ごはんと癒し:おにぎりで、調和を食す。

ごはんと癒し:おにぎりで、調和を食す。

最近は、デパ地下などで色とりどりのお花見弁当がまさに花盛りですが、定番はやっぱり「おにぎり」。今回は、老若男女、誰もが大好きなおにぎりのお話です。実は日本でお花見が定着したのは、「弁当」が大昔から日本文化にあったからだそうです。お花見の起源は奈良時代といわれ、桜天井の宴席が古くから沢山の人に親しまれてきました。


おにぎりが愛されてきた理由

おにぎりの起源、「頓食(とんじき)」はなんと平安時代からあるそうで、江戸時代には現代のスタイルと同じく海苔で巻かれるようになりました。栄養が手軽に摂れ、ご飯も手につかないという便利さが定着した理由だそうです。

日本おにぎり協会によると、神様の力を授かるために山の象徴の三角形にかたどったものを「おむすび」、にぎり飯から転じたものを「おにぎり」と呼び、「おにぎり」の方は丸や俵型など、姿形はどんなものでもよいとされています。

日本おにぎり協会『おにぎりの歴史』

では、おにぎりにはどのようなお米が適しているのでしょうか。一般的には、小粒で弾力性のあるお米がいいのでは?と頭に浮かびますね。

おにぎり評価8項目
「食味」・・・甘み、旨味
「食感」・・・粒感
「適度な硬さ」・・・歯ざわり、歯ごたえ
「ねばり」・・・ねばり
「のどごし」・・・のどで感じる心地よさ
※「くちほどけ」・・・上あごと舌など、口内で感じる心地よさ
※「包容力」・・・具材との相性、相性の良い具材の幅
※「冷めて旨い」・・・4時間後の食味全般

※特に「くちほどけ」「包容力」「冷めて旨い」の3項目は、おにぎりに特化した評価項目として重視。

出典 一般社団法人おにぎり協会『2017年、おにぎりに合うお米は「つや姫」など3銘柄』

一般社団法人おにぎり協会の発表では、上の8項目が大切で、中でも「くちほどけ」「包容力」「冷めて旨い」は、おにぎりにはとても重要とのこと。
それにしても「包容力」という項目が素敵ですね、なるほど~と思わず唸ってしまいました。ちなみにこの評価基準で審査したところ、おにぎりに適しているお米ブランドは、「つや姫」「ゆめぴりか」「銀河のしずく」だそうです。

おにぎりは、「調和の食べ物」

昔、海外に住んでいたとき、隣人から「ONIGIRIは、ニッポン人のソウルフードでしょう?」とよく言われました。お米、丸み、暖かさ、ごはんと具材が一まとまりで行き届いた感じ、その有り様がなんとなく日本人を表しているようだと言われ、嬉しかった記憶があります。

ごはんは元々ブドウ糖のかたまりで、脳の栄養、元気の源なのに加え、海苔は大切な五大栄養素の1つミネラル(無機質)が豊富。ミネラルは、具材のたんぱく質やビタミンを活かす調整役の役割があり、筋肉や神経の調整や代謝促進にも欠かせない癒しの名脇役です。

また、丸いもの(三角形でも角がなく丸い印象ですよね)には心を癒す効果があり、「腹が立ったときは丸いものを見るのがいい」と聞いたことがあります。まぁるいおにぎりのある所はきっと癒しの場所に違いありません。

良質なアミノ酸を含むたんぱく質を中心とした具材をごはんと海苔で丸く包む。「おにぎり」は、美味しくて栄養バランスがとれた日本独特の「調和の食べ物」なのです。

我が家の定番・春のおにぎりレシピ♪

今回は、我が家の春の定番おにぎりレシピを紹介します。

3月になると、春の味覚のグリーンピースやタケノコを混ぜ込んだり、桜の花の塩漬けをあしらったり、旬のおにぎりレシピがたくさん紹介されますね。
沢山の春をおにぎりに詰めこんで、目と舌で春を味わいつくしましょう!

菜の花と梅とくるみのおにぎり(2個)

材料

  • ごはん・・・200g
  • 菜の花・・・2本
  • 梅干・・・・ 大1個
  • くるみ・・・ 1個分
  • 塩・・・・・少々

作り方

  1. ごはんを炊く(柔らか過ぎないように注意)
  2. 菜の花は歯ごたえが残る程度に塩茹、水気を切る
  3. 梅干は果肉を包丁で軽くたたいておく
  4. くるみは、すり鉢かビニール袋で粗みじんに砕く
  5. 炊きたてのごはんに③④を切るように混ぜる
  6. ごはんを2等分にして、中心に菜の花を置き、(頭を少し出すように)ごはんで包むようににぎる

お好みで海苔を巻いてください。
彩りが綺麗なので、そのままでもOK。

鮭とグリーンピースと白ごまのおにぎり(2個)

材料

  • ごはん・・・・・・200g
  • 焼き鮭・・・・・・小一切れ
  • グリーンピース・・ 30g
  • 白ゴマ・・・・・・ 適量
  • 塩・・・・・・・・少々

作り方

  1. ごはんを炊く(柔らか過ぎないように注意)
  2. グリーンピースは塩茹し、水にさらしてザルに上げ、水気をきる
  3. 焼き鮭の身をほぐす
  4. 炊き立てのごはんに②③、白ゴマも入れ混ぜてにぎる

お好みで海苔を巻いてください。
彩りが綺麗なので、そのままでもOK。

この記事のライター

関連する投稿


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


【期間限定】土鍋ごはんおにぎりの前衛的レストラン『La Donabe(ラ・ドナべ)』代官山にオープン

【期間限定】土鍋ごはんおにぎりの前衛的レストラン『La Donabe(ラ・ドナべ)』代官山にオープン

タイガー魔法瓶株式会社は、土鍋炊飯ジャー「炊きたて」で炊いた土鍋ごはんのおいしさを驚きをもって楽しんでいただくために、土鍋ごはんのおにぎりで愛を語る前衛的な土鍋ONIGIRIレストラン『La Donabe(ラ・ドナベ)』を2018年10月19日(金)〜21日(日)の3日間限定でオープンします。


「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング