【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


子育てママの玄米レシピ

私たちは食べているものでできています。
体をどんな食べ物で作っていくのか、を意識することで子育てはとても楽になります。
生命力がある玄米を食べるという選択は、子どもたちの生命力を育てます。
忙しいからこそ玄米を食べてもらいたい!玄米を楽しくおいしく、そして手軽に生活に取り入れるレシピをお伝えいたします。

さて今回はもうすぐ夏休み。
手軽に栄養満点、お昼ご飯にたべてほしい「まめまめ丼」のご紹介です。

身体を温める玄米は、夏が近づいたら食べ方に工夫が必要。

夏が近づいてくると、私たちの体は一気に夏の準備を始めます。
体の中に熱をため込まないように、体を緩めていきます。

実は玄米は、どちらかというと温めるのが得意で、少し体を引き締める食べ物。
気温が高くなるとどうしても食べにくくなってくるんです。

自然界のエネルギーを敏感に受け取るこどもたちは、私たち大人よりも特に顕著にそれが現れます。
今日はつるつるがいい、
サンドウィッチがいい、、、など。

たまにならいいけれど、毎日だと栄養は足りているのかしら?とちょっと心配になったり、栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。
そして、麺類がふえてきたり、パン食が増えてくると便秘になる子も増えてきます。

やっぱり完全栄養食品ともいわれる玄米と、おなかの調子を整えてくれる発酵食品である味噌を使ったお味噌汁を食べてもらえるなら、それにこしたことはないですよね。

「まめまめ丼」レシピ

玄米さえ炊いていれば簡単にできて、栄養満点なお丼ぶり。
そして、夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁。
暑い中でもキッチンに立つのが苦にならないくらい、短時間でできますよ。
夏休みのお昼ご飯におすすめです!

まめまめ丼

材料(2人分)

  • 玄米ごはん・・2膳
  • 納豆・・・・・40~50g
  • 豆腐・・・・・1/4丁
  • トマト・・・・1/2個
  • 海苔・・・・・1枚
  • 醤油・・・・・小さじ1/4
  • [A]
    レモン汁・・・小さじ1/2
    醤油・・・・・小さじ1/4
    玄米甘酒・・・小さじ1

作り方

  1. 納豆は小さじ1/4の醤油を加えてよく混ぜておく。
  2. トマトはさいのめに切り、海苔は手で細かくちぎっておく。
  3. 玄米ごはんを器に盛り付け、納豆、トマト、スプーンで食べやすい大きさにすくった豆腐をのせる。
  4. [A]を合わせたソースをかけて、海苔をかけたら完成です。

ポイント

  • お子様仕様なので材料には入れていませんが、お好みで青じそ、ごま、柚子胡椒、一味、ごま油、オリーブオイルなどで香りやアクセントをつけていただくと大人も大満足。
  • 豆腐が木綿でも絹ごしでもお好みで作ってみてくださいね。
    木綿だと食べ応えがでますし、絹だとまろやかになります。

「レタスの味噌スープ」レシピ

合わせるなら、レタスの味噌スープを。

レタスの味噌スープ(右上)

材料(2人分)

  • 切り干し大根・・1/4カップ
  • レタス・・・・・2枚
  • とうもろこし・・大さじ2
  • 麦みそ・・・・・小さじ1

作り方

  1. 切り干し大根は3カップの水でもどして細かく切る。
  2. もどし汁ごとお鍋に入れて中火にかける。
  3. 鍋全体があたたまりくつくつしてきたら弱火にして5分ほど煮てうまみをひきだす。
  4. 粒を外しておいたとうもろこしを加えて火が通ったら、味噌を加えて火を止める。
  5. レタスをちぎって入れたら完成です。

ポイント

夏のお味噌汁は

①出汁をきかせてお味噌の量を少なめにする
②夏の素材を使う
③甘めの麦みそを使う

これなら、子どももごくごく食べてくれるようになりますよ。

この記事のライター

生きる力を育てる自然派料理研究家。
4歳になる娘のママ。生きる力を育てるをテーマに子育て中のママにむけてお料理教室を開催。

関連する投稿


田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

神聖で縁起が良い食べ物「お米」を使った素敵なメニューを、縁起の良い場所にからめて食べてみませんか?第2回は、龍好きの間で圧倒的人気の田無神社へお参りしました。縁起メニューに選んだのは武蔵野茶房本店・玄米団子。今回も実に「いとうまし!」な旅でした。


【結わえる】毎日のごはんをもっとおいしくしたいから、寝かせ玄米教室へ行ってきました!

【結わえる】毎日のごはんをもっとおいしくしたいから、寝かせ玄米教室へ行ってきました!

豊富な栄養が摂れるスーパーフードとしても知られる玄米。結わえるでは「寝かせ玄米」という、おいしさを追求した方法で炊いた玄米の作り方を教えてくれる料理教室が実施されています。寝かせ玄米の炊き方はもちろん、自身の食生活や健康について考えるきっかけを与えてくれる時間になりました。今回はそんなお教室の様子をレポートします!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

福光屋より、醗酵滋養飲料「糀甘酒」の特長と独自の米醗酵技術を生かした 天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」 が4月25日(木)より新発売です。軽快な甘味と麹由来のクエン酸による爽やかな酸味、すっきりとした後味で日常の水分補給におすすめです。


【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第45回は炭水化物の吸収スピードについてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構と株式会社イワイは共同で開発した、「NARO Style®おむすび弁当」を9月24日(火)から12月13日(金)までの12週間、おむすび権米衛 農林水産省店において1日10食限定で一般販売します!


御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

株式会社 福光屋より、御即位礼を寿ぎ、新しき御代の常磐の多幸と繁栄を願う祝意奉表の祝酒『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』を10月8日(火)から数量限定発売します。


「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロアにて、siroca「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯で好きな具をのせておにぎりをにぎるイベントが11月2日(土)に開催されます。京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」のお米をぜいたくにつかって、炊き立てのご飯のおいしさや、土鍋炊きのふっくらとしたごはんのうまみを感じてみてください!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。