ福光屋 金沢店・玉川店・東京ミッドタウン店・丸の内店、福光屋 松屋銀座、福光屋 ひがし)
福光屋オンラインショップ www.fukumitsuya.com

金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

https://www.fukumitsuya.com/

金沢の酒蔵「福光屋」直営の通販サイトです。伝統の米醗酵技術を生かした日本酒、調味料、醗酵食品、化粧品、サプリメント、スイーツなどを品揃えしています。お得な定期購入サービスや各種ご贈答にも対応しています。

福光屋オフィシャルサイト

https://www.fukumitsuya.co.jp/

金沢の老舗酒蔵「福光屋」のオフィシャルサイト。日本酒の未来を見つめて様々な方法を発信します。

この記事のライター

関連する投稿


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。


毎年完売する人気の日本酒「真澄 あらばしり樽酒」期間限定で販売!試飲イベントも!

毎年完売する人気の日本酒「真澄 あらばしり樽酒」期間限定で販売!試飲イベントも!

首都圏を中心に17店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹/クイーンズ伊勢丹グランデ/クイーンズアイ)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、毎年早期に完売となる「真澄 あらばしり樽酒」の試飲・販売イベントを12月28日(金)より開催します!本格的な日本酒を求める方も、お正月の準備をされる方も、この期間にだけ楽しめる「真澄 あらばしり樽酒」をお楽しみください♪


1月2日(水)より、気持ちも明るく新しく「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」開催

1月2日(水)より、気持ちも明るく新しく「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」開催

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)では、福袋をはじめとする、たくさんの“えらべる市”やお年賀にふさわしいこだわりの逸品まで、新しい年をたのしく迎えて過ごすためのアイテムが揃った「えらぶたのしさを招くAKOMEYA市」が新年より開催です!ずらりと並ぶ食品や雑貨から、ひときわ光る一品との出会いをたのしむだけでなく、そうして出会ったモノを自宅へ招くのは、ワクワクするもの。 内容は店舗によって異なるので、確認してからお出かけくださいね♪


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

2018年6月17日(日)の父の日に向け、「お父さん 日本一」のメッセージを配した数量限定の純米大吟醸、特別純米菰冠、八年熟成本格米焼酎などが福光屋から発売されました。


最新の投稿


6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

一年の後半を新たな気持ちでスタートし無病息災を祈る、毎年6月30日に行われる神事の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせて、新たな行事食として注目されている「夏越ごはん」。今年は初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定し、「夏越ごはんの唄」動画も登場するなど、ますます広がりを見せています。“令和初”の夏越の祓。季節の歳時食として「夏越ごはん」に注目です。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

渋谷駅から徒歩10分のキャットストリート渋谷側にある、ライスバーガー専門店です。お米の新しい形を提案することをコンセプトに作られたライスバーガーや、店内で製造されたポン菓子も楽しめるお店です。 デザイン会社さんが母体となっており、渋谷らしく新しいコンセプトとアプローチが特徴です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第53回はお米の収穫量「反収」についてです。