ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

「いつまでも健やかで美しくいたい」誰もが願うことだと思います。これを日常生活の中で気軽に取り入れることが出来ないか?と考えると、やはり食で取り入れるのが簡単かもしれません。早速Daisyが食材を吟味し、抗酸化作用たっぷりのアンチエイジングごはんを作ってみましたのでレポートします!


日々のごはんで、気軽に抗酸化作用が期待できる食材を取り入れる

 私たちの体内では日々酸素を利用すると同時に活性酸素が生じています。
この活性酸素が増えることにより、いわゆる老化現象と言われる、シワ、しみ、がん、糖尿病などの生活習慣病の症状が現れるのです。
活性酸素が増える原因は加齢に加え、ストレスや、タバコ、紫外線など。この増えてしまった活性酸素を除去していくことが、老化や生活習慣病などの予防になります。つまり抗酸化とは、進行していく酸化に抗うことです。抗うとなるとちょっと難しそうですが、できれば普段の食事などで気軽にできないかと考えました。そこで思いついたのが炊き込みごはんです。
抗酸化作用が期待できる食材を積極的に取り入れて、老化が追い付かない身体目指しましょう。

お気軽アンチエイジング炊き込みごはん レシピ

まず食材探しから

ポイント は「赤い色の食物」!

ごはんに合うことはもちろんですが、ポイントの一つは「赤い色の食物を選ぶこと」。
トマト、イチゴ、いくら、鮭、エビ、赤ワイン…、赤い色の食べ物はどれも健康や美容に効果の高い成分がたくさん含まれているのですよ!

なかでもトマトには特に沢山の栄養素がたっぷり含まれています。
その中でも「リコピン」は抗酸化作用が強いと言われているので、トマトは外せない食材の一つです。

また、鮭も美肌食材として有名ですね。
鮭の赤い色は「アスタキサンチン」によるもので、この「アスタキサンチン」は抗酸化作用があります。「ビタミンD」も多く含まれていて、ビタミンDにはカルシウムの吸収を高め骨の老化を防ぐ効果も期待できます。
こちらもまさにアンチエイジングにはうってつけの食材です。

Daisyのレシピ

・お米・・・・・・・2合
・紅鮭・・・・・・・1切れ
・トマト・・・・・・1個
・塩昆布・・・・・・ひとつまみ

トマトと鮭を大胆におコメに投入!とても簡単。

この二つを大胆におコメに投入!(下処理は一切なし)
さらに隠し味としても活躍してくれそうな、うま味成分「グルタミン」や「ミネラル」をたっぷり含み、肌を美しく保つ「ビタミンB」などなど良いことしか思い浮かばない塩昆布を一つまみ。
これを一つのお鍋orおかまで炊くだけ。簡単簡単!

気をつけること

注意することとしてはトマトの水分が多いので、必要分量のお水から大さじ5-6杯くらいのお水を差し引くこと。
塩鮭でも生鮭でも大丈夫ですが、塩鮭の場合は塩分が効いているので塩昆布の分量に注意です。
塩分を気にされる方は塩昆布ではなくだし昆布1枚でも大丈夫。
新鮮な鮭を使えば生臭さもないですし、材料を下ごしらえする必要もなし。
生鮭+塩昆布ですと塩味はほんのり、塩鮭を使うとしっかりと塩味が効いたごはんになります。
魚の匂いがどうしても‥と言う方はお酒を使ってくださいね。

炊き上がりはこんな感じ。どんどん混ぜたら、完成です。

炊きあがりはこんな感じです。

トマトはまだ形を成したままですがちょっと押しただけで簡単につぶれます。
トマトの水分を米粒にまんべんなく絡ませて、5分程度さらに蒸らせばさらに簡単です。

混ぜます。

どんどん混ぜれば完成です。

どんなおかずとも会う!

意外とトマトの主張は少ないのでどんなおかずにでも合います。
トマトはどの食材とも相性が良いので、トマト+アルファのアレンジ炊き込みごはんは無限の可能性を感じますね。

おにぎりにしてみました

おにぎりにしました。

さらなる抗酸化作用を期待するならば煮大豆やターメリック(いずれも抗酸化作用が高いと言われています)を入れても良いですよ。
枝豆やネギをちらしても見栄えがよくなります。

おにぎりの中身。

私はとろろ昆布を巻いてさらり栄養価UPのおにぎりにしました。
お米を美味しく食べて、アンチエイジングを目指します!

この記事のライター

渋谷区在住、奥渋~代々木上原界隈が頻出エリア。歌舞伎好き。トレンドと伝統のはざまで様々な食べ方ができる日本のお米をレポート中。

関連する投稿


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


原材料は国産米と水のみ! 添加物なしの「ライスジュレ」がお料理の強い味方に

原材料は国産米と水のみ! 添加物なしの「ライスジュレ」がお料理の強い味方に

「ライスジュレ」をご存知でしょうか?小麦や食品添加物を使わなくても、パンやケーキが“しっとりもちもち”になると評判のお米由来の食材なのです。 グルテンフリー食を取り入れている方にとって、強力な助っ人となること間違いなしです。


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

SNSを中心に話題沸騰中のとうもろこしごはんをご存知ですか? インスタ映えするビジュアルに加え、甘いお米と旬のとうもろこしがこんなにも合うのか!とファンが増殖中。Daisyが今一番好きなお米料理、まだ試していない方にぜひお勧めします!


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング