日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


日本の温かさを、味噌汁一杯に込めて届ける

おみそ汁は、様々な具材とお味噌の組み合わせにより、家族の数だけ美味しさが存在する日本人の伝統的な食文化です。
また海外では、ヘルシーで美味しい“ミソスープ”として、注目が高まっています。

おみそ汁専門店の「MISOJYU」(ミソジュウ)は、日本の大切で健康的な食文化を国内外に広く発信するため、日本の伝統を守り伝える書道家・武田双雲氏が結成した「TEAM地球」プロデュースにより誕生しました。

有機野菜を使用し、一杯一杯丹精込めて作られたおみそ汁を通じて“日本の温かさ”をお届けします。今後は、季節ごとに旬野菜の新メニュー開発や海外出店も視野に入れ、日本の伝統的な食文化と新たな可能性を発信していきます。

下町風情が残る浅草のど真ん中に「おみそ汁専門店」が登場

MISOJYUは、銀座線・浅草線浅草駅と浅草演芸ホールの中間地点の好立地に位置し、下町情緒溢れる浅草の中心地に、日本の伝統食を気軽に楽しめる“おみそ汁専門店”としてオープン。

浅草は日本を代表する観光地であり、連日国内外から訪れる観光客で賑わっています。周囲には多くのホテルや簡易宿泊施設が密集し、「朝食を食べる場所が少ない」という観光客のニーズに応え、朝8時半からオープンします。

おみそ汁とおにぎりがついた「朝ごはんセット」(¥500)※は、朝一番から「健康的でおいしい日本食」を存分に味わうことができます。
店内でゆっくりと味わっていただけるのはもちろん、テイクアウトも可能です。

※Morning Time (8:30 am – 11:00 am)限定メニュー

有機野菜を使用した食べ応えのあるおみそ汁を、おにぎりと一緒に

〈単品 レギュラーおみそ汁 各¥800〉
・ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁
・いつもと違ういつもの豆腐のおみそ汁
・いろいろきのこのおみそ汁
写真:ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁

〈単品 スペシャルおみそ汁 ¥900〉
・トマトとほろほろ牛スネの みそポトフ

MISOJYUのおみそ汁の具材は、有機野菜にこだわり、厳選した食材を贅沢に使用しています。
大きめにカットしたゴロゴロ野菜と、かつおぶしや昆布からしっかりとった香ばしい出汁、日本全国各地からこだわり選びぬいた独自ブレンドの味噌のハーモニーは絶品です。
定番のおみそ汁から、海外のスープ料理にインスパイアされた斬新なおみそ汁まで、一味違う新感覚のおみそ汁をお楽しみいただけます。

〈おにぎり各種 各¥200~〉
・しゃけおにぎり・梅おにぎり・塩おにぎり
・玄米おにぎり・アボガドロール

サイドメニューには、鮭や梅などの「おにぎり」と、ごまあえや唐揚げ、煮卵などの「お惣菜」を用意。
日本の定番ごはんを通じて、“日本食のすばらしさ”を体感してもらえるよう、趣向をこらしています。

店舗概要

店舗名 :MISOJYU(ミソジュウ)
所在地 :東京都台東区浅草1-7-5
アクセス:地下鉄/銀座線浅草駅1番出口より徒歩3分
地下鉄/都営浅草線浅草駅A4番出口より徒歩5分
地下鉄/銀座線田原町駅3番出口より徒歩5分
東武浅草駅正面出口より徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅A1出口より徒歩4分
オープン:2018年6月5日(火)開業時間: 11:30~
営業時間:Morning Time /8:30 am – 11:00 am
Regular Time /11:00 am – 20:00 pm
Closed Mondays / 毎週月曜日定休日
席数  :1階イートイン6席 2階テーブル14席

浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU

http://misojyu.jp

浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU 朝ごはんにおみそ汁を

この記事のライター

関連する投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【GOHANYA’ GOHAN みなとみらい】五つ星お米マイスター厳選のお米と発酵食品で夏ごはん

【GOHANYA’ GOHAN みなとみらい】五つ星お米マイスター厳選のお米と発酵食品で夏ごはん

GOHANYA’ GOHAN みなとみらいは、五つ星お米マイスターが選んだお米を、四日市萬古焼の土鍋を使用し、ガス火で炊くこだわりごはんを提供する和食レストランです。 最適な水加減、火加減で調整して炊いたごはんと、ごはんに合う発酵調味料、発酵食品を使ったお料理は、夏バテ気味の体にも染み入る味わいですよ。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。