【お米の基礎講座】グルテンフリー

【お米の基礎講座】グルテンフリー

「グルテンフリー」というフレーズ、聞いたことありませんか? アレルギー体質の人やダイエットを気にしている人たちの注目を集めている 健康を意識した食生活メニューのことです。 和食、それもお米を食材にしたメニューは、実はグルテンフリーのようですよ。


グルテンは実に多くの食品に含まれている。

グルテンは麦に含まれるたんぱく質が水と結合するとできるたんぱく質の一種です。
小麦粉を原料とする食品には必ず含まれますから、私たちが日ごろ口にする食品にはかなりの確率でグルテンが含まれている、と考えて間違いではないでしょう。朝ごはんのパン、お昼のうどん、おやつのクッキー、夜のビール、みんなグルテンを含んでいます。

お米食中心が長く続いてきた日本では、グルテンの存在はそれほど目立ちませんでした。でも日本でも古くからのメニューにグルテンが入っています。グルテンは日本語では「麩質」と書きます。漢字を見て分かるように、お味噌汁に入れる「お麩」や和菓子の「麩饅頭」などはグルテンを多く含む食品だったのです。

グルテンフリーの効果は?

昔から小麦や大麦をたくさん摂取してきた欧米では、グルテンアレルギーを持つ人の体質改善のため、グルテンフリーのメニュー開発が進んでいました。ところがアレルギーを持たない人がグルテンフリーの食生活を送ってみると、健康状態が改善されたり、ダイエット効果も見られるということで注目を集めるようになりました。
グルテン・フリーの効果はまだ科学的に解明されているわけではありませんが、グルテンアレルギーの症状はさまざまなので、自分はアレルギーだと思っていない人でも、グルテンフリーの食生活にすると体調がよくなることもあるようです。

グルテンフリー、何を食べちゃいけないの?

洋風になった日本人の食生活にはグルテンを含む食品が溢れています。グルテンフリーというと、洋食それもパンやパスタを食べなきゃいい、と思いがちですが、それほど単純ではありません。
お好み焼きやラーメンも小麦粉からできています。てんぷらの衣もそうですし、つなぎ成分の入った日本そばにもグルテンが含まれます。麦みそのみそ汁も、醸造酢にもグルテンが入っています。餃子の皮やピザ生地もダメですよ。
ダイエットや体質改善もいいけど、これじゃ食べるものがなくなっちゃいますね。

お米を中心にした和食は伝統のグルテンフリー食。

小麦粉中心の洋食メニューに比べると、お米中心の和食メニューは意識しなくてもグルテンフリーなメニューになっているようです。
朝ごはんに米麹のお味噌汁と納豆、お昼には米粉で作ったビーフンやフォーなどの麺類、おやつは白玉粉や上新粉(どちらもお米原料の米粉です。)で作った和菓子、夜のおつまみは冷奴に枝豆にしらたきの煮物。そもそもお米を主食にしてきた日本人の食卓には、麦の成分を含む食品は少なかったのです。

さらに最近では米粉の製法が進んで、小麦粉を使ったパンと区別がつかない食感を持つパンや、同じお米から作ってもお煎餅とは全く違うサクサク感のあるクッキーなども登場しています。
「我慢するグルテンフリー」ではなく、お米を中心にした「発見するグルテンフリー」なら、無理せずに続けることができるかもしれませんよ。

グルテンフリーの米粉パン屋さん厳選5店【全国編】

http://gohan.life/articles/155

米粉を使ったパン屋さん特集。今回は東京以外のグルテンフリーの米粉パン専門店をセレクトしました。オンラインショップでのお取り寄せもできるので、気になるお店をチェックしてみてください♪

米粉を使ったパン屋さん厳選5店

http://gohan.life/articles/68

米粉を使ったパン屋さん特集。米粉専門の美味しいパン屋さんが増えています。今回は東京に出店している米粉パン専門店とオンラインショップを中心にセレクトしました。※一部小麦粉も使用しているお店がございます。

この記事のライター

関連する投稿


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。


ケンミン食品創業70周年を機に、ビーフンの新ブランド「お米のめんシリーズ」誕生

ケンミン食品創業70周年を機に、ビーフンの新ブランド「お米のめんシリーズ」誕生

創業70周年を迎えるケンミン食品株式会社は、ビーフンの新ブランド「お米のめん」を立ち上げ、「お米100%ビーフン」、「ライスパスタ」、「スープ専用ビーフン」を3月1日に全国発売します。 創業70周年を機に、70年間こだわりつづけたビーフンづくりや米への想いを、お客様に分かりやすくお伝えし、使いやすい商品を提供するために、商品の構成の変更、およびパッケージデザインやロゴを一新するなど、あらためてビーフンの新たな魅力を提案します。


トランスコスモス、米国で日本産ノングルテン米粉のプロモーションを開始

トランスコスモス、米国で日本産ノングルテン米粉のプロモーションを開始

トランスコスモス株式会社は、米国向けに日本産ノングルテン米粉のプロモーション活動を開始しました。米国市場で日本産ノングルテン米粉の認知を広げるための活動、WebサイトおよびFacebookを開設します。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。