玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育連盟は「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を2018年5月19日(土)に開催します。便秘にお悩みの方や玄米の栄養・医学的な側面からの疑問をお持ちの方は、この機会にどうぞご参加ください!医師の佐野正行先生が講義と質問への回答をいたします。


玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」

講座概要

■日時:5月19日(土)13時~15時

■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 研修室 
東京都渋谷区代々木神園町3-1
最寄駅 小田急線「参宮橋駅」徒歩約3分/地下鉄千代田線「代々木公園駅」徒歩約10分

■参加費:5,000円

■定員:15名

■プログラム:
①便秘と玄米
・便秘の主な原因とタイプ
・タイプ毎の玄米を取入れる際の留意点

②現代食に活かす玄米の栄養的メリット
・玄米の栄養についての基礎知識
・現代注目される栄養素と働き

③質疑応答

講師

講師:佐野正行先生/医師・医療相談専門医・産業医・森林医学医

国立がん研究センター中央病院、名古屋大学医学部附属病院などの勤務を経て、医療相談や予防サービスを行うメディカルアンドナレッジカンパニーを創業。ナチュラルクリニック代々木での診療、予防医学・代替医療振興協会学術理事としての医療・健康教育などを通じで、医師の立場から玄米食を推奨している。

(株)メディカルアンドナレッジカンパニー代表/ ナチュラルクリニック代々木医師/
予防医学・代替医療振興協会学術理事/ 日本ナチュラル・フード協会(JNFS) 理事/
日本オーガニックレストラン協会(JORA) 顧問医師/漢方養生学研究会会長

お申し込み/お問い合わせ

●お申し込み→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UpylTAjEv

●お問合せ 玄米食育連盟/事務局 nposocialaa@yahoo.co.jp

●詳細FB https://www.facebook.com/events/1349907641775325/

玄米マイスターオフィシャルホームページ

http://www.social-ed.or.jp/genmaimeister/index.html

日本食の中心である"米"の一物全体「玄米」を通し、日本食文化が伝える食への感謝、米の役割を理解し、食の大切さと食文化を継承する「玄米マイスター」を養成します。 食・農・料理に携わる人が米食を推進するにあたり、「玄米」について特化・総合的に学べる養成プログラムです。

この記事のライター

関連する投稿


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


【玄米マイスターになるには?】玄米マイスター資格養成講座

【玄米マイスターになるには?】玄米マイスター資格養成講座

今、玄米の健康や美容効果に注目する人たちが取得を目指す、認定資格「玄米マイスター」をご存知でしょうか。玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座です。さらに、食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える、食育リーダーの育成までを視野にいれています。玄米に興味のある人はぜひご覧くださいね!


最新の投稿


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

お茶漬けの中のあられのファンに朗報です!永谷園は、きざみのりとあられを好きな量だけ追加できる「海苔・あられ増し増し お茶づけ海苔」を、2018年9月5日(水)よりAmazon限定で発売。世界で一つのお茶づけも夢じゃない!?


子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

「かぞくごはん」は、子どもの右脳と心の成長を目的とした“キッチン学”を自宅で体験できる「料理の家庭教師派遣サービス」。普段忙しくてゆっくりと料理を教えてあげられないパパ・ママに代わり、料理を子どもと楽しみながら教えます。期間限定でお得なハロウィンキャンペーンも開催中!


「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!