【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「ウナギ」です。

土用は1年に4回もある。

そもそも「土用」の意味は、季節の変わり目である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の直前の時期を表す言葉。ですから、夏に限らず年に4度訪れるのですが、夏場の「土用丑の日」ばかりが有名になったので、どうも夏を示す言葉と誤解されているようです。

正確には「土用丑の日」は、立夏前18日間のうち、十二支の「丑」に当たる日を指す言葉で、毎年変わります。
「土用丑の日」が2度ある場合には2日目の丑の日を「二の丑」と呼ぶそうです。

今年の土用丑の日

「土用丑の日」は日本初のキャンペーン・コピー?

「土用丑の日」は夏のキーワードとして定着することになったきっかけとは何か?

これには諸説があるようですが、最もポピュラーな説は江戸時代の蘭学者でありアイデアマンだった平賀源内が、知り合いの鰻屋に販売促進の知恵を頼まれて「本日 土用 丑の日」と書いた看板を出したら大当たりしたという話。

当時は暑い夏には「う」の文字が付く食材を食べるのが健康にいいと言われていたようです。
例えば瓜・梅干し・うどんなど。そこで「う」の付く日に「ウナギ」を食べるのが健康にいいと思われたのかもしれませんね。
だったら「丑の日」ではなく「卯の日」でもよかったような気もしますけどね。

それはともかく、日本初のキャッチフレーズとか、日本初の販促キャンペーンと言われる所以です。

ウナギの旬は、夏ではないらしい。

確かに暑い季節に栄養分の高いウナギを食べるのは理にかなってはいます。
でも天然物のウナギに限っていうと、夏場は旬ではないそうです。
産卵の準備に入る初冬の頃、一番脂がのって美味しいウナギになるんだそうですよ。

もっとも、稚魚の不漁や資源の枯渇が心配されている今の日本では、天然物のウナギにお目にかかる機会はほとんどないと言ってもいいでしょう。
養殖物であれば、一年中美味しいウナギが食べられるのはうれしいですね。

食欲をそそるあの匂いは、やっぱり夏の風物詩。

暑さで食欲が衰え、あっさりしたものばかり食べたくなる時期でも、ウナギを焼く匂いが漂ってくると白いごはんの上に乗った美味しそうなウナギのかば焼きがすぐに頭に浮かんできますよね。
濃厚なウナギの食味と淡白な白いごはんの組み合わせが、暑さの中でも食欲をそそる絶妙なバランスを生み出しているのでしょう。

白いごはんの上にさまざまな食材をトッピングする「丼物」は和食独特のメニュー。
食卓の主役でありながら、さまざまな食材を脇役として活かすことのできる「ごはん」の力の奥深さが感じられます。

夏バテ気味のあなた、ちょっと贅沢して「うな丼」ではなく「うな重」を奮発してみてはどうですか?

この記事のライター

関連する投稿


田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

神聖で縁起が良い食べ物「お米」を使った素敵なメニューを、縁起の良い場所にからめて食べてみませんか?第2回は、龍好きの間で圧倒的人気の田無神社へお参りしました。縁起メニューに選んだのは武蔵野茶房本店・玄米団子。今回も実に「いとうまし!」な旅でした。


アスリートのカラダづくりをサポートします!ごはん屋便 スポーツ選手向け「定期配送サービス」スタート!

アスリートのカラダづくりをサポートします!ごはん屋便 スポーツ選手向け「定期配送サービス」スタート!

株式会社ミツハシが運営する炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、スポーツチームに特化した定期配送サービスを2019年9月9日よりスタートします。アスリートのカラダづくり「補食」をサポートします!


キャラクタの着ぐるみがデリバリーする炊飯品宅配サービス「ごはん屋便」

キャラクタの着ぐるみがデリバリーする炊飯品宅配サービス「ごはん屋便」

株式会社ミツハシが運営する炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、自社マスコットのオリジナルキャラクタ “ミツハシくん” が出張サービスとして期間限定で炊き立てごはんをお届けすると共にイベントを無料でお手伝いします!


【お米クイズ】第60回:お米の新たな販売方法

【お米クイズ】第60回:お米の新たな販売方法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第60回はお米の新たな販売方法についてです。


神田明神と天野屋の甘酒で元気百倍!【お米縁起散歩(1)】

神田明神と天野屋の甘酒で元気百倍!【お米縁起散歩(1)】

お米(稲)はもともと神話にも登場するほど、神聖で縁起が良い食べ物。 そんなお米を使ったおいしいメニューを、縁起の良い場所で食べてみませんか?ありがたく、美味しく癒されながら、縁起もかついじゃいましょう。今回の行先は都内屈指の人気パワースポット、神田明神。いただくのは甘酒です!


最新の投稿


田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

神聖で縁起が良い食べ物「お米」を使った素敵なメニューを、縁起の良い場所にからめて食べてみませんか?第2回は、龍好きの間で圧倒的人気の田無神社へお参りしました。縁起メニューに選んだのは武蔵野茶房本店・玄米団子。今回も実に「いとうまし!」な旅でした。


日本各地の「旨い」を味わい、生産者の「凄い」を体験する「東京ハーヴェスト2019」9月21日・22日開催!

日本各地の「旨い」を味わい、生産者の「凄い」を体験する「東京ハーヴェスト2019」9月21日・22日開催!

農家、漁師、畜産家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」が、2019年9月21(土)・22日(日)に駒沢オリンピック公園 中央広場にて開催されます!


肥料も農薬も使わない!"奇跡のお米“ 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』

肥料も農薬も使わない!"奇跡のお米“ 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』

農薬も、肥料も一切使わない。だからこそ、安心。それなのにおいしい。 世界で初めて、肥料も農薬も使わずに、リンゴの栽培に成功した木村秋則氏。 「奇跡のリンゴ」の産みの親として知られる木村氏の指導のもとに育てた 木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』を是非お召し上がりください。


アスリートのカラダづくりをサポートします!ごはん屋便 スポーツ選手向け「定期配送サービス」スタート!

アスリートのカラダづくりをサポートします!ごはん屋便 スポーツ選手向け「定期配送サービス」スタート!

株式会社ミツハシが運営する炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、スポーツチームに特化した定期配送サービスを2019年9月9日よりスタートします。アスリートのカラダづくり「補食」をサポートします!


【お米クイズ】第62回:畔の雑草について

【お米クイズ】第62回:畔の雑草について

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第62回は畔の雑草についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング