【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「ウナギ」です。

土用は1年に4回もある。

そもそも「土用」の意味は、季節の変わり目である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の直前の時期を表す言葉。ですから、夏に限らず年に4度訪れるのですが、夏場の「土用丑の日」ばかりが有名になったので、どうも夏を示す言葉と誤解されているようです。

正確には「土用丑の日」は、立夏前18日間のうち、十二支の「丑」に当たる日を指す言葉で、毎年変わります。
「土用丑の日」が2度ある場合には2日目の丑の日を「二の丑」と呼ぶそうです。

今年の土用丑の日

「土用丑の日」は日本初のキャンペーン・コピー?

「土用丑の日」は夏のキーワードとして定着することになったきっかけとは何か?

これには諸説があるようですが、最もポピュラーな説は江戸時代の蘭学者でありアイデアマンだった平賀源内が、知り合いの鰻屋に販売促進の知恵を頼まれて「本日 土用 丑の日」と書いた看板を出したら大当たりしたという話。

当時は暑い夏には「う」の文字が付く食材を食べるのが健康にいいと言われていたようです。
例えば瓜・梅干し・うどんなど。そこで「う」の付く日に「ウナギ」を食べるのが健康にいいと思われたのかもしれませんね。
だったら「丑の日」ではなく「卯の日」でもよかったような気もしますけどね。

それはともかく、日本初のキャッチフレーズとか、日本初の販促キャンペーンと言われる所以です。

ウナギの旬は、夏ではないらしい。

確かに暑い季節に栄養分の高いウナギを食べるのは理にかなってはいます。
でも天然物のウナギに限っていうと、夏場は旬ではないそうです。
産卵の準備に入る初冬の頃、一番脂がのって美味しいウナギになるんだそうですよ。

もっとも、稚魚の不漁や資源の枯渇が心配されている今の日本では、天然物のウナギにお目にかかる機会はほとんどないと言ってもいいでしょう。
養殖物であれば、一年中美味しいウナギが食べられるのはうれしいですね。

食欲をそそるあの匂いは、やっぱり夏の風物詩。

暑さで食欲が衰え、あっさりしたものばかり食べたくなる時期でも、ウナギを焼く匂いが漂ってくると白いごはんの上に乗った美味しそうなウナギのかば焼きがすぐに頭に浮かんできますよね。
濃厚なウナギの食味と淡白な白いごはんの組み合わせが、暑さの中でも食欲をそそる絶妙なバランスを生み出しているのでしょう。

白いごはんの上にさまざまな食材をトッピングする「丼物」は和食独特のメニュー。
食卓の主役でありながら、さまざまな食材を脇役として活かすことのできる「ごはん」の力の奥深さが感じられます。

夏バテ気味のあなた、ちょっと贅沢して「うな丼」ではなく「うな重」を奮発してみてはどうですか?

この記事のライター

関連する投稿


10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

今年もやってきた新米の季節!10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」が開催します。「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


【お米クイズ】第107回:お米の栄養素

【お米クイズ】第107回:お米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第107回はお米の栄養素についてです。


稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

ついこの間、梅雨に入ったと思ったのに気がつけばもう7月。今年の梅雨明けは平年よりも少し早く、しかも梅雨明け早々から猛暑になる模様。新型コロナウィルスの感染もまだまだ油断ならない状況下で迎える今年の夏は、今までにない心構えを求められそうです。 とはいえ、人間社会がどんな状況にあろうとも季節は移り、自然も営みを止めることはありません。古くから農事や暮らしの目安とされてきた暦「二十四節気七十二侯」に親しんで、この夏を充実したものにしていきましょう。


からだが喜ぶふっくら笑顔のおむすび屋さん 「おむすび ごっつ食べなはれ」中目黒店 オープン

からだが喜ぶふっくら笑顔のおむすび屋さん 「おむすび ごっつ食べなはれ」中目黒店 オープン

ベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスは、おむすび専門店「おむすび ごっつ食べなはれ」を5月26日(火)中目黒にグランドオープンしました 「おむすび ごっつ食べなはれ」は、日本文化や素材を大切にする「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」の想いを受け継ぐ、おむすび専門店です。国内農家の「安心安全なお米」と、美味しさを最大限に引き出す「炊きの技」、全国各地の「選りすぐりの具材」をふっくら愛情こめて結びます。 すべては、笑顔と健康のために。「おむすび」を通じて、健やかな食事をお届けします。


【お米クイズ】第91回:米の加工品

【お米クイズ】第91回:米の加工品

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第91回は炊飯の順番についてです。


最新の投稿


【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

NSGグループの新潟デザイン専門学校の学生が、この度 出雲崎町が10月に販売を始める町内産コシヒカリの独自ブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作しました。


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

無添加調理※による加工食品の製造販売を展開する石井食品株式会社は、昨年に引き続き、バスケットボールB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツふなばし」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの2020-21シーズンオフィシャルパートナーとなりました。 新しい生活様式に寄り添って装いも新たに開発した『千葉ジェッツお正月料理』を千葉ジェッツのオフィシャルオンラインショップにて10月1日(木)より予約を開始します。(※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

今年もやってきた新米の季節!10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」が開催します。「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第109回はお米袋の表示についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング