「悪魔のおにぎり」SNS後押しで発売から4週間で約200,000個販売!

「悪魔のおにぎり」SNS後押しで発売から4週間で約200,000個販売!

ローソンストア100から、9月12日(水)に発売された「悪魔のおにぎり」(税込108円)の販売が好調です!テレビやインターネットで話題となったレシピを元に、他社に先駆けていち早く商品化した、ローソンストア100オリジナル「悪魔のおにぎり」。発売から4週間で約200,000個が売れました(全店舗合計)。これは、通常のおにぎり新商品の約2倍の売行きで、大ヒットと言えます。


「悪魔のおにぎり」とは

天かす、麺つゆ、青のりをご飯にまぜこんだおにぎりです。
シンプルなレシピながら、おいしくて止まらない、どんどん食べ続けてしまう「悪魔的なおいしさ」からこの名前が付きました。料理レシピサイトでも特集されるなど話題になっています

商品化の背景

テレビやインターネット、SNSなどで話題になりつつあった「悪魔のおにぎり」に、商品開発担当者がいち早く目をつけたそう。
「話題のおにぎりなので、食べてみたいと感じる人はたくさんいるはず。でも自分で材料を買って揃えて作るのは面倒・・・そんな人のために商品化しよう」と、悪魔的なスピードで原材料の調達、工場での試作、味の調整、ラベルのデザインまでを行い商品化に成功。
9月12日(水)に新発売となりました。価格はもちろん、100円(税込108円)です。

発売後の反響は

「悪魔のおにぎり」は発売からわずか3日間で25,000個を販売しました。おにぎり新商品の平均的な販売数は新発売から3日間で1万個ほどですので、大変好調な滑り出しと言えます。発売日当日にローソンストアの公式TwitterやFacebookで「悪魔のおにぎり」発売を告知したところ、「食べてみたい!」「食べてみた!」という反響が多く寄せられました。
その後も勢いは衰えず、販売数は発売から4週間で20万個を超えました。これは当初予想していた販売数の約2倍の数値であり、現在増産体制と整えて対応しているそうです。

SNS上での反響(一部抜粋)
「ローソンストア100の「悪魔のおにぎり」むちゃ美味い」
「100円ローソンの【悪魔のおにぎり】夜食にぴったり」
「100円ローソンのこれ…絶妙な割合。 そうか、これが真の「悪魔のおにぎり」か」
「ローソン100で売ってた「悪魔のおにぎり」。ネーミングセンスに負けて買っちゃった」
「100円ローソンさん、期間限定でなく定番化して! #悪魔のおにぎり」
「100円ローソンの悪魔のおにぎりを食べた…うわ…これ、いくらでも食べられるやつ」
「悪魔のおにぎり、わざわざ買いに来た。栃木にローソン100無いから」
「何かで見たから買ってきた #ローソン100 #悪魔のおにぎり 美味しかった」
「つい買ってしまう悪魔のおにぎり #ローソンストア100」

※エリア、店舗によって品揃えが異なる場合があります。
※お近くのローソンストア100はこちらで検索ください。

お近くのローソンストアを検索

ローソンストア100~生鮮・100円・くらし支えるストア~

http://store100.lawson.co.jp/index.html

毎日のくらしを簡単、便利に、そして節約支援する、価値ある100円のお店「ローソンストア100」の 公式ウェブサイトです。新鮮な野菜や果物、デイリー食品、お惣菜、飲料から日用品まで幅広い品揃えです。

この記事のライター

関連する投稿


米こうじ甘酒を搾った「透きとおった甘酒」 3月上旬より販売開始

米こうじ甘酒を搾った「透きとおった甘酒」 3月上旬より販売開始

味噌・醸造製品メーカーのハナマルキより、日本の伝統的な健康飲料である甘酒を丁寧に搾った「透きとおった甘酒 125ml」が2019年3月上旬より、家庭用向けに、首都圏中心に発売開始です!透きとおっているからこそできる、SNS映えする新しい飲み方も色々ありますので、ぜひチェックしてみては!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。


【おにぎり写真で社会貢献】「おにぎりアクション2017」世界33カ国以上からのべ50万人が参加

【おにぎり写真で社会貢献】「おにぎりアクション2017」世界33カ国以上からのべ50万人が参加

おにぎりの写真をSNSまたは特設サイトで投稿すると、参加者に代わって賛同企業が1枚につき100円を寄付し、アフリカ・アジアの子どもたちに給食5食を贈るという取り組みが今年10月5日から11月15日まで実施され、SNS上でとても盛り上がったそうです。今回はこの心温まるニュースをご紹介します。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。