ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!

最近めきめき人気上昇中の「おにぎり」。
おいしいだけでなく、楽しく食べられるのでSNS映えもしますね。

東京ハーヴェスト2018の目玉企画のひとつも、おにぎりが主役。
47都道府県それぞれの特産となる食材を使用したおにぎりワークショップが開催されます。

一般社団法人おにぎり協会代表理事・中村 祐介さんが講師を務めるとても楽しい1時間。
日本各地で食べられているごはんのお供とおにぎりにまつわる知恵袋トーク。食べ比べして、あなただけのおにぎりを作って見てはいかがでしょうか。

会場では、各都道府県の特産品を使い、日本列島の形にした展示も行います。
(上の写真です)

ワークショップ開催日時

10/13(土)
① 11:15~12:15 (11:00受付開始)
② 13:00~14:00 (12:45受付開始)

こちらのワークショップは、お申し込みが必要です。
下記のリンクから説明ページへ行けます。

47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!

https://thoni.peatix.com/

東京ハーヴェスト ワークショップ企画 ◆47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!◆ 日本各地で食べられているごはんのお供とおにぎりにまつわる知恵袋トーク。食べ比べして、あ... powered by Peatix : More than a ticket.

東京ハーヴェストって?

東京ハーヴェストは、農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭です。
今年はここでしかできない「日本の食を知る100の体験」を通じて、来場した方たちに各地域の風土・文化・歴史を楽しみながら再発見していただきます。
東京から全国、そして世界へと「おいしい日本」を発信する食の祭典を目指しています。

2013年のスタートから今年で6回目を迎え、来場者数は年を追うごとに増加しています。
昨年も2日間で4万人が日本の食を体験しました。

今回は再開発が進む虎ノ門に会場を移動。
旬を味わえる屋台、生産者のこだわりが伝わるマルシェ、発酵・醸造などのうまみが堪能できるキッチンカー、伝統の手業を体験できるワークショップなど、「体験」「参加」型コンテンツを多数用意しています。

今年のテーマは、「日本らしさを称えよう。」

今年の東京ハーヴェストでは、生産者や料理人が日々食材と向き合って手間ひまをかけていること・細部まで創意工夫をいとわず磨き上げていることこそが、「日本らしさ」であるととらえ、発信します。

来場者には、ここでしかできない「日本の食をつくる」貴重な体験を通じて、その手間や苦労、食卓に届くまでのたくさんの物語を感じていただきたいと考えています。

東京ハーヴェスト2018 開催概要

日時:
2018年10月11日(木)・12日(金)16:00~20:00、13日(土)11:00~19:00

会場:
虎ノ門ヒルズ(〒105-6390 東京都港区虎ノ門一丁目23−1)・新虎通り

入場:無料
公式ホームページ:http://www.tokyoharvest.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/tokyoharvest/
公式Instagram:https://www.instagram.com/tokyo_harvest/

■主催:東京ハーヴェスト実行委員会
(オイシックス・ラ・大地株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人 東の食の会)
■特別協力:新虎通りエリアマネジメント協議会、一般社団法人新虎通りエリアマネジメント、森ビル株式会社
■プレミアム・パートナー:ふるさとチョイス
■スペシャル・パートナー:キリン株式会社、岩手県
■メイン・パートナー:株式会社伊藤園、亀田製菓株式会社、キッコーマン株式会社、株式会社永谷園、日立アプライアンス株式会社、三島食品株式会社、ロート製薬株式会社、長崎県新上五島町
■パートナー:大塚食品株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、茨城県・JA全農いばらき、IWAKIふるさと誘致センター、岐阜県恵那市、長崎県対馬市、沖縄県北中城村、新潟県十日町市、福井県福井市、福岡県福岡市、宮崎県

東京ハーヴェスト2018は、楽しい企画が盛りだくさん!
詳しい情報はホームページをチェックしてくださいね。

東京ハーヴェスト | 東京から、ラブレターを。

http://www.tokyoharvest.com/

東京ハーヴェスト 東京の真ん中から全国の生産者の方たちへ。尊敬と、感謝をこめて。ありがとうの言葉を届けよう。東京から、ラブレターを。

この記事のライター

関連する投稿


五ツ星お米マイスターが伝授するお米講座&食べ比べワークショップ開催!

五ツ星お米マイスターが伝授するお米講座&食べ比べワークショップ開催!

お米クイズでおなじみ、小池精米店・三代目、五ツ星お米マイスターの小池理雄(ただお)さんによる、お米講座&食べ比べワークショップが、5月20日(月)に新宿伊勢丹で開催されます!「お米を楽しく!」をキーワードに、ごはんの美味しい食べ方や、品種・お米の栄養について等々…。知っているようで知らなったお米の魅力について触れてみてはいかがでしょうか?


【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

渋谷駅から少し離れた静かな場所にあるCHAKAS渋谷本店。都内ではここでしか味わえない、ぬくもりのある日替わりの手作りおにぎりとそれに合わせたこだわり抜かれた日本茶を堪能することができるカフェです。 ちょっと一息つきたい時、小腹が減った時、一人でも訪れやすいCHAKAS(チャカス)渋谷本店は、都会で頑張る忙しい人たちに知っておいて欲しいおすすめのお店。どんなお茶とおにぎりが楽しめるのか、ご紹介します。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

2015年にデビューしたブランド米「青天の霹靂」(せいてんのへきれき)のPR試食イベント『青山青森村 2018「さっパリ祭」』を東京都 青山・国際連合大学前広場にて11月3日(土)・4日(日)に開催します! 来場者に先着で「青天の霹靂」おむすびをプレゼント!フレンチ風の「さっパリおかず」(有料)も楽しめます。


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。