【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「ウナギ」です。

土用は1年に4回もある。

そもそも「土用」の意味は、季節の変わり目である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の直前の時期を表す言葉。ですから、夏に限らず年に4度訪れるのですが、夏場の「土用丑の日」ばかりが有名になったので、どうも夏を示す言葉と誤解されているようです。

正確には「土用丑の日」は、立夏前18日間のうち、十二支の「丑」に当たる日を指す言葉で、今年(2018年)は7月20日と8月1日の2日あります。
「土用丑の日」が2度ある場合には2日目の丑の日を「二の丑」と呼ぶそうです。

「土用丑の日」は日本初のキャンペーン・コピー?

「土用丑の日」は夏のキーワードとして定着することになったきっかけとは何か?

これには諸説があるようですが、最もポピュラーな説は江戸時代の蘭学者でありアイデアマンだった平賀源内が、知り合いの鰻屋に販売促進の知恵を頼まれて「本日 土用 丑の日」と書いた看板を出したら大当たりしたという話。

当時は暑い夏には「う」の文字が付く食材を食べるのが健康にいいと言われていたようです。
例えば瓜・梅干し・うどんなど。そこで「う」の付く日に「ウナギ」を食べるのが健康にいいと思われたのかもしれませんね。
だったら「丑の日」ではなく「卯の日」でもよかったような気もしますけどね。

それはともかく、日本初のキャッチフレーズとか、日本初の販促キャンペーンと言われる所以です。

ウナギの旬は、夏ではないらしい。

確かに暑い季節に栄養分の高いウナギを食べるのは理にかなってはいます。
でも天然物のウナギに限っていうと、夏場は旬ではないそうです。
産卵の準備に入る初冬の頃、一番脂がのって美味しいウナギになるんだそうですよ。

もっとも、稚魚の不漁や資源の枯渇が心配されている今の日本では、天然物のウナギにお目にかかる機会はほとんどないと言ってもいいでしょう。
養殖物であれば、一年中美味しいウナギが食べられるのはうれしいですね。

食欲をそそるあの匂いは、やっぱり夏の風物詩。

暑さで食欲が衰え、あっさりしたものばかり食べたくなる時期でも、ウナギを焼く匂いが漂ってくると白いごはんの上に乗った美味しそうなウナギのかば焼きがすぐに頭に浮かんできますよね。
濃厚なウナギの食味と淡白な白いごはんの組み合わせが、暑さの中でも食欲をそそる絶妙なバランスを生み出しているのでしょう。

白いごはんの上にさまざまな食材をトッピングする「丼物」は和食独特のメニュー。
食卓の主役でありながら、さまざまな食材を脇役として活かすことのできる「ごはん」の力の奥深さが感じられます。

夏バテ気味のあなた、ちょっと贅沢して「うな丼」ではなく「うな重」を奮発してみてはどうですか?

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第45回は炭水化物の吸収スピードについてです。


【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。


【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第41回はふゆみず田んぼについてです。


釜めしの素シリーズに新アイテム登場!『豚めしの素』1月31日新発売

釜めしの素シリーズに新アイテム登場!『豚めしの素』1月31日新発売

丸美屋食品より、釜めし・炊込み市場NO.1の釜めしの素シリーズから新アイテムとして、「豚めしの素」が2019年1月31日(木)より新発売です!。また、「鶏めしの素」のパッケージも刷新し、2019年2月からリニューアル発売します!


最新の投稿


【お米クイズ】第46回:おいしいごはんのために気を付ける点は?

【お米クイズ】第46回:おいしいごはんのために気を付ける点は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第46回はおいしいごはんのために消費者が気を付ける点についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第6回】かわいい!マッシュルームのおみそ汁

きのこのおみそ汁は定番ですが、西洋きのこの「マッシュルーム」で作っても美味しいのをご存知でしょうか。今回はホワイトとブラウン、2色のマッシュルームに、アスパラガスで緑のアクセントを加え、味わいは和風、見た目は洋風のおみそ汁に仕立てました。


ミツハシ×女子大学生のコラボプロジェクト、神奈川県産米粉を使った「グルテンフリースイーツ」を共同開発

ミツハシ×女子大学生のコラボプロジェクト、神奈川県産米粉を使った「グルテンフリースイーツ」を共同開発

米の一貫メーカーのミツハシと鎌倉女子大学の学生が地元「神奈川県産米粉を使ったスイーツ」を共同開発し、直営店舗「GOHANYA'GOHAN」にて4月27日(土)より発売開始します!グルテンフリーで注目の米粉スイーツには、お米の魅力がいっぱい。ふんわりでもちっとしたした食感がたまらない「米粉」本格スイーツは楽しみです。


【吉祥寺】米粉の絶品ふわふわシフォンケーキが味わえるmom's chiffon

【吉祥寺】米粉の絶品ふわふわシフォンケーキが味わえるmom's chiffon

吉祥寺駅からバスと徒歩で約10分の場所にあるmom's chiffon(マムズシフォン)。こだわりの食材を使用した米粉のシフォンケーキが販売されています。店主の方がお一人で仕込みから販売までされていて、その手作りのぬくもりとおいしさはここでしか味わうことができません。加えてまた食べたいと思わせてくれるおいしさに感動すること間違いなし!そんなグルテンフリーのケーキ屋さんmom's chiffonをご紹介します。


Marucho- 丸長 in Shimokitazawa Liver and Chinese Chives

Marucho- 丸長 in Shimokitazawa Liver and Chinese Chives

”What I Eat Everyday In Japan." This was the recommendation from some connoisseur restaurant chef in my town. 7 or 8 minute walk from Shimokitazawa station. This set menu was a kind of eye-opening..... Yum! and nutritious as well.


アクセスランキング


>>総合人気ランキング