日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


日本の温かさを、味噌汁一杯に込めて届ける

おみそ汁は、様々な具材とお味噌の組み合わせにより、家族の数だけ美味しさが存在する日本人の伝統的な食文化です。
また海外では、ヘルシーで美味しい“ミソスープ”として、注目が高まっています。

おみそ汁専門店の「MISOJYU」(ミソジュウ)は、日本の大切で健康的な食文化を国内外に広く発信するため、日本の伝統を守り伝える書道家・武田双雲氏が結成した「TEAM地球」プロデュースにより誕生しました。

有機野菜を使用し、一杯一杯丹精込めて作られたおみそ汁を通じて“日本の温かさ”をお届けします。今後は、季節ごとに旬野菜の新メニュー開発や海外出店も視野に入れ、日本の伝統的な食文化と新たな可能性を発信していきます。

下町風情が残る浅草のど真ん中に「おみそ汁専門店」が登場

MISOJYUは、銀座線・浅草線浅草駅と浅草演芸ホールの中間地点の好立地に位置し、下町情緒溢れる浅草の中心地に、日本の伝統食を気軽に楽しめる“おみそ汁専門店”としてオープン。

浅草は日本を代表する観光地であり、連日国内外から訪れる観光客で賑わっています。周囲には多くのホテルや簡易宿泊施設が密集し、「朝食を食べる場所が少ない」という観光客のニーズに応え、朝8時半からオープンします。

おみそ汁とおにぎりがついた「朝ごはんセット」(¥500)※は、朝一番から「健康的でおいしい日本食」を存分に味わうことができます。
店内でゆっくりと味わっていただけるのはもちろん、テイクアウトも可能です。

※Morning Time (8:30 am – 11:00 am)限定メニュー

有機野菜を使用した食べ応えのあるおみそ汁を、おにぎりと一緒に

〈単品 レギュラーおみそ汁 各¥800〉
・ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁
・いつもと違ういつもの豆腐のおみそ汁
・いろいろきのこのおみそ汁
写真:ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁

〈単品 スペシャルおみそ汁 ¥900〉
・トマトとほろほろ牛スネの みそポトフ

MISOJYUのおみそ汁の具材は、有機野菜にこだわり、厳選した食材を贅沢に使用しています。
大きめにカットしたゴロゴロ野菜と、かつおぶしや昆布からしっかりとった香ばしい出汁、日本全国各地からこだわり選びぬいた独自ブレンドの味噌のハーモニーは絶品です。
定番のおみそ汁から、海外のスープ料理にインスパイアされた斬新なおみそ汁まで、一味違う新感覚のおみそ汁をお楽しみいただけます。

〈おにぎり各種 各¥200~〉
・しゃけおにぎり・梅おにぎり・塩おにぎり
・玄米おにぎり・アボガドロール

サイドメニューには、鮭や梅などの「おにぎり」と、ごまあえや唐揚げ、煮卵などの「お惣菜」を用意。
日本の定番ごはんを通じて、“日本食のすばらしさ”を体感してもらえるよう、趣向をこらしています。

店舗概要

店舗名 :MISOJYU(ミソジュウ)
所在地 :東京都台東区浅草1-7-5
アクセス:地下鉄/銀座線浅草駅1番出口より徒歩3分
地下鉄/都営浅草線浅草駅A4番出口より徒歩5分
地下鉄/銀座線田原町駅3番出口より徒歩5分
東武浅草駅正面出口より徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅A1出口より徒歩4分
オープン:2018年6月5日(火)開業時間: 11:30~
営業時間:Morning Time /8:30 am – 11:00 am
Regular Time /11:00 am – 20:00 pm
Closed Mondays / 毎週月曜日定休日
席数  :1階イートイン6席 2階テーブル14席

浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU

http://misojyu.jp

浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU 朝ごはんにおみそ汁を

この記事のライター

関連する投稿


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

千葉エリア初出店!サザビーリーグが運営する「AKOMEYA TOKYO」が2018年6月28日(木)ペリエ千葉にグランドオープンします。オープンを記念してプレゼントキャンペーンやノベルティプレゼント企画も実施。この機会に応募してみてはいかがでしょうか。


美しい花模様のパッケージに興奮!米菓の贈り物『夏のフルール』期間限定発売

美しい花模様のパッケージに興奮!米菓の贈り物『夏のフルール』期間限定発売

届いた瞬間に驚きと笑顔が広がるつくりたて米菓の贈り物『夏のフルール』が2018年6月1日より期間限定発売 !見るだけで元気になれる向日葵や、涼やかなクレマチスのデザインと国産米100%のつくりたての米菓の意外な組み合わせは、父の日や結婚式の引き出物など、感謝の気持ちを届ける贈り物として最適です。


『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

JTBパブリッシングが直営飲食店舗editor's fav『るるぶキッチンKYOTO』で、新プロジェクト「るるぶおにぎりLABO」をスタート。お米や海苔はもちろんのこと、おにぎりの具材、醤油やマヨネーズなど調味料にまで編集者が徹底的にこだわった、究極のおにぎりプロジェクトです。


麹が楽しめるおしゃれなカフェまとめ

麹が楽しめるおしゃれなカフェまとめ

発酵調味料としてすっかりおなじみの麹(糀)。ヘルシーで栄養たっぷりの麹を使った、おしゃれなカフェが最近増えています。昔から親しまれているおなじみの味から、おしゃれに進化した料理まで。様々な形で麹を楽しめるカフェをご紹介します。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。