【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


全国初!国が認めた六次産業化酒蔵

クラウドファンディングMakuakeにて目標金額170%超え!

写真(左):(株)イケマコ 代表取締役社長 池田大志、(右):(株)峰松酒造場 代表取締役社長 峰松一清

株式会社峰松酒造場は2016年、全国初となる国が認めた六次産業化酒蔵となりました。

六次産業化とは、生産(一次産業:米作り)、加工(二次産業:酒造り)、販売(三次産業:消費者へ販売)を一社で一貫して行うことです。
米の生産担当として、地元佐賀で土づくりからこだわった米を育てる農業生産法人株式会社イケマコと手を組み、佐賀県産米を使用した日本酒を付加価値として銘柄『肥前浜宿』のブランド化を行っています。

また、その一環である「40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒」を実現するため、「今までにはなかった米を佐賀県で作り、そしてその米で造りたい」という峰松一清の思いで、全国から見つけ出したのが「龍の瞳」です。

米粒の大きさが一般の食米に比べ1.5倍と大粒であること、抜群に吸水性が良いことから酒米の王様の愛称で有名な山田錦に似た性質に注目し、九州初となる「龍の瞳」しかも佐賀県産米を使った日本酒を造る決断をしました。

【Makuake限定】幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒 | クラウドファンディング Makuake(マクアケ)

https://www.makuake.com/project/ryuno-hitomi/

時は1970年、国税局醸造試験所で酒造りの修行を終え、父の待つ酒蔵で酒造りの夢を叶えようと帰郷した男がいた。 佐賀・肥前浜宿。江戸時代から酒造りで栄えた町の小さな蔵、1914年(大正3年)創業「峰松酒造場」の四代目。 男の名は峰松一清。今から40年も昔の話である。 蔵元である父と二人三脚で酒造りに励む毎日が始まった。 しかし、一清の夢は叶わなかった。 日本酒の価格

たった一握りの籾殻から育てられた米『幻の米 龍の瞳』との出会い

龍の瞳は、水稲品種「いのちの壱」の中の最高級のお米です。

発見者である今井隆氏は、2000年に稲の生育を確認するためコシヒカリの田んぼの見回りをしていたとき、とびぬけて背が高く、よく見ると籾(もみ)は他品種の1.5倍ほどの大きさの稲を発見しました。
のちに「いのちの壱」と命名される新品種の発見です。その後、発見者である今井隆氏は農水省のキャリアを捨て、2005年に株式会社龍の瞳を設立し、良食味米として認知度を広める活動を行っています。

写真:(株)龍の瞳 社長 今井隆

幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒

杜氏の今までの経験から、酒米の王様「山田錦」とよく似た特徴を持つ、大粒で吸水性が良い米である龍の瞳の特徴を生かすため、酵母には佐賀県の独自開発酵母であるSAWA-1酵母使用しています。佐賀の酒らしくもワンランク上の、贅沢な時間を感じて頂ける日本酒です。

商品情報

2018年5月26日(土)同時販売開始
数量限定:各1000本

商品名:肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 おりがらみ生原酒

酒類:清酒
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
原料米:佐賀県川副町産 龍の瞳
精米歩合:50% アルコール分:16度
内 容 量:500ml
価格:3,300円(税別)
特徴:
マスカットのような甘い香りに、旨味、酸味、甘味のバランスが良く、やや甘口のスーッと喉を通る綺麗な余韻を堪能できます。

商品名:肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒
酒類:清酒
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
原料米:佐賀県川副町産 龍の瞳
精米歩合:50% アルコール分:16度
内容量:500ml
価格:3,000円(税別)
特徴:あえて香りは控えめにし、酸味がありながらも無濾過ならではの旨味を感じられる原酒です。

峰松酒造場について

松酒造場は、発酵文化の薫る町、佐賀県鹿島市肥前浜宿にある酒蔵で、代表銘柄“肥前浜宿”を造る一方で、「肥前屋 本館」「肥前屋 新館」を運営しています。

「肥前屋 本館」は、実際のお酒造りを蔵です。「肥前屋 新館」は、”佐賀のいいもの情報発信基地”をテーマに、肥前屋プロデュースのさまざまな商品を販売する場所です。
お土産にも日常にもご利用可能な商品が多数用意揃っています。
オンラインショップ「肥前屋」では、峰松酒造場と光武酒造場の美味しいお酒を日本全国へ蔵元直送しています。

出逢いと感動の蔵 観光酒蔵 肥前屋-佐賀県鹿島市 肥前浜宿

https://hizennya.co.jp/

肥前屋は発酵文化の薫る町、佐賀県鹿島市肥前浜宿にある酒蔵です。出会いと感動の蔵をテーマに、安心・安全の佐賀米の美味しさや肥前浜宿の文化と人の魅力を発信する場所として、2017年1月にリニューアルオープンしました。

観光酒蔵 肥前屋 オンラインショップ~出会いと感動の蔵~

http://www.hizennya.com/

九州・佐賀の酒蔵から日本酒・焼酎・特産品をお届け

観光酒蔵 肥前屋

https://www.facebook.com/kankousakagurahizennya/

観光酒蔵 肥前屋, 鹿島市, 佐賀県. 404 likes. 2015年モンドセレクションW金賞受賞の峰松酒造と光武酒造の美味しいお酒を日本全国へ蔵元直送いたします! また、酒蔵通り「肥前浜宿」のイベントなどの情報も発信していきます。

この記事のライター

関連する投稿


父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

2018年6月17日(日)の父の日に向け、「お父さん 日本一」のメッセージを配した数量限定の純米大吟醸、特別純米菰冠、八年熟成本格米焼酎などが福光屋から発売されました。


クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

おこめディア編集部も応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトが、好評につき、2018年も参加者を募集しています!


朝日山だからこそ話せるエピソードを紡ぐ「朝日山で、話そう。」

朝日山だからこそ話せるエピソードを紡ぐ「朝日山で、話そう。」

新潟の日本酒蔵元「朝日酒造」の代表銘柄「朝日山」の新TVCM「朝日山で、話そう。同級生篇」が、2018年4月2日(月)より新潟県内で放送されます。これに併せて特設WEBページを開設し、TVCMのストーリーをより深く楽しめるショートムービーを公開します。


 第9回 和酒フェスin中目黒は「忍者カクテル」ブース登場!

第9回 和酒フェスin中目黒は「忍者カクテル」ブース登場!

毎回大好評の和酒フェス。第9回は「忍者カクテル」を女子大生が忍者に扮して販売協力。利き酒や楽しい出会いが楽しめる場をご提供するそうです。 アクセス良好な中目黒駅隣接の会場で開催されるので、迷わず行けるのも魅力です♪


日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒を飲む人を増やそうじゃないか!おしゃれなバルと日本酒を融合した「KATSUO -カツオ-」が2018年2月15日(木)に東京・立川にオープンしました。日本酒60種以上をワイングラスで愉しむ新しいタイプの日本酒バル。日本酒女子会や合コン・デートなどにいかがでしょうか♪


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。