【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「新嘗祭」です。

1000年以上も遡ることができる「新嘗祭」の由来

新嘗祭の起源は正確にはわかりませんが、日本書紀では飛鳥時代(西暦642年~645年)に始まったとされており、本当だとすれば1000年以上も前に始まった風習ということになります。
毎年11月23日に天皇陛下が収穫を神に感謝する宮中行事が執り行われており、明治以降は新嘗祭の日は休日とされてきました。

戦後は「勤労感謝の日」と名前を変えましたが、秋の収穫祭あるいは感謝祭として各地の神社で祭りが行われています。

お供え物もお米が主役

新嘗祭の「新」は新穀=初穂を、「甞」はご馳走を意味していますから、新嘗祭はその年に実った穀物を神様に献上して恵みに感謝するというお祭りです。
よく「五穀豊穣」と言いますが、「五穀」とは米・麦・粟・稗・豆を指します。
稲作国ニッポンでは穀物の代表選手は米。
宮中行事として執り行われる新嘗祭では、全国各地から寄せられた「献上米」が神殿に捧げられ、天皇もそのお米を口にすると言われます。

お供え物の主役もやはり、お米なんですね。

お酒もお餅も原料は米だから

筆者がよくお参りする築地の「波除神社」でも11月23日には「新嘗祭」が挙行され、「初穂料」をお納めすると、ご神饌田でとれた新米と濁り酒をいただくことができます。
一緒にいただく御神符(写真)には稲穂が付けられています。

ご存じの通り、お酒は酒米を発酵させて作る飲み物ですし、神社の本殿に供えられている紅白のお餅ももち米をついて作ったもの。
新嘗祭のお供え物としては果物や野菜なども供えられますが、神様にいちばん近い場所には、必ず和稲(にぎしね・モミがらを取って精米した米)と荒稲(あらしね・モミの付いたままの米)をお供えするのが決まり事とされているそうです。

米を主食とするニッポンだからこそ、収穫のシンボルは米。だから感謝のしるしとしてのお供え物も、お米でできたものが大切にされるわけです。

「勤労感謝」=「収穫感謝」、新米の味を楽しみましょう

日本の食卓を支えるお米ですが、米づくりを担う農業に従事する人はずっと減り続けています。四半世紀前には500万人近くいた農業従事者は平成29年には180万人まで減り、平均年齢も66歳を超えました。
食事の西洋化も進み、国民一人あたりのお米の消費量は昭和の最盛期に比べれば半分ほどに減りました、毎日お米を食べる人の比率も、四半世紀前には70%以上でしたが、今では50%近くに落ちています。
お米は日本にとって貴重な自給自足可能な食糧です。秋の実りの季節は、新米も出回っておいしいごはんが食べられる季節でもあります。炊きたてホカホカのごはんをいつもよりちょっと多めに盛り付けて、新米の美味しさ、じっくり味わってみてはいかがでしょう。

農家の皆さんの米作りのご苦労に思いをはせるのも、勤労感謝の気持ちです。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

2015年にデビューしたブランド米「青天の霹靂」(せいてんのへきれき)のPR試食イベント『青山青森村 2018「さっパリ祭」』を東京都 青山・国際連合大学前広場にて11月3日(土)・4日(日)に開催します! 来場者に先着で「青天の霹靂」おむすびをプレゼント!フレンチ風の「さっパリおかず」(有料)も楽しめます。


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

印象的なネーミングの富山米新品種「富富富」(ふふふ)。2018年10月11日(木)からの本格デビューにともない、日本橋三越本店にて記念イベントが開催されます。その他首都圏各地での各種イベントや、料理人・中村孝明さんのお店で「富富富」を使った特別メニューが楽しめるなど、色々な企画も目白押し。いち早く味わいたい方は、お見逃しなく。


最新の投稿


『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

ハナマルキ株式会社は、AuB株式会社、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同で、塩こうじの腸内環境への効果およびスポーツパフォーマンスへの効果を研究する『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』を発足。研究の結果、液体塩こうじの摂取によって、免疫力の向上に貢献すると多数報告されている、酪酸、乳酸、酢酸などの短鎖脂肪酸を作る腸内細菌が増加し、腸内に対して有効に作用したことが示唆された研究結果を得たことを発表しました!


毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

ヒロ・コーポレーションから、あなたの健康を保つ、糖質OFFのご飯がいつものお米で簡単に炊ける。自宅で簡単にできる糖質33%OFF炊飯器のブラックが新たに発売されます!


国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

株式会社ウテナの、ワンランク上のシートマスクブランド「プレミアムプレサ」から、2019年1月21日に「スキンコンディショニングマスク」2アイテムが新発売です!豊富なアミノ酸を含む国産米由来の「米発酵液(保湿成分)」を配合し、忙しい女性の肌環境を整えます。


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。


お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、株式会社カレー総合研究所は農林水産省が展開するお米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」の『1月22日カレーの日特集』に情報掲載中です。1月22日のカレーの日はカレーとお米を食べて盛り上げましょう!