【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第37回は炊飯で使用する水についてです。


【第37回】問題:炊飯で使用する水は?

今回のクイズは「炊飯に使用する水」についてです。

言うまでもなくごはんの味を左右する重要な要素のひとつが「水」です。

よく「同じお米なのに田舎で食べると美味しく感じる!」と言われます。
もちろん気分的なものもあると思いますが、その感想に「水」が影響を及ぼしているのは間違いありません。
一説には「その土地の水で育った稲は、その土地の水で炊飯するのが美味しい」と言われています。もちろん根拠の程は定かではありませんが…。

問題
炊飯時の水について正しく述べているものはどれでしょうか。
次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.炊飯で使用する水の硬度(軟水か硬水か)はごはんの美味しさとは関係がない。

イ.水は米粒のなかにしっかり浸透することにより炊飯時の熱伝導の役割を果たす。

ウ.米粒の甘味は炊飯時に水の中に逃げてしまうので、あまり水を浸透させない方がいい。

エ.水道水を浄水器にかけて炊飯に使用すると、炊き上がりが黄色くなる。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
イの「水は米粒のなかにしっかり浸透することにより炊飯時の熱伝導の役割を果たす。」でした!

炊飯で使用する水は軟水がいいでしょう。
それは軟水の方が米粒のなかにしっかりと浸透するためです。十分に水を含んだお米は、熱を加えることにより米粒のなかまでしっかりと熱が伝わり、でんぷんがアルファ化されます。また、でんぷんの糖化も十分に進みます。
硬水の場合は浸透が遅くなり、また炊き上がりが黄色くなります。

最近、とみに感じるのは浸漬時間を十分にとることの大事さです。美味しいごはんに出会うためにはまずしっかりと水を浸透させる時間をとることが大事です。
夏は30分、冬は1時間と言われていますが出来ればその倍は欲しいところです。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。


【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第41回はふゆみず田んぼについてです。


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

「ごはんの魅力を眠らせない。」をコンセプトに、東京表参道で過去5回開催してきた、株式会社honshokuが企画する「ごはんフェス」がららぽーと新三郷で開催 されます!全国から厳選したご飯のお供やお米に関する商品のマルシェやお米マイスターとお弁当コンサルタントによるワークショップの開催、日本各地の食材をアレンジしてオーダーメイドのおむすび屋「山角や」によるキッチンカー販売が行われます。ららぽーと新三郷で、お米の魅力を存分にお楽しみください!ららぽーとでの開催は初です!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。