【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


2018年の秋のお彼岸は9月20日から9月26日

夏の暑さも和らぎ、風の幹事はもう秋になってきましたね。
暑さ、寒さも彼岸まで。。。お彼岸が近づいてきているのを感じます。

今年の秋のお彼岸は9月20日(彼岸入り)から9月26日(彼岸明け)の間。

お彼岸とは先祖供養の意味で用いられることが多いですね。
特に秋分の日には「先祖を敬い、なくなった人々を偲ぶ」という意味を持ちます。
仏壇・仏具をきれいにしたり、お墓の掃除をしたり、お花やお供えものをしたり。
お供えには季節に合わせたお菓子を用意するとよいといわれています。

秋は「おはぎ」。
秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。
季節によっての呼び方が変わるほかに、こしあんを使ったものを「ぼたもち」。
粒あんを使ったものを「おはぎ」という分けかたの地域もあるようです。

おばあちゃんが作るおはぎは、いつも優しい甘さ。

もち米って英語でsweet riceっていうんです。
甘いお米。まさにあまみが特徴のお米です。

おはぎといえば、、、
おばあちゃんじゃない!?

人生経験豊富なおばあちゃんのつくったおはぎってなんかちがうんですよね。
やさしく慈しみながらつくるとね、
お米から甘みが出てくるんだよ。
お料理をおしえてくれた私の師匠はいつもそういっておはぎを作っていました。

確かにね、急いで作った時の味と、気持ちをこめて作った味では違うような気がするんです。気だけ??なのかもしれないですけれどね。
その気ってとても大切なことなんだと思っています。

そんなおはぎをぜひママには作ってもらいたい。
そしてね、我が子に、孫に伝えていってもらえたら、家族がね、日本がね、世界が平和になるように思うんです。

手作りの玄米おはぎ、作ってみませんか?

そんな愛情たっぷりの手作りおはぎ、一度玄米でも作ってみませんか?

見た目もかわいくて喜ばれますよ。

玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。
うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになります。

うるち米の玄米でも、圧力鍋で炊くともっちりしますし、品種によっても(ミルキークイーンなどはもちもちしていますよね)もち米に近づけることができるので、もち米の玄米が手に入らない場合でも玄米を使って作ってみてくださいね。

写真の二つのお米は、手前(写真下)が玄米もち米で、奥(手前)が玄米。少しもち米の方がふっくらしていて白いのです。

玄米おはぎ:おもちの作り方

小さめ15~20個分のレシピです。
小さいほうがいろいろと食べられ、口の小さなお子様におすすめですよ。

材料

  • 玄米もち米・・2合
  • 水・・・・・・2合分(お米に対して等倍~1.1倍)
  • 塩・・・・・・ひとつまみ

作り方

  1. 玄米は丁寧に洗い圧力鍋に入れ、水を加えて火にかける。
  2. くつくつしてきたら一つまみの塩をいれて、蓋をし強火にして圧力をかける。
  3. 圧がかかったら弱火にして25分弱火で炊く。
  4. 濡れ布巾の上にあげて10分ほど蒸らしたら、すり鉢にいれてすりこ木で丁寧にやさしくつく (潰す)。※つき具合はお好みに合わせて。
  5. ピンポン玉程度の大きさに丸めておく。

左:お好みで歯ごたえ感を意識してつきます。
右:子どもに食べやすいよう、かわいくピンポン玉くらいの大きさに丸めます。

玄米おはぎ:餡(あん)の作り方

ミキサー越しに子どもたちも興味しんしんです。

小豆餡(あずきあん)

材料

  • 小豆・・・1カップ
  • 水・・・・2カップ
  • 昆布・・・切手大1枚
  • 甜菜糖・・大さじ3~お好みに合わせて
  • 塩・・・・ひとつまみ

作り方

  1. 小豆は一晩浸水させて、2倍のお水を加えた土鍋で柔らかくなるまで炊く。
  2. 小豆が柔らかくなって水分が少なくなったら、木べらで小豆をつぶしながら混ぜ合わせて餡状にし、甜菜糖をくわえてねる。
  3. 塩を加えて甘みを引き出したら、完成です。

きなこ

材料

  • きなこ・・・1/2カップ
  • 塩・・・・・ひとつまみ

作り方

  1. きな粉に塩を加える。

黒ごま

材料

  • 黒ごま・・・1/2カップ
  • 玄米水飴・・小さじ2
  • 醤油・・・・小さじ1/4

作り方

  1. すり鉢に炒った黒ごまを入れてすりつぶし、玄米甘酒と醤油を加えて混ぜ合わせる。

栗餡

材料

  • 甘栗・・・・・・・・100g
  • メープルシロップ・・大さじ2~3
  • 塩・・・・・・・・・ひとつまみ

作り方

  1. 甘栗(生の栗が手に入る場合は湯がいて中身を取り出します)を鍋に入れて、1/4のお水を加えて弱火で5分煮る。
  2. ブレンダーに①とメープルシロップを加えて混ぜ合わせてペースト状にして塩を加えて甘みを引き出します。

