おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


第六回 おだあし(小田原足柄)田んぼアート 田植えイベント

 みんなで苗を植えるのは「おだあし田んぼアート」の舞台となる水田。
田んぼアートは色の異なる苗を植えて図柄や文字を描こうというもので、「おだあし田んぼアート」は今回で6回目を迎えます。
描くのは、山北町大野山で山地酪農を始める女性・島崎薫さんを応援する図柄。その図柄に沿ってスタッフがあらかじめ張った糸に沿って、参加者全員で苗を植えていくわけです。

 きれいに晴れ上がった青空のもとに集まったのは150人ほど。まずは田んぼの一画に設けられた祭壇でお田植えの神事が行われ、それに続いていよいよ田植えがスタート。
苗を手に、そっと田んぼに足を踏み入れました。柔らかな泥が足を包む感触は、なんとも心地よいものです。しかし、ふくらはぎの中ほどまで水に浸借り腰を折って苗を植えるのは、なかなかの重労働。農家の方のご苦労や米作りの大変さを、少しばかりではありますが実感でしたような気がします。

「田んぼミニ運動会」で笑顔満載

 いつの間にか夢中になって植えた苗も残り少なくなり、気がつけば終了のコール。隣の空いた田んぼでは、とっくに手持ちの苗を植え終わった子供たちによる「田んぼミニ運動会」が開催され、みんな泥んこになって走り回っています。青空の下、緑の田んぼを背景に遊ぶ子どもたちは、幸せ満開な笑顔!

田植えと運動会の後は、田んぼ近くの広場でランチです。いま炊き上がったばかりの釜炊きごはんに米粉のふんわりパン、地元で栽培なさった原木シイタケや野菜、地元の宿のご主人が獲った鹿肉の串焼き&シチューと充実のメニューに誰もが大喜び。食後のコーヒーもおいしく、おなかも心もいっぱいに満たされました。

稲の成長を心待ちに

 私たちが植えた苗は1週間もすれば定着し、夏の日差しを浴びてグングンと伸び、9月頃には図柄がはっきりと浮かび上がり、見頃になるとのこと。自分たちで植えた苗がどんな風になるのかが今から楽しみです。

誰もが眺めて楽しめる田んぼアート、ぜひ見に行ってみてください。

2017 おだあし田んぼアート

日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

http://gohan.life/articles/104

自らが生まれ育った小田原で、明治から続く米穀店を盛り立てながら、米作りに取り組む人がいます。 その人の目には、米づくりをめぐる環境や地域のこと、田んぼのこれからはどのように映っているのでしょうか。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

印象的なネーミングの富山米新品種「富富富」(ふふふ)。2018年10月11日(木)からの本格デビューにともない、日本橋三越本店にて記念イベントが開催されます。その他首都圏各地での各種イベントや、料理人・中村孝明さんのお店で「富富富」を使った特別メニューが楽しめるなど、色々な企画も目白押し。いち早く味わいたい方は、お見逃しなく。


今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

下北沢カレーフェスティバルは毎年10月に10日間、カレーの街下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り。飲食店の多い下北沢のカレー専門店はもちろん、さまざまなお店がこの10日間しか食べられない特別カレーを用意して、カレー三昧で過ごそう!という街おこしイベントなのです。下北沢カレーフェスティバル初体験のDaisyが、開催前にすでに思いっきり楽しんだレポートをお届けします♪


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング