【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「お赤飯」です。

元祖・お赤飯はもち米ではなかった。

現代のお赤飯は、あずきを煮た煮汁にもち米を漬け込み、そのあとで蒸しあげて作ります。お赤飯の赤い色は小豆の煮汁の色が付いたものです。
しかし、古代から存在したと思われる赤飯の原型は、もち米を蒸したものではなく、もともと米粒が赤い「赤米」を蒸して作られていたようです。赤米は日本人の主食であるジャポニカ種とは異なるインディカ種のお米です。
お赤飯に「ごま塩」が付いていることがありますが、その謂れは本来赤いお米で作るべき赤飯を白米に色を付けているので、それを「ごまかす」ためという説があります。

有色米 - いにしえの色あいを受け継ぐ彩りの米

http://gohan.life/articles/54

赤いお米や黒いお米があるのはご存じですか?田んぼに色の違うイネを植え分けて描いた巨大アートをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。赤米や黒米はいにしえの祭事でも使われていたと言われるお米なのです。

赤飯の赤は魔除けの色。

赤米で赤飯が作られていた時代は、お米自体が大変貴重な食物であり、更に赤という色には呪力があって、災いを避ける力の象徴であったため、神様へのお供え物にふさわしいものとして赤飯がささげられたのではないかと言われています。
ご祝儀袋の水引とか紅白の幔幕とかと同じように、おめでたい席に魔除けの力を象徴する赤飯の赤は欠かせない色なのです。
お赤飯には南天の葉が添えられていることがありますが、これも「南天」=「難を転ずる」という語呂合わせ。赤飯の魔除け効果を強めるおまじないです。

いつごろから食べられていたのだろう?

お祝い事に赤飯を食べるようになったのは室町時代からと言われています。現代日本で食べられているのと同じジャポニカ種の白米が広く栽培されるようになった江戸時代になると、赤米に代わってあずきと白米で作る現代と同じお赤飯が庶民の間にも広まっていったようです。

敬老の日にもお赤飯をどうぞ。

本来、お赤飯は旧暦の季節の変わり目、例えば秋なら9月9日の重陽の節句の日などに食べる習わしでした。しかし今はお祝い事の時しか、口にしませんね。でも、筆者が勤めていた会社の近くの小料理屋では、ランチメニューとしてお赤飯弁当がありましたし、歌舞伎座の前にあるお弁当屋さんでは観劇メニューとしてお赤飯の入った幕の内弁当が定番です。

さて 9月最初の祝日は高齢者の長寿を祝う「敬老の日」。健康を祈ってお赤飯を用意すれば、お祝いの気持ちが一層伝わるのではないでしょうか。お赤飯の赤はあずきの煮汁ですが、煮汁にはポリフェノールがたっぷり含まれているので、健康にもよいので長寿のお祝いにはぴったりですよ。

お祝い事でお赤飯がたくさん必要になったら

大勢が集まるお祝い事でお赤飯がたくさん必要な時はこちらが便利。出来立ての美味しいお赤飯が簡単にオーダーできますよ。

ごはん屋便・折詰赤飯
https://gohanyabin.com/products/detail/38

ごはん屋便・赤飯
https://www.gohanyabin.com/products/detail/9

この記事のライター

関連する投稿


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


最新の投稿


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

米粉を主原料とし、従来のごはんと比べて糖質77.9%オフ、カロリー40%オフを実現し低糖質なお米型の無添加食品「TRICE」(トライス)が発売です。調味シーズニング3種(とり釜飯、ドライカレー、海鮮)とのセットを専用販売サイトにて取り扱われています。糖質を気にしてごはんを避けてきた方には、注目の商品ですね!


“アレルゲン原材料不使用”のホットケーキミックス「お米のホットケーキミックス」が新登場!

“アレルゲン原材料不使用”のホットケーキミックス「お米のホットケーキミックス」が新登場!

「お米のホットケーキミックス」は、組合員からの声から開発されたアレルゲン原材料不使用のホットケーキミックス。甘さ控えめでクセがなく、もっちりとした食感が特徴的な、大人から子どもまで楽しめる一品です。 生活クラブにて、2018年11月より共同購入開始です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング