【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

じめじめした梅雨の季節がやってきました。イヤですねえ。梅雨から食べ物を連想すると何に繋がりますか?梅雨→梅→梅干しでしょうか?この梅干し、梅雨時には欠かせない食材、かもしれません。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「梅干し」です。

どうして「梅雨」になったのか?

「梅+雨」という漢字の組み合わせが、雨の多いこの季節を指すようになったのはどうしてなんでしょう?

長雨のこの季節を「梅雨」と呼ぶようになったのは日本では江戸時代からと言われています。
ジメジメして食べ物などがカビやすいので「黴菌」の「黴」と「雨」を組み合わせて「黴雨」=「ばいう」、このままじゃいかにもカビっぽいので、「梅」の字を当てて「梅雨」にしたという説もあります。
お隣の中国にも「梅雨」=「メイユー」という言葉があり、これは「梅の実がなるころに続く」を指すそうですから、やはり「梅の実」からの連想で「梅雨」になったというのが、もっともらしい語源という気がします。

「梅干し」はいつごろから食べられていたのだろう?

さて、梅雨時が収穫時期の梅の実。
梅の実を食材として利用した最もポピュラーな食べ物としては、思わず顔をしかめるような酸っぱさが魅力でもある「梅干し」でしょう。平安時代には天皇が梅干しと昆布茶をお薬代わりに食べたという言い伝えもありますが、実際の梅干しが漬けはじめられたのは室町時代ではないかと言われています。
梅干しは700年近い歴史を誇る日本の国民的食材と言えるでしょう。

兵糧としても珍重された古来の健康食品「梅干し」

梅干しの酸っぱさの素はクエン酸。
クエン酸には疲労回復の効果が認められています。筋肉の中に溜まって疲れの原因となる乳酸を分解してくれるのです。さらに血液中の乳酸にも働きかけてくれるので、動脈硬化やリュウマチ、冷え性の予防にも効果が期待できるそうです。
梅干しって、優れた健康食品だったんですね。ですから戦国時代には兵士に支給される「兵糧」として梅干しが重宝されたそうですよ。「一粒で疲労回復」の携行食だったんです。

理にかなった「日の丸弁当」

梅干しといえば、すぐ思い浮かべるのは「日の丸弁当」。
白いごはんに紅一点の梅干しはビジュアル的にもきれいです。しかも梅干しの酸っぱさの源泉、クエン酸は実は細菌の繁殖を防ぐ効果も持っているのです。ジメジメしたこの季節、ごはんやおかずのそばに梅干しを添えておくと食べ物が腐るのを遅らせる効果も期待できます。まさに梅雨時の防腐対策にもってこいの食材です。

梅雨時だから「梅干し+ごはん」がいい。

蒸し暑さで食欲が落ちた時には、唾液の分泌を活発にしてくれる酸っぱい「梅干し+ごはん」を再発見してみませんか?
唾液の分泌が高まると、内臓機能が高まり消化・吸収力も強くなります。白いごはんに梅干しをトッピングしてみたり、おにぎりの真ん中に梅干しを入れてみたり。ニッポンの誇る伝統食材「梅干し」パワーでジメジメ梅雨を乗り切りましょう。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?