【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


収穫の秋。旬の味をごはんに混ぜて!

天高く馬肥ゆる秋。山も海も実りの時期を迎えています。陽気も暑からず寒からず、ハイキングや行楽なども楽しい季節、家族や友人を誘って出かけませんか?

そんな時にぴったりなのが、ごはんを主役にしたお弁当。あったかごはんがたっぷり届く「ごはん屋便」のごはんを使って、旬を盛り込んだまぜごはんを作ってみませんか。

今回は、素材の味が生きている無添加調理のまぜごはんの素や、湯煎でOKのさんま炭火焼を使ったレシピをご紹介。手間いらず&失敗なしで、出来上がりは玄人はだし。外遊びがますます楽しくなるはずです!

今回使ったのはこれ!【お徳用ごはん】【まぶしごはん】【イエローライス】

お米のプロ「ミツハシライス」が長年培ったノウハウを駆使して炊き上げたごはんは、ふっくらもっちり。噛めば、お米の自然な甘みがじわりとわいてきます。炊飯工房から保温箱で届くから、ほかほかとあたたかいまま。しかも、ネットから気軽に注文できると、いいことづくめ。

つやつや真っ白に輝く白ごはんはもちろん、酢飯や赤飯、雑穀ごはんなどバリエーションも豊富。たっぷり大量の注文もOKだから、大勢が集まるイベントやお祝い事、学校や部活の行事などにもうってつけです。

そんな「ごはん屋便」の商品の中から、今回使ったのはこの3種類のごはんです。

【お徳用ごはん】

「ごはん屋便」一番人気。カレーやチャーハン、丼ものとの相性で選んだ国産米やミツハシオリジナルブレンド米を使用。大きな釜で炊き上げているから、おいしさもひとしお。もちろん、混ぜごはんとの相性もぴったりです。

【まぶし用だしごはん】

甘さの強い醤油をベースに炊き込んだ新商品。うなぎの蒲焼や焼き鳥などしっかりした味付けの具と相性抜群。山椒やマヨネーズをちょい足ししても美味。

【イエローライス】

魚介の旨味をきかせて炊き上げた、色鮮やかなごはん。カラフルな野菜や魚介をトッピングすれば、華やかなテーブルの主役に!

左から  ごはん屋便 
お徳用ごはん   https://gohanyabin.com/products/detail/66              
イエローライス  https://gohanyabin.com/products/detail/49        
まぶしごはん   https://gohanyabin.com/products/detail/51
今ならセット商品 https://gohanyabin.com/products/detail/67

文化祭バリューセット | セット商品 | ごはん屋便・大量のあたたかごはんお届けサービス

https://gohanyabin.com/products/detail/67

定番の【お徳用ごはん】とごはん屋便自慢の【イエローライス】【まぶしごはん】をセットにしました。色々な味のごはんを是非ともお楽しみください!!

これひとつでご馳走ごはん、まぜごはんの素

石井食品 まぜごはんの素

今回の頼れる相棒は、石井食品の「まぜごはんの素」。火も包丁も使わず、あったかごはんに混ぜるだけだから、普段はキッチンに立つことのない人や子どもでも大丈夫。失敗することなく本格的な一品ができあがります。

使ったのはシリーズの中でも人気のこの3品。「相知高菜のまぜごはん」、「有明鶏のかしわめし」、「生姜香る ごぼうと生姜のまぜごはん」です。

「相知高菜のまぜごはん」は佐賀県唐津市相知町で栽培される伝統野菜・相知高菜を使用。100年以上の歴史を持ち「幻の高菜」と呼ばれる希少な高菜をじっくり樽熟成させた高菜漬けが奥行きのある味わい。白いごはんに混ぜるだけで、食がモリモリ進みます。

