【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

【お米クイズ】第37回:炊飯で使用する水は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第37回は炊飯で使用する水についてです。


【第37回】問題:炊飯で使用する水は?

今回のクイズは「炊飯に使用する水」についてです。

言うまでもなくごはんの味を左右する重要な要素のひとつが「水」です。

よく「同じお米なのに田舎で食べると美味しく感じる!」と言われます。
もちろん気分的なものもあると思いますが、その感想に「水」が影響を及ぼしているのは間違いありません。
一説には「その土地の水で育った稲は、その土地の水で炊飯するのが美味しい」と言われています。もちろん根拠の程は定かではありませんが…。

問題
炊飯時の水について正しく述べているものはどれでしょうか。
次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.炊飯で使用する水の硬度(軟水か硬水か)はごはんの美味しさとは関係がない。

イ.水は米粒のなかにしっかり浸透することにより炊飯時の熱伝導の役割を果たす。

ウ.米粒の甘味は炊飯時に水の中に逃げてしまうので、あまり水を浸透させない方がいい。

エ.水道水を浄水器にかけて炊飯に使用すると、炊き上がりが黄色くなる。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
イの「水は米粒のなかにしっかり浸透することにより炊飯時の熱伝導の役割を果たす。」でした!

炊飯で使用する水は軟水がいいでしょう。
それは軟水の方が米粒のなかにしっかりと浸透するためです。十分に水を含んだお米は、熱を加えることにより米粒のなかまでしっかりと熱が伝わり、でんぷんがアルファ化されます。また、でんぷんの糖化も十分に進みます。
硬水の場合は浸透が遅くなり、また炊き上がりが黄色くなります。

最近、とみに感じるのは浸漬時間を十分にとることの大事さです。美味しいごはんに出会うためにはまずしっかりと水を浸透させる時間をとることが大事です。
夏は30分、冬は1時間と言われていますが出来ればその倍は欲しいところです。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

渋谷駅から徒歩10分のキャットストリート渋谷側にある、ライスバーガー専門店です。お米の新しい形を提案することをコンセプトに作られたライスバーガーや、店内で製造されたポン菓子も楽しめるお店です。 デザイン会社さんが母体となっており、渋谷らしく新しいコンセプトとアプローチが特徴です。


【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第53回はお米の収穫量「反収」についてです。


【お米クイズ】第52回:お米の等級格付け

【お米クイズ】第52回:お米の等級格付け

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第52回はお米の等級格付けについてです。


【お米クイズ】第51回:出穂時期の農作業

【お米クイズ】第51回:出穂時期の農作業

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第51回は出穂時期の農作業についてです。


【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第50回は炊飯器とお米の量についてです。


最新の投稿


6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

6月30日は“令和初”の夏越の祓!初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定!全国的に拡がる新・行事食「夏越ごはん」

一年の後半を新たな気持ちでスタートし無病息災を祈る、毎年6月30日に行われる神事の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせて、新たな行事食として注目されている「夏越ごはん」。今年は初のコンビニエンスストア・百貨店での展開も決定し、「夏越ごはんの唄」動画も登場するなど、ますます広がりを見せています。“令和初”の夏越の祓。季節の歳時食として「夏越ごはん」に注目です。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

若者の街、渋谷にお米の美味しいお店が新しくオープン! キャットストリートの渋谷側、新しいビルのライスバーガーのお店。

渋谷駅から徒歩10分のキャットストリート渋谷側にある、ライスバーガー専門店です。お米の新しい形を提案することをコンセプトに作られたライスバーガーや、店内で製造されたポン菓子も楽しめるお店です。 デザイン会社さんが母体となっており、渋谷らしく新しいコンセプトとアプローチが特徴です。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第9回】すっきり爽快、オクラと生姜のおみそ汁

この時期は、暑さと湿度で食欲が落ちたり、エアコンで体が冷えている方が多いと思います。そんな方にぜひ食べていただきたいのが、栄養豊富な夏野菜「オクラ」と、冷えを防いで食欲を増進する「生姜」のおみそ汁。さっぱり風味で、ごはん(炭水化物)の消化を促します。


【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

【お米クイズ】第53回:お米の収穫量「反収」

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第53回はお米の収穫量「反収」についてです。