【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「新嘗祭」です。

1000年以上も遡ることができる「新嘗祭」の由来

新嘗祭の起源は正確にはわかりませんが、日本書紀では飛鳥時代(西暦642年~645年)に始まったとされており、本当だとすれば1000年以上も前に始まった風習ということになります。
毎年11月23日に天皇陛下が収穫を神に感謝する宮中行事が執り行われており、明治以降は新嘗祭の日は休日とされてきました。

戦後は「勤労感謝の日」と名前を変えましたが、秋の収穫祭あるいは感謝祭として各地の神社で祭りが行われています。

お供え物もお米が主役

新嘗祭の「新」は新穀=初穂を、「甞」はご馳走を意味していますから、新嘗祭はその年に実った穀物を神様に献上して恵みに感謝するというお祭りです。
よく「五穀豊穣」と言いますが、「五穀」とは米・麦・粟・稗・豆を指します。
稲作国ニッポンでは穀物の代表選手は米。
宮中行事として執り行われる新嘗祭では、全国各地から寄せられた「献上米」が神殿に捧げられ、天皇もそのお米を口にすると言われます。

お供え物の主役もやはり、お米なんですね。

お酒もお餅も原料は米だから

筆者がよくお参りする築地の「波除神社」でも11月23日には「新嘗祭」が挙行され、「初穂料」をお納めすると、ご神饌田でとれた新米と濁り酒をいただくことができます。
一緒にいただく御神符(写真)には稲穂が付けられています。

ご存じの通り、お酒は酒米を発酵させて作る飲み物ですし、神社の本殿に供えられている紅白のお餅ももち米をついて作ったもの。
新嘗祭のお供え物としては果物や野菜なども供えられますが、神様にいちばん近い場所には、必ず和稲(にぎしね・モミがらを取って精米した米)と荒稲(あらしね・モミの付いたままの米)をお供えするのが決まり事とされているそうです。

米を主食とするニッポンだからこそ、収穫のシンボルは米。だから感謝のしるしとしてのお供え物も、お米でできたものが大切にされるわけです。

「勤労感謝」=「収穫感謝」、新米の味を楽しみましょう

日本の食卓を支えるお米ですが、米づくりを担う農業に従事する人はずっと減り続けています。四半世紀前には500万人近くいた農業従事者は平成29年には180万人まで減り、平均年齢も66歳を超えました。
食事の西洋化も進み、国民一人あたりのお米の消費量は昭和の最盛期に比べれば半分ほどに減りました、毎日お米を食べる人の比率も、四半世紀前には70%以上でしたが、今では50%近くに落ちています。
お米は日本にとって貴重な自給自足可能な食糧です。秋の実りの季節は、新米も出回っておいしいごはんが食べられる季節でもあります。炊きたてホカホカのごはんをいつもよりちょっと多めに盛り付けて、新米の美味しさ、じっくり味わってみてはいかがでしょう。

農家の皆さんの米作りのご苦労に思いをはせるのも、勤労感謝の気持ちです。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

2015年にデビューしたブランド米「青天の霹靂」(せいてんのへきれき)のPR試食イベント『青山青森村 2018「さっパリ祭」』を東京都 青山・国際連合大学前広場にて11月3日(土)・4日(日)に開催します! 来場者に先着で「青天の霹靂」おむすびをプレゼント!フレンチ風の「さっパリおかず」(有料)も楽しめます。


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


最新の投稿


6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

一年の後半を新たな気持ちでスタートし無病息災を祈る、毎年6月30日に行われる神事の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせて、新たな行事食として注目されている「夏越ごはん」。今年は初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定し、「夏越ごはんの唄」動画も登場するなど、ますます広がりを見せています。“令和初”の夏越の祓。季節の歳時食として「夏越ごはん」に注目です。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

渋谷駅から徒歩10分のキャットストリート渋谷側にある、ライスバーガー専門店です。お米の新しい形を提案することをコンセプトに作られたライスバーガーや、店内で製造されたポン菓子も楽しめるお店です。 デザイン会社さんが母体となっており、渋谷らしく新しいコンセプトとアプローチが特徴です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第53回はお米の収穫量「反収」についてです。