日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


日本の収穫祭は、お米で祝おう。「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

そごう・西武では、仮装以外のハロウィーンの楽しみ方を提案する「Oh!米(マイ)ハロウィーン」を実施中です。
「みんなと同じハロウィーンはイヤ」っていうあなた。
ちょっと趣向を変えて、お米で祝うハロウィーンなんてどうでしょう。

■日時:10月9日(火)~31日(水)
■会場:そごう・西武 各店=食品売場
 ※そごう神戸店、西武高槻店を除く

ハロウィーンは自宅で過ごす人が多い?

LINEリサーチによると、上の表の通り、ハロウィーンを自宅で過ごすという方は圧倒的に多く、誰と過ごすかを問う設問では「ご家族(⼦供・配偶者・パートナー・親・兄弟姉妹)」で過ごすという回答が多く見られたそうです。
ハロウィーンの過ごし方も多様化しているなか、今年は少し趣向を変えて、「仮装イベント」という認識ではなく、秋の実りを食卓に並べ、食の側面から「収穫祭」として楽しむ、おいしいお米と、それを作った農家さんに感謝するハロウィーンはいかがでしょうか?

[参考]LINEリサーチ:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465044_03.pdf

収穫の秋をいただいちゃおう!「ハロウィーンごはん」

食品売場では、ハロウィーンをテーマにした限定メニューが登場。
見た目も楽しめるごはんやおかず、おやつなど、お米をご堪能いただけるメニューを楽しめます。

【そごう・西武限定】
たごさく/ハロウィーンおこわセット
(1人前) 648円
かわいいお化けたちのおこわセット。

【そごう・西武限定】
俵大名/ジャック・オ・ランタンおにぎり
(1個) 238円
チキンライスを海苔で包んで、ジャック・オ・ランタンに変身。

使い方いろいろ。お化け手ぬぐいを手に入れよう!

「Oh!米 ハロウィーン お化け手ぬぐい」を先着10,000名さま(西武・そごう対象店舗総計)にプレゼント。
店内の4カ所に隠されたおコメのお化けを見つけ、それぞれのお化けが持つキーワードを組み合わせた合言葉を、各店LINE@のトーク画面に送信してください。オリジナル手ぬぐいがもらえるクーポンが届きます。

すぐ役立つ!手ぬぐいの使い方。GOODアイデアをご紹介。

和文化研究家の三浦康子さんが、日常生活だけでなくハロウィーンイベントでも役立つプチ仮装アイデアも含めた手ぬぐい活用法をご紹介します。

手ぬぐい活用法はこちら!

いかがでしたか?
この他にも、ごはんがもっとおいしくなるお釜特集や、人気ブロガーによるハロウィーンレシピのデモンストレーションなどのイベントもありますので、特設サイトをチェックしてみてくださいね。

Oh!米 ハロウィーン

https://www.sogo-seibu.jp/halloween2018/

「ハロウィーンは自分に関係ない」っていうあなた。もともとハロウィーンは秋の収穫祭。秋の収穫といえば、私たちになじみ深いのがお米ですよね。「みんなと同じハロウィーンはイヤ」っていうあなた。ちょっと趣向を変えて、お米で祝うハロウィーンなんてどうでしょう。今年は、おいしいお米と、それを作った農家さんに感謝する、味も気分もフレッシュなハロウィーンにしませんか。おコメのお化けも喜びますよ、きっと。

この記事のライター

関連する投稿


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。