日本のお米ネーミングまとめ

日本のお米ネーミングまとめ

お米の名前は聞くだけで、湯気がホカホカ、米粒がツヤツヤの炊きたてご飯が頭に浮かびますね。そんなお米のネーミングについて由来をまとめてみました。


ゆめぴりか

「ゆめぴりか」は北海道のお米の品種のひとつ。北海道内で一般公募によって命名されました。アイヌ語で美しいという意味の「ピリカ」と、北海道が日本一の美味しいお米をつくろうという「夢」が合わさって名付けられました。

この名前は、北海道内の一般公募で寄せられた3,422通の中から選ばれました。「ゆめぴりか」は、これまでのお米の常識を塗り替える待望の新品種。日本を代表するお米にしようと、北海道民みんなの想いが込められています。

あきたこまち

あきたこまちは昭和59年に誕生した秋田県を代表するお米のひとつ。秋田県湯沢市に生まれたといわれている「小野小町」にちなんで命名されました。

秋田県湯沢市に生まれたとされる、美人の誉れ高い平安時代の歌人「小野小町」にちなみ、秋田で成育した美味しい米として、末永く愛されるように願いを込めて命名されました。

ミルキークィーン

ミルキークイーンは農林水産省の計画から、新種開発の一環で誕生したコシヒカリをベースのお米です。生まれは茨城県のつくば農業研究センターで、2012年に品種登録されました。名前の由来は、玄米が透き通る様に透明で、他のお米と比べて乳白色になっていることから命名されました。

名前の由来は、普通のお米よりも、玄米の見た目が透明で、お米の色が乳白色に見えるところから来ています。

ひとめぼれ

ひとめぼれは、宮城県の古川農業試験場で1991年に命名登録されました。名前の由来は、出会った途端に一目惚れするような美味しいお米という意味でつけられました。

名前は出会った途端に一目惚れするような品種であることを表現したいとの思いから付けられました。

青天の霹靂

2015年に市場デビューした青森米、「青天の霹靂」。ネーミングの珍しさもあって注目されているお米です。青森県はお米の主産地でありながら、全国的に知られたブランド米がなかったことを背景に、青森県産業技術センターが10年かけて新種のお米を開発しました。
名前の由来は、青森の晴れ渡った空に、突如として現れるイナズマのようなインパクトのあるお米になってほしいという意味が込められています。

「青」は青森の青、「天」は遥かに広がる北の空。「霹靂」は稲妻。稲に寄りそい、米を実らせます。晴れわたった空に、突如として現れる稲妻のような、鮮烈な存在になりたいと考え、名付けました。

この記事のライター

世田谷区在住のWEBクリエイターです。
出産を機にご飯のおいしさに目覚め、正月を除く364日朝はごはんと味噌汁です。

関連する投稿


「青天の霹靂」4年連続 特A取得記念キャンペーンを実施

「青天の霹靂」4年連続 特A取得記念キャンペーンを実施

青森県は、青森米「青天の霹靂」が日本穀物検定協会による食味ランキングで最高評価「特A」を四年連続取得したことを記念して、「青天の霹靂」が当たるプレゼント企画「こんにちは、さっぱり」の舞台はどこ!?キャンペーンを実施しました。


青森米「青天の霹靂」PRイベントが東京と京都で開催【2017】

青森米「青天の霹靂」PRイベントが東京と京都で開催【2017】

東京・京都に、青森の特A米「青天の霹靂」炊きたてごはんを味わえる青森村がやってくる!「こんにちは、さっぱり!青天の霹靂 青山&京都青森村 2017」が開催。


秋田県の「萌え米」まとめ

秋田県の「萌え米」まとめ

「萌え米(もえまい)」をご存知でしょうか?秋田県の農業共同組合が始めた取り組みで、従来のお米のパッケージデザインではなく美少女の"萌える"イラストが入ったパッケージのお米を「萌え米」と呼んでいます。 今回は現在販売中の秋田県の萌え米をご紹介しましょう!


お米の品種

お米の品種

あなたはお米のブランド名、いくつあげることができますか? 最近のお米売り場は、全国各地から届けられたさまざまな銘柄のブランド米が所せましと並んでいます。どれを買おうか、迷っちゃいますね。日本は1年間で30種類以上の新しい銘柄が登場するお米のブランド王国。お米が主食の日本だからこそ、これだけのブランド米が誕生するのです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。