【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


いざ表参道の象印食堂へ!

11時オープン、限定150食ということで、11時過ぎを目指して向かったところ
すでに行列が!この日はTVの取材も入っていたということで午前中からすでに賑わっていました。

11時20分ごろ着ですでに46番目。

待っている人にほうじ茶のサービスがあったり、中に入れば座って待てるエリアもあり。

さほど長時間待つことはありませんが、限定150食、午前中に伺ったほうがいいかもしれませんね。
列に並ばないといけないのでゆっくり周りを見ている余裕がないのが残念!

店内の様子は...

ロビーの展示。

壁に炎舞炊きの解説や、実機の展示、質問に答えてくださる象印の方もいるので、購入検討されている方は待っている間がチャンスですよ。

選べる新米は3種類。

私は20分ほどで着席、配膳されるまでは30分と言うところでした。

3種類のお米を食べ比べることができるようになっていて、1杯あたりは少なめにもられてきます。
せっかくなんでそれぞれ食べ比べたいですよね。お腹の調整も忘れずに。

おかずも吉田麻子先生が作られた和食メニューで丁寧に炊きあげられた煮物や焼き物、そして酢の物とお吸い物とバランスがよく、薄味だけど素材の味がしっかりとしたお米を引き立てるお献立になっています。
はっきり言ってこれで1,000円は非常にお得です。

白米:新潟県佐渡産 コシヒカリ(特別栽培米/朱鷺と暮らす郷)

「①白米:かたさ ふつう」

1杯目は象印さんお勧めの「①象印が考えるおいしさの基準 ふつう」をいただきました。
ふつうと言うとちょっと寂しい表現ですが(笑)要はバランスよく炊きあがっているということ。
固さと粘りを11段階に分けそれぞれちょうど真ん中に炊き上げたのが①です。

まずはお米だけいただいてみると・・・なるほど!食感が絶妙!噛んだとき、そして噛み進めてくとき、バランスが良いとうのがわかる気がします。柔らかすぎず粘りが強すぎず。噛んでいて楽しい。
そして噛むことによりお米の甘味を感じて美味しいです。
なるほど、おうちでそこまでは気にしたことがなかったですが、お米の炊き具合と言うのも重要なのですね。

「②白米:しゃっきり かため」

①だけで十分満足してしましたが、おかずもまだ2/3残っていますしせっかくなので②をおかわり!
店員の方がちょうどいいタイミングで声をかけてくれるので、自分からアピールしなくても良いのが
恥ずかしくなくて助かります。遠慮なくおかわりしましょうね。

さて「②しゃっきりかため」が運ばれてきました。

しゃっきり、と言う言葉の響きほど固いとは思わなかったのですが一粒一粒の粒感が感じられ(これがかたいと言うことか)全体的にもちっと感が感じられた①とは明確に違いますね。
①より水分が少なく感じるので、①とは違うメニューに合わせたらいいんじゃないかな。
例えばお丼メニューとか・・・となんだか評論家気分ですが『炎舞炊き』ではこうやってお米を炊き分けることができるということですね。その数なんと121通り。お米の奥の深さを感じるなぁ。

玄米:北海道深川産 ふっくりんこ(Yes!clean米)

「③玄米」

おかずもまだ残っているし、お腹もまだいけそう・・ということで最後に玄米をいただきました。
やわらかくもちっと、そして元のお米の粒が大きいということでプチプチした食感を楽しめる美味しい玄米でした。「ふっくりんこ」の良さがこの『炎舞炊き』で十分に引き出された感じですね。
『炎舞炊き』1台あればどんなお米も自由自在!

正直もういちど①に戻りたかったけれど、さすがにお腹がいっぱい。んー残念。
象印さんお勧め①のふつう炊きが本当に美味しかった!
ちなみにおかずがなくなっても駒川あづまやのちりめん山椒も用意されているので余裕のある人はどんどん食べて大丈夫ですよ。

アンケートに答えて新潟県佐渡コシヒカリ300gをお土産にいただく

最後にアンケートに答えて新潟県佐渡コシヒカリ300gをお土産にいただきました。
象印さんの炊飯ジャーに掛ける本気とホスピタリティを感じた1日でした。
これからはお米の炊き具合にも気を使わなければ!

炊飯ジャー『炎舞炊き』の購入を迷っている人はもちろん、吉田先生の献立が気になる人、美味しいランチが食べたい人、すべてを受け止めてくれる素敵なお店でした。
みなさんもぜひ『炎舞炊き』の実力を実感してみてくださいね。
期間限定といわずずっと通えればいいのになぁ象印食堂!

象印食堂概要

<東京(期間限定/2018年10月26日~2018年11月4日)>
『炎舞炊き 象印食堂』

<大阪(常設/2018年10月17日オープン)>
ごはんレストラン『象印食堂』

<札幌(期間限定/2018年11月9日~2018年11月18日)>
象印食堂 Powered by 蔵元直営 千歳鶴 吉翔

<名古屋(期間限定/2018年11月9日~2018年11月18日)>
象印食堂 Powered by 豆家別邸 しびかま 本店

<福岡(期間限定/2018年11月9日~2018年11月18日)>
象印食堂 Powered by 博多 かんべえ 本邸・別邸

関連リンク

お出かけの際は必ずサイトで情報をチェックしてくださいね!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂』で甘み豊かなごはんが堪能できる!

http://gohan.life/articles/293

最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』で炊き上げた甘み豊かなごはんを堪能できる!3年目を迎えた期間限定のアンテナショップ『炎舞炊き 象印食堂』が、10月26日から11月4日の10日間限定で東京・表参道にオープンします!さらに、11月9日からは札幌・名古屋・福岡の3都市においても、現地の飲食店とコラボレーションした『象印食堂』を10日間限定で実施予定です!

象印食堂|象印

https://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/sp_contents/nwka/zojirushi_shokudo/#container

今年も『象印食堂』オープン決定!全国5地区で「炎舞炊き」のごはんを体験いただけます!

この記事のライター

渋谷区在住、奥渋~代々木上原界隈が頻出エリア。歌舞伎好き。トレンドと伝統のはざまで様々な食べ方ができる日本のお米をレポート中。

関連する投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


【お米クイズ】第39回:新規需要米とは?

【お米クイズ】第39回:新規需要米とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第39回は新規需要米についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

「ごはんの魅力を眠らせない。」をコンセプトに、東京表参道で過去5回開催してきた、株式会社honshokuが企画する「ごはんフェス」がららぽーと新三郷で開催 されます!全国から厳選したご飯のお供やお米に関する商品のマルシェやお米マイスターとお弁当コンサルタントによるワークショップの開催、日本各地の食材をアレンジしてオーダーメイドのおむすび屋「山角や」によるキッチンカー販売が行われます。ららぽーと新三郷で、お米の魅力を存分にお楽しみください!ららぽーとでの開催は初です!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。