佐賀県産の骨太有明鶏、国産ゴボウとニンジンたっぷりの「有明鶏のかしわめし」は旨味たっぷり。優しいしょうゆ味に仕上がっています。

「生姜香る ごぼうと生姜のまぜごはん」は国産ゴボウ、ショウガ、シイタケ、鶏肉をバランス良く使用。ゴボウの風味と生姜の辛味や香りが食欲をそそります。

調理はカンタン! あったかごはんに混ぜるだけ、乗っけるだけ

かしわと銀杏のまぜごはん

【材料】
「ごはん屋便」のお徳用ごはん
「有明鶏のかしわめし」
ギンナン
舞茸
ミツバ

【作り方】
①お徳用ごはんに「有明鶏のかしわめし」を混ぜ込みます。
②舞茸を出汁でサッと湯がきます。
③まぜごはんに、ギンナンと舞茸を合わせます。
 とれたての青い銀杏を使えば、目の覚めるような色合いに。
④竹かごに盛って、彩りにミツバをトッピング。

ごぼうと生姜、栗のごはん

【材料】
「ごはん屋便」のお徳用ごはん
「生姜香る ごぼうと生姜のまぜごはん」
ゆで栗
シメジ

【作り方】
①お徳用ごはんに「生姜香る ごぼうと生姜のまぜごはん」を混ぜ込みます。
②シメジを出汁でサッと湯がきます。
③まぜごはんに、ゆで栗とシメジを合わせます。
④竹かごに盛って、さらに栗とシメジをトッピング。

カラフル! パエリア風ごはん

【材料】
「ごはん屋便」のイエローライス
殻つきエビ
ムール貝(アサリやハマグリでも可)
牡蠣のオイル漬け
マッシュルーム(エリンギ、シイタケなどでも可)
パプリカ

【作り方】
①イエローライスに牡蠣のオイル漬けを混ぜ込みます。この時、オイルを少し足して混ぜ合わせると風味漬けに。
②キャセロールやパエリヤパンなどに盛り付けて、ガーリックオイルで炒めたエビやムール貝、きのこや野菜をトッピングします。
③このまま食べても、もちろん美味しいのですが、アウトドア用コンロや炭火にかければ香りが立ち上って、ますます美味しくなります。そこにできたおこげもご馳走です。BBQの締めにも、おすすめです。ただし、火に欠ける場合は直火OKの器を使いましょう。

炭火焼さんまのひつまぶし

【材料】
「ごはん屋便」のまぶし用だしごはん
真空パックのさんまのひつまぶし
新生姜漬け(またはガリ)
ミツバ

【作り方】
①まぶし用だしごはんを器に盛ります。
②炭火焼さんまとミツバをごはんにトッピング
③薄切りにした新生姜漬けを添え、好みで山椒を振ります。
※カットされていない炭火焼さんまを、そのまま丸ごと、まぶし用だしごはんにのせてお重風にしても。

今回は栗やギンナン、サンマや牡蠣は調理済みの市販品を使いましたが、新鮮なものにひと手間かけて使えば、さらに味わいはグレードアップ。器も曲げわっぱや籠、杉や檜の折を使えば、気分も盛り上がります。おいしいごはんをお供に、秋の行楽を楽しみましょう!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

http://gohan.life/articles/214

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。

【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

http://gohan.life/articles/151

待ちに待った春到来!日を追うごとに暖かくなって木々が芽吹き、サクラのつぼみもほころんで、気持ちもワクワクと浮き立ちます。こんな時こそ、青空の下でピクニック。「ごはん屋便」でおいしいごはんを用意したら、お好みの具材をプラスオン。さあ、みんなでお花見やお節句を楽しみましょう!

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


今年採れた“日本各地の栗”を使った「栗ごはんの素」が期間限定発売!

今年採れた“日本各地の栗”を使った「栗ごはんの素」が期間限定発売!

無添加調理で商品づくりを進めている石井食品株式会社が、秋の味覚の代表格である“栗”に着目。今年採れた日本各地の栗を使って地域ごとの味を再現した「栗ごはんの素」を2018年9月20日(木) より期間限定で発売します。


最新の投稿


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

米粉を主原料とし、従来のごはんと比べて糖質77.9%オフ、カロリー40%オフを実現し低糖質なお米型の無添加食品「TRICE」(トライス)が発売です。調味シーズニング3種(とり釜飯、ドライカレー、海鮮)とのセットを専用販売サイトにて取り扱われています。糖質を気にしてごはんを避けてきた方には、注目の商品ですね!


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング