都内最強の麻婆豆腐誕生! 表参道「CHINA CIRCUS」で夏の麻香豆腐フェア開催

都内最強の麻婆豆腐誕生! 表参道「CHINA CIRCUS」で夏の麻香豆腐フェア開催

店内で使用するほぼ全ての食材・調味料が安心安全の国産、化学調味料は一切不使用という美容を意識したスタイルで表参道女子に人気のナチュラルチャイニーズ「CHINA CIRCUS」が麻香豆腐フェアを開催します。


窓からは表参道ヒルズとケヤキ並木が一望

表参道ヒルズの目の前に位置する、高級中華料理店。

元KIHACHI出身の代表と料理長が2016年にオープンさせた表参道の「CHINA CIRCUS」は、立地を活かした高級モダン・チャイニーズ・レストランとして話題を集めてきました。

2018年からは「ナチュラル・チャイニーズ」をキーワードに、中華料理としては無謀なチャレンジと云える、化学調味料を一切使用せず、食材から調味料までのほぼ全てを国産素材のみで提供するというスタイルに料理を一新して運営しています。

中華料理で化学調味料不使用・ほぼ国産素材というチャレンジ

うま味調味料と共に世界へ広がったといっても過言ではない、日本でも大衆中華として定番の味が既に完成している中華料理を、油を米油に変え、国産にんにくを使用して、と使われる定番素材、定番の調味料をひとつひとつ国産に置き換えて、味を再構築してゆく気の遠くなるような作業でした。

食べるだけで元気が出るような安心感を、お皿に盛ってお届けしたい。

しかし「自然な」「やさしい味」とフォローされるような、なんのパンチも無いような料理を無化調へのチャレンジとは呼びたくない。

この取り組みの中で、誕生した身体にやさしい、しかし劇的な中毒性を持つCHINA CIRCUSの看板メニューが、いま表参道のランチタイムに旋風を巻き起こしている「特製”麻香(マーシャン)豆腐”」です。

中毒者続出の、特製”麻香(マーシャン)豆腐”

中毒者続出の秘密はこちら!

おぼろ豆腐を麻婆豆腐に使うと、ムースになる

CHINA CIRCUSではバラバラの豆腐ではなく、神奈川県秦野の五右衛門豆腐から仕入れた「おぼろ豆腐」を一丁丸ごと蒸し上げて提供しています。

スプーンを入れた時にまるでレアチーズケーキのようなトロトロの断面があらわれ、口に運べば蒸し上げた国産おぼろ豆腐のみが持つムースのような食感が舌を支配します。

フルーティーな国産山椒が持つ、衝撃の痺れ

おぼろ豆腐をコーティングする高知県産四万十ポークのひき肉の上にふりかける山椒は、同じ高知県の清流、仁淀川の山深い上流で作られたもの。

これをCHINA CIRCUSでは麻香豆腐のご注文ごとに、お客様の席まで薬研(やげん・上画像参照)を持参して、目の前で挽いてご提供します。
※ ランチタイムの混雑時に限り、予め挽いたものをご提供する場合がございます。

黒い薬研(やげん)の中で眩しさを感じるほどの鮮やかな緑の山椒が砕かれた瞬間、フレッシュという言葉では表現しきれない、フルーツが弾けたような爽やかで強烈な香りが、その場に立ち込めます。

麻香豆腐中毒のお客様は皆、この香りが忘れられないとお店を訪れる方ばかりです。

麻香豆腐フェアを開催!

普段はランチタイムのアラカルトでのご提供がメインの
「麻香豆腐(スープ・ご飯付き 税込1,200円 / +700円で前菜・デザート付きに)」。

この、おぼろ豆腐を蒸し上げて、ご注文毎に山椒を挽くというスタイルに対して、あまりにもランチタイムにアラカルトでのご注文が殺到しているため、この度CHINA CIRCUSでは「麻香豆腐フェア」を開催いたします。

・ランチコースNagomi(全6品・税込3,900円)
・ランチコースOmotenashi(全8品・税込5,400円)
・ディナーコース くつろぎ(全6品・税込6,000円)
・ディナーコース うたげ(全9品・税込8,000円)
・ディナーコース ことほぎ(全9品・税込10,000円)

本来「麻香豆腐」が含まれていないコースも含め、CHINA CIRCUSがご提供している上記の全コースにて、お声掛けをいただければ1品を「麻香豆腐」に差し替えてご提供させていただきます。

コースを含めた詳しいお料理の内容は、下記のホームページをご覧ください。

CHINA CIRCUS:明治神宮前駅・表参道駅徒歩5分

http://www.chinacircus.jp/

表参道の並木道を見下ろす抜群のロケーションで、日本の旬の食材、日本各地のこだわり食材を活かした「新東京チャイニーズ」をお楽しみください。

※CHINA CIRCUSのオリジナルブランド【 LIUMA BAO 水餃】をメインにした「ランチコース Yorokobi(全5品・税込2,700円)」のみ、コースの特性上、今回の麻香豆腐フェアの対象外となります。何卒ご了承ください。

この記事のライター

最新の投稿


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

お茶漬けの中のあられのファンに朗報です!永谷園は、きざみのりとあられを好きな量だけ追加できる「海苔・あられ増し増し お茶づけ海苔」を、2018年9月5日(水)よりAmazon限定で発売。世界で一つのお茶づけも夢じゃない!?


子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

「かぞくごはん」は、子どもの右脳と心の成長を目的とした“キッチン学”を自宅で体験できる「料理の家庭教師派遣サービス」。普段忙しくてゆっくりと料理を教えてあげられないパパ・ママに代わり、料理を子どもと楽しみながら教えます。期間限定でお得なハロウィンキャンペーンも開催中!


「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!