さつまいも餡

材料

  • さつまいも・・100g
  • 豆乳・・・・・大さじ1~
  • 塩・・・・・・ひとつまみ

作り方

  1. さつまいもは乱切りにしてお鍋にいれて、1/4カップのお水を加えて弱火でやわらかくなるまで煮る。
  2. すり鉢にいれ、潰して豆乳を加えてペースト状にする。
  3. 塩を加えて甘みを引き出す。

紫芋を使うとこんなにキレイですよ!

かわいい玄米おはぎが完成!

それぞれの餡ができたら、お餅をくるんで完成です。

玄米の甘みを感じられるように甘さ控えめにしています。
甘みに関しては、おうちで使っている甘味に変更していただいたり、お好みにあわせて量を加減してみてね。

小豆餡の玄米のお団子を標準にすると、きなこ→1.5倍、黒ごま→1.2倍、栗とさつまいも→等倍。の大きさでお団子を作っておくと出来上がりの大きさはそろいます。

大きさや形にこだわらずお子さまと一緒にたのしみながら作ってね。

この記事のライター

生きる力を育てる自然派料理研究家。
4歳になる娘のママ。生きる力を育てるをテーマに子育て中のママにむけてお料理教室を開催。

関連する投稿


18年間かけて共同開発、栽培期間中の化学合成農薬・化学肥料の不使用を実現させたお米「とことん共生米」が2020年11月デビュー

18年間かけて共同開発、栽培期間中の化学合成農薬・化学肥料の不使用を実現させたお米「とことん共生米」が2020年11月デビュー

生活クラブ連合会は、山形県の遊佐町共同開発米部会と取り組んできた、栽培期間中に化学合成農薬・化学肥料を一切使わずに作ったお米を、新名称「とことん共生米」として、2020年11月より新たに供給を開始します!


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の旬な選りすぐりの“新栗”を使った石井食品の栗ごはんに、京都京丹波、熊本山江村、そして茨城笠間の3種の栗ごはんをお楽しみいただける「地域の栗ごはん食べ比べセット(やまえ・京丹波・笠間)」を、石井食品の公式オンラインストア 「イシイのオンラインストアにて、数量限定発売しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二侯」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


「石井食品の栗ごはん」や野菜を食べる玄米おかゆ「potayu(ぽたーゆ)」など売上の一部を、被災地支援の活動金として寄付

「石井食品の栗ごはん」や野菜を食べる玄米おかゆ「potayu(ぽたーゆ)」など売上の一部を、被災地支援の活動金として寄付

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、2016年熊本地震をきっかけに設立した「クリエイティブの力で社会課題に挑む」「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」をミッションとして掲げる一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOとともに、熊本豪雨災害による被災地支援に向けて新たな取り組みをスタートしました。熊本県の食材を使用した石井食品の栗ごはん「今年採れた熊本やまえ村の栗 栗ごはん 2合用」や、野菜を食べる玄米おかゆ「potayu」などの売上の一部を、熊本県被災地支援の活動金として寄付を行います。 (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


最新の投稿


【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

有限会社川田餅本舗は、お餅には珍しい刺激の強い香辛料や具材を搗きこみ、お酒に合うお餅、そしておかずにも夜食にもなるお餅『もっちりナイト』を2020年11月20日より「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始しました。お正月だけじゃもったいない、毎日でも食べたくなる刺激強めなお餅の詰合せです。


【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第115回は日本の食料自給率についてです。


発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

八海醸造株式会社より新たな化粧品ブランド「reint(れいんと)」が誕生しました。第1弾は、米の栄養素と天然の雪解け水でつくった高保湿フェイスマスク3種を発売。開発理念に掲げている「米・麹・発酵」をテーマに開発され、保湿力に優れ、肌に優しい成分で敏感肌の人も使いやすい処方です。


【お米クイズ】第114回:生産者の技術

【お米クイズ】第114回:生産者の技術

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第114回は生産者の技術についてです。


コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

寒天育ちのコシヒカリと山岡細寒天の新コラボ! 岐阜県恵那市山岡町の寒天生産者 水野寒天は、2020年10月21日より、日本一のブランド寒天「山岡細寒天」の肥料で育ったコシヒカリとカット細寒天のコラボ商品【水野寒天米(みずのかんてんまい)】を開発・新発売致しました。同時に、ギフト向けオンラインショップ『水野寒天ギフトショップを新設し、ワクワクするギフトに最適な商品の販売をスタートしました